よく学校を休む人の理由は?高校生は学校休みがち?嫌われる?病気?

生活の知恵

クラスに一人は学校を休みがちになる生徒っていますよね。

もしくは、途中から休みがちになる生徒もいます。

高校生が学校を休みがちになるケースも決して珍しくありませんからね。

では、よく学校を休む人(学生)にはどんな理由があるのでしょうか?ここでは、学校を休む理由について紹介しています。

そこには「病気、人間関係、金銭的な事情」など様々な理由がありました。

では、詳しく見ていきましょう。

広告

よく学校を休む人の理由は?

よく学校を休む人の理由は様々で、休む人の数だけ理由があります。

一般的に多く寄せられている意見は下記になります。

学校に居場所がない

親しい友人いなくて楽しくない

クラスメイトと話が合わない

集団の中で過ごすのが苦痛に感じる

朝起きて登校する日課が辛い

周囲に気を使いすぎて疲れた

勉強についていけない

病気でなかなか通えない

時々同級生の中に、学校をよく休む人はいませんか。

特にいじめや成績で悩んでいる風ではないのに、休みがちな人っていますよね。

こういう人はどうして学校を休んでいるのでしょうか。

高校生になると、心も身体も大人とあまり変わらなくなります。

悩みが見えにくくなる世代です。

自分でも原因がわからない疲れを感じているかもしれません。

そんな時、息抜きがてらに休むのかも。休息をとりながら頑張っているんですよ。

理由が無くても休みたい時ってありますよね。

他にも、また病気を患っていて、なかなか登校するのが難しいという生徒もいます。

金銭的に厳しく、アルバイトしないと生活していけず、結果として学校を休んでいる生徒もいます。

広告

高校生は学校休みがち?

高校生になると中学までとは異なり、学校を休む人も増えてきます。

義務教育ではないので、休み過ぎると留年になるため注意が必要ですが、疲れが多くなるのも高校の特徴です。

進学で悩んだり人間関係で悩んだりと、休む原因も人それぞれです。

中学生で学校を休みがちになる生徒も多いですが、同じくらい高校生にも学校を休みがちになる生徒もいます。

「勉強、部活、人間関係、バイト」など高校生になると中学生のころに比べて悩みも増えるという生徒も多い。

高校の場合はそのまま退学するというケースも珍しくありません。

広告

学校休みがちな人は嫌われる?

学校を休みがちな人は、学校生活の中で嫌われることはあるのでしょうか。

休む・休まないで嫌われることはとても少ないです。

むしろ、学校を休む程度で人に嫌われるなら、最初から付き合わない方が良い人間関係かもしれません。

でも学校を休むと友達の輪に戻れなくなる場合があります。

自分が学校を休んでいる間も、学校の中の時間や友達の時間を止めることは出来ません。嫌われることはなくても、人間関係に影響することはあります。

例えば、文化祭や体育祭などの学校行事が苦手で、休みがちになるとします。

すると、友達はこうしたイベントを楽しんでおり、知らない間に団結している可能性があります。

学校を休みがちになると、このように疎外感を感じやすくなります。

疎外感を嫌われた、と感じてしまうことがあります。

広告

学校休んでしまうのは病気なの?

学校を休むことを後ろ向きに考える人は多くいます。

例えば、休むことは「病気」なのかと悩む人もいます。

結論から言うと、学校を休む程度はよくある普通のことです。大人も会社を休むことがあります。

大学は授業を休んでも何も言われなかったりします。

ただ、本当に病気で休むとしても問題のないことです。しっかり休んで心も身体も休むこともとても大切です。

ただし、次のような場合は早めに医師の診断を受けることがおすすめです。

原因のわからない胃腸の不快感、吐き気がある

昼夜が逆転しており、生活に支障がある

日中眠くて学校に行けない

なんだか気持ちが落ち着かない

このような場合は、心や体が疲れているかも。

早めに医師に相談することで症状が落ち着く可能性があります。

自分で判断するより専門家におまかせした方が気持ちもラクになるのでおすすめです。

心や体の疲れは、風邪を治すことと同じようにケアをしましょう。

重い症状になって慌てる前に、早めの受診が解決への近道です。

広告

学校休むと周りの目は気にならないの?

学校を休む人はいますが、大多数ではないですよね。

やはりちょっと目立ってしまうものです。

では、学校を休む人って周囲の目は気にならないのでしょうか。

確かに周囲の目や評価は大切で、気になってしまうものです。

でも、一番大切なのは「自分の心と身体」です。

周囲に無理に合わせて、心と身体が疲れてしまったら学校にも行けなくなってしまいます。時々休んで、また前向きな気持ちで学校に通うのは素敵なことです。

学校を出てからも、周囲の目が気になることはたくさんあります。

でも、他者が自分のメンテナンスをしてくれるわけではありません。

ちょっと疲れたな、と感じたら自分で自分のメンテナンスが出来ると良いですね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました