夏嫌い虫への対策は?虫恐怖症理解してもらえないときは?怒られる?

生活の知恵

夏といえば虫が活発になる季節です。

特に「蜂、ハエ、ゴキブリ、カナブン」など目にする機会も増えるでしょう。

虫嫌いな人にとって対策が必要な大変な季節。

パニックを起こす人もいるし、それによって他社から大げさだと怒られることもあります。

悔しいのは虫恐怖症を理解してもらいないことですよね。

では虫嫌いな人たちは対策をどうしているのか?色々な人に意見を聞いてみました。

広告

夏嫌い虫への対策は?

カオリさん
カオリさん

私も虫が大嫌いです。

虫が出るとその場から逃げていますよ。

特に夏と言えばゴキブリですね。

克服しようにもできないですしね。

ゴキブリ対策の話になりますが、侵入経路をふさぐのがオススメです。

そこにホウ酸団子を置いておけば根絶やしに出来ますよ。

エリコさん
エリコさん

わたしも夏に出る虫が大嫌いです。

周囲の人間には理解してもらえませんがパニックになっちゃうんですよね。

一種の病気みたいなものです。

心療内科で薬をもらってたこともありました。

なるべく虫と離れる生活をするのが良いと思います。

アヤミさん
アヤミさん

夏の虫ってとっても厄介ですよね。

わたしも大嫌いです。

でも一番悔しいのは周りの人間には理解してもらえないということかな?

自宅でのゴキブリ対策であればホウ酸団子はオススメです。

洗面所とか排水溝など、家の数か所にホウ酸団子を設置しよう。

マユミさん
マユミさん

私も夏の虫でパニックを起こしてしまいます。

小さなコバエを見ただけでも叫びだしそうになります。

難しいですよね。

みんなには大げさとか言われるし、「ブリっこ」とかも言われるし・・・

辛いですよね。

乗り越える方法はなるべく虫と離れる生活をするしかないですね。

このように夏の虫が嫌いな人は多い。

パニックになってしまう人もいます。

解決策はなるべく虫と離れる生活をすることでしょう。

広告

夏の嫌いな虫への虫恐怖症理解してもらえないときは?

夏と言えば虫が出る季節です。

中には「虫恐怖症」に悩まされている人もいます。

でも悔しいのは、虫が苦手じゃない人に理解されないことですよね。

虫恐怖症は本人にしか辛さが分からないので、なかなか理解してもらうことは難しいです。

特にあなたのことを深く知らない人なら尚更です。

親しい人にはちゃんと「虫恐怖症」というノイローゼのような病気があることを理解してもらいましょう。

もしくは難しいですが虫を克服するのがオススメです。

荒療治ですが逆に虫と接して慣れるという方法もありますよ。

ミライさん
ミライさん

わたしも虫恐怖症です。

パニックを起こして精神的に不安定になってしまいます。

自分でも感情のコントロールができません。ちゃんと近い人には理解してもらうことが大事です。

広告

夏の虫嫌が原因でパニックを起こす対処法は?

虫嫌いが原因でパニックを起こす人もいます。

ですが、意外と周囲の人間には理解されないものですよね。

一つの方法として心療内科に通院するのも良いでしょう。

内服薬をもらう人もいます。

でもわざわざ克服する必要があるのでしょうか?

この虫嫌いや虫恐怖症はわざわざ克服する必要はありません。

一番良いのが虫と離れた生活をすることです。

例えば、ゴキブリが怖いならキッチリ対策をして安心を得ることです。

他にも親しい人にはちゃんと虫恐怖症という症状はあることを理解してもらうことです。

誰かに理解してもらえるというだけで心は落ち着く場合もありますからね。

マミさん
マミさん

わたしも虫が嫌いと言うかパニックになるほど苦手です。

難しいですが、やはり克服したいなら接するしかないと思いますね。

まあでも、一番大事なのは自分のことを理解してもらうことですよね。

虫恐怖症は立派な病気ですからね。

広告

夏の虫嫌いが過剰で怒られることもある?

夏の虫嫌いが過剰過ぎて周囲の人間に怒られることもありますよね。

悔しいのが周囲の人間にはこの虫嫌いが理解されないことです。

もし克服したいのであれば「虫と触れ合ってなれる」というのが一番です。

虫の繊細な命と触れて優しい気持ちで虫と増え合ってみましょう。

虫は人間よりもはるかに繊細な生き物です。

優しい気持ちで虫に触れあってみましょう。

少しずつ虫に慣れてくるはずですよ。

ですが一番大切なのはあなたの症状を理解してもらうということです。

広告

夏の虫が怖すぎるノイローゼを克服するには?

夏の虫が怖すぎるときノイローゼのような症状に悩まされることがありますよね。

でも無理に克服する必要はありません。

一番大切なのは自分の症状を理解してもらうということです。

特に身近な人間には「どれくらい辛いのか?」理解してもらいましょう。

日常生活の中でなるべく虫に接しないように工夫するのも良いでしょう。

どうしても虫を克服したいのであれば、虫と積極的に接して慣れていくしかありません。

繊細な命として大切に優しい気持ちで接してみよう

もう一つの方法として心療内科で内服薬を服用するのもオススメです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました