夏野菜安いのは?一番安い旬な夏野菜と言えば?いろいろ一覧で紹介

生活の知恵

夏になるといろいろな野菜が旬の時期(収穫の時期)を迎えますね。

この旬の時期を迎えた夏野菜は、スーパーなどでいつもより安く販売されることがあります。

(もちろんスーパーマーケットによって価格はマチマチ)

ここでは夏に安く買える野菜や夏にしか売られない野菜などをいろいろ一覧で紹介しています。

また一番安い旬な夏野菜についても解説しているのでぜひ参考にしてみましょう。

広告

夏野菜安いのは?夏になると安く売られる旬の野菜をいろいろ一覧紹介

果菜類の夏野菜

さやいんげん、とうもろこし、ズッキーニ、ナス

きゅうり、トマト、ピーマン、ゴーヤ、かぼちゃ

オクラ、枝豆、ししとう、パプリカ

果菜類(かさいるい)は基本的に果実や種を食べる夏野菜です。

有名なのがトマトやピーマンですね。

夏になると大玉トマトは1個100円以下(80円~100円)で買えるお店もありますよ。

小玉トマトであれば6個入り198円で販売しているお店もありますよね。

ピーマンを検討しているなら赤パプリカは少し値が張りますがオススメです。

ビタミンCやβカロテンはピーマンの2倍含まれていますからね。

葉茎菜類の夏野菜

芋茎、空芯菜、おかひじき、大葉、アスパラガス

ふだん草、ルバーブ、キャベツ、ニラ、つる菜

レタス、つるむらさき

葉茎菜類(ようけいさいるい)は、基本的に葉っぱや茎を食べる夏野菜を指します。

キャベツやニラやレタスなどが有名ですね。

中でもキャベツやレタスは夏になると一玉100円~110円で売ってるスーパーもありますね。

キャベツは食物繊維豊富かつ栄養満点で、容量も多いので間違い得なくコスパ1位の夏野菜でしょう。

根菜類の夏野菜

 ジャガイモ、にんにく、しょうが

山芋、らっきょう(辣韭)

根菜類(こんさいるい)は、基本的に根っこや茎(くき)を食べる夏野菜のことです。

ジャガイモや山芋などがこれに当たります。

特にジャガイモは夏になると安くなり、一袋(1kg)150円で販売しているお店もありますね。

広告

一番安い旬な夏野菜と言えば?

夏になると安くなる夏野菜といえば「キャベツ」でしょう。

キャベツは夏になると一玉100円くらいで買えるお店もあります。

ちなみにキャベツの相場は130円~160円ほどになります。

ビタミン豊富で食物繊維も含まれているので栄養満点です。

キャベツに含まれるキャベジンには胃の粘膜補保護する効果もあるので、胃痛や胃もたれに悩まされている人にはオススメです。

キャベツは値段の割に量も多く、栄養満点なので間違いなく夏野菜の中でコスパは一番でしょう。

また日持ちもするので冷蔵庫の中に入れておきたい夏野菜でしょう。

夏になると色々な夏野菜が旬を迎えるので価格が安くなります。

もちろんスーパーマーケットや八百屋さんによって販売価格は異なります。

また値段も店舗責任者の匙加減になりますしね。

あくまでも安く売っている傾向にあるということになりますね。

広告

6月の旬な安い夏野菜と言えば?

南瓜(かぼちゃ)、じゃがいも、ゴーヤ、ルバーブ

タケノコ、山菜(ワラビ、ゼンマイ)、青シソ

上記で紹介した夏野菜は収穫時期が5月~6月頃になります。

山菜(ワラビ、ゼンマイ)にいたっては3月ごろから収穫の時期を迎えますからね。

なので、6月中旬頃から値段(価格)が安く販売される傾向にあります。

特に「かぼちゃ、ゴーヤ、じゃがいも」などは夏場は安く買えるでしょう。

価格設定はスーパーマーケットや八百屋さんで違いますが、ぜひ買い物に行く際に手に取ってみましょう。

広告

7月の旬な安い夏野菜と言えば?

トマト、じゃがいも、ゴーヤ、ルバーブ

青シソ、しまうり、かぼちゃ、みょうが、

きゅうり、ナス(茄子)、ズッキーニ、オクラ

上記の夏野菜は七月頃になると安く販売される傾向にある野菜です。

特にトマトやじゃがいもは価格が高いので夏場は嬉しいですよね。

トマトに関しては大玉1個80円~100円で買うこともできますよ。

ジャガイモは1袋(1kg)で150円ほどで売ってるお店もあります。

広告

8月の旬な安い夏野菜と言えば?

しまうり、かぼちゃ、みょうが、きゅうり、モロヘイヤ

にんにく、新生姜(しょうが)、なす(茄子)、キュウリ

唐辛子、さやいんげん、枝豆、青パパイヤ

上記の野菜は8月頃に安値で買える夏野菜になっています。

もちろん店舗によって価格設定は異なるので注意しましょう。

野菜の値段は一律ではありません。

あくまでも安く売っている傾向にあるというだけです。

広告

安い夏野菜を買うならどれがオススメなの?

夏野菜を買うのであれば、まずは「キャベツ」は絶対に外せないでしょう。

上記でも少し解説していますが、キャベツは栄養満点ですし容量の割には低価格です。

また色々な料理との相性も良いのでオススメな夏野菜の中ではキャベツは外せません。

「容量が多い、値段も安い、栄養満点、日持ちする、料理に使いやすい」この4つのメリットがあります。

もう一つはやはりトマトでしょう。

トマトといえば値段が高いイメージがありますよね。

また傷みやすく日持ちもしないので、コスパは悪いです。

でもトマトはリコピンやビタミンC、βカロテンなど栄養満点な野菜でもあります。

特に美容のためにトマトを食べている人も多いでしょう。

夏はトマトが安くなる時期なので、これを機にいっぱい食べましょう。

またトマトを食べれば日焼け対策にもなりますよ。

トマトとキャベツはこの夏に絶対に食べておくべきお得な夏野菜です。

クルミさん
クルミさん

コスパの話をするなら「もやし」も良いけど、あれってほとんど水分だからね。

空腹を満たすときにしか使えないし。

やっぱりキャベツはオススメですね。

腸内環境も良くなるし良いこと尽くし!

あと胃が悪い人もキャベツは良いですよ。

キャベジンという成分が胃の粘膜を健康にしてくれますからね。

ミライさん
ミライさん

うんうん。

あとトマトも夏は安いからいっぱい食べておくのが良いですよ。

トマトは高いし傷みやすいし保存もあまり効かないですからね。

夏にスーパーに行ってトマトをいっぱい買って食べてますよ。

肌もきれいになりますしね。

生で食べられるから加熱による野菜酵素の消滅も防げますしね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました