夏外に出たくないもの?暑すぎて無理な時は?暑い日の過ごし方は?

生活の知恵

最近の夏は年々気温が上昇しているものです。

中には暑さのせいで熱中症になる人もいます。

そんな日本の暑い夏は外に出たくないものですよね。

では世間の人は夏をどう過ごすのか?色々な人に聞いてみました。

また、暑すぎて無理な時の対処法や贅沢な過ごし方についても紹介しています。

今年の夏を有意義に楽しむためにもぜひ最後まで読んでおきましょう。

広告

夏外に出たくないもの?

エリコさん
エリコさん

夏は外に出たくないですね。

でも基本的には出掛けるともいますよ。

だって会社に行かないといけないですしね。

でも休みの日はクーラーをガンガンにしてゆっくりしたいと思ってます。

マサトさん
マサトさん

暑いのは嫌いですが、晴れている日に外出るのも好きなんですよね。

だから家にこもる人出掛ける日で半分半分かな?

夏ってイベントも多いから結構好きなんですよね。

あとお盆はさすがに帰省するかもしれませんね。

まあ状況次第かな?

ミライさん
ミライさん

なるべく家に居たいですね。

用事がなければ家に居ると思いますけどね。

出掛けるのは本当にスーパーに買い物に行くときかな?

夏はクーラーの効いた部屋でゆっくりするのが醍醐味だともいます。

お菓子も食べながら読書するのも良いですね。

ユキノさん
ユキノさん

家で映画のDVDを見ようかと思ってますよ。

だって外出ると暑いし虫も出るじゃないですか?

夏の熱中症を舐めたらいけませんよ!

本当に危ないですからね。

まあ友達に誘われたら出掛けるくらいな感じでいるとも思いますね。

それ以外は出ません。

タクミさん
タクミさん

自宅でも過ごしたいですね。

でも外出もしたいかな?

じゃないと夏がもったいないような気がするんですよね。

夏を満喫させたいという気持ちも強いですからね。だから家に居る人出掛ける日で半々かな?

このように夏に外に出る人もいますが、自宅で過ごすという人も同じくらいいますね。

ちょうど半分半分と言ったところでしょう。

年々暑くなる夏の気温に堪えてしまう人も多いですね。

広告

夏は暑いから出かけない何もしない人も多い?

まずは上記の意見を参考にしてみよう!

夏は暑いから出かけない何もしない人も多いことが分かりますね。

アンケート調査によると夏に出掛ける予定がある人が6割(60%)に対し、自宅でゆっくりする人は4割(40%)ほどいることが分かっています。

つまり出掛ける予定がある人が多いですが、ほぼ半々くらいの割合です。

今年の夏は気温と状況次第では自宅で過ごす人が増える可能性がありますね。

またお盆に帰省する予定がある人もいます。

各々体調管理に気を付けながら好きな時間を過ごすことが夏の過ごし方の正解です。

広告

夏の日が暑すぎて無理な時は?

夏の日が暑すぎて無理なときもありますよね。

そういうときは無理せず自宅に居るのが一番です。

でも、どうしても出かけないといけない状況もありますよね。

例えば学校や出勤などは暑いからと言って拒否するわけにもいきません。

そんなときは対策をしっかりとること!

まずは熱中症にならないために水分補給はこまめにしておこう!

飲料は「ポカリスエット」や「アクエリアス」や「OS」などが良いですね。

中でも「OS1」は熱中症対策としてオススメですよ。

あとは体温の上昇を防ぐためにもハンディファンを持ち歩くようにしましょう。

ハンディファン(持ち歩き扇風機)があれば、暑い夏も大分過ごしやすくなりますからね。

オススメの商品はこちらです。

このように夏は万全の対策をして外出しましょう。

体を壊したら元も子もないですからね。

広告

今年の夏の暑い日の過ごし方は?

自宅でゆっくり

冷房の効いた部屋でゆっくり過ごすもの良いですね。

「読書、DVD鑑賞、ゲーム」何でも良いです。

家の中でまったりしましょう。

室内イベントに参加する

屋外イベントは暑いですよね。

そこで室内で開催されるイベントであれば暑さを気にしないで楽しく過ごせますよ。

「水族館、美術館、図書館」などで色々なイベントが開催されています。

喫茶店でまったり

喫茶店やレストランでまったりするのもオススメ!

冷房の効いた店内で友人達とゆっくり話をするのも良いでしょう。

ショッピング(買い物)

出掛けるのは億劫ですが、ショッピングも建物の中なので快適です。

また日によってはショッピングセンターの中でイベントが開催されることもあります。

広告

夏に室内(部屋)が暑いから助けてほしいときの対処法は?

断熱材を使用する

断熱シートや断熱フィルムを使ってみましょう。

使い方は部屋に張り付けるだけでOK、

断熱材はホームセンターで購入できますよ。

部屋が暑い時は断熱材を使うと便利です。

サーキュレーターを使用

冷気は暖気よりも重たいので足元にとどまりますよね。

足元だけ冷えて上半身は暑いなんてこともあり得ます。

室内で冷房を使っただけでは、まだ快適とは程遠いのです。

そこでサーキュレーターを使用して冷気を循環させるようにしましょう。

これで夏の暑さ対策もピッタリです。

広告

夏の暑い日を乗り越える体質改善方法ってある?

夏の暑い日に対する耐性は人それぞれです。

暑さに強い人もいれば暑さに弱い人もいます。

実は男性の方が女性よりも暑さに弱いとも言われていますね。

これは基礎代謝が上がって体温の上昇が男性の方が顕著だからです。

つまり体質的には男性の方が暑さに弱いことにあります。

ですが、この暑さに対する耐性は生活環境や育った環境に大きく影響します。

結論として夏の暑い日を乗り越える体質改善方法は一つ!

暑い環境に身を置くことで徐々に体が慣れていくということになります。

もし困難だと感じるのであれば、やはり慣れるよりも対処する方が良いでしょう。

広告

最近の夏は蒸し暑く「避暑こもり」や「海離れ」する人が多い?

以前までは夏と言えば「避暑こもり」や「海」、「川でキャンプ」などが流行していました。

ですが、最近の夏は年々気温が上昇傾向にありますよね。

実は最近の夏は蒸し暑く「避暑こもり」や「海離れ」する人が多いことが分かっています。

特に海離れは顕著です。

以前まではアンケート調査にて、海でバーベキューや海水浴などが1位や2位でした。

最近はそれがなんと7位~8位などにランクインするようになりました。

逆に上位に来ているのは「遊園地、ショッピングセンター、プール」などが占めるようになっています。

もはや夏と言えば「海」という認識は薄れつつあるのです。

広告

今年の夏は冷房の効いた部屋で過ごすのが醍醐味?

今年の夏は色々な状況から自宅で過ごすのが余儀なくされますね。

ですが、夏の過ごし方の醍醐味と言えば冷房の効いた部屋でゆっくりすることです。

ひんやりした部屋の中で「DVD鑑賞、読書、趣味」など好きな時間を過ごしてみよう。

過剰に外出すると熱中症などの恐れもありますしね。

また日焼けも実は皮膚がやけどしている状態です。

たまには自宅でのんびりするのも良いでしょう。

上記に意見でも多いように、暑い夏はクーラーの効いた部屋でゆっくり過ごすのも楽しいですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました