運動会が苦痛でしんどい対処法は?疲れる時は?参加しない親はあり?

生活の知恵

運動会は子供の晴れ舞台ですが、母親にとっては大変な一日です。

「ママ友付き合い、お弁当作り、場所取り、カメラ撮影」など、やることがいっぱい。

中には苦痛でしんどいと感じる母親もいるでしょう。

参加したくないという親もいるでしょう、

運動会がある人は1日が終わると疲れてヘトヘトになりますよね。

そこで、このページでは「運動会が苦痛でしんどい対処法」について解説しています。

広告

運動会が苦痛でしんどい対処法は?

クルミさん
クルミさん

わかりますね。

わたしも運動会が苦痛でしたよ。

でも、子供のために参加していました。

きっと苦痛に感じているのは、あなたが頑張りすぎているからです。

まずは手を抜いてみましょう。

ナミエさん
ナミエさん

うんうん。

わたしも運動会は苦痛でしたが、こんな対処法をしましたよ。

・お弁当は冷凍食品

・ママ友との挨拶は最低限

・義父母は基本的に呼ばない。(呼ぶなら弁当作り、場所取り、カメラ撮影などを協力させる)

・場所取りは旦那に任せる

こんな感じで乗り切ってました。

レイコさん
レイコさん

本当に苦痛なら義父母(もしくは実父母)を読んで役割を一任してみては?

義父母や実父母のどちらかに協力してもらいましょう。

そうすれば、楽になりますよ。

孫に運動会ともなれば、義父母(もしくは実父母)も張り切りますからね。

それに任せて楽しみましょう。

運動会が苦痛に感じる母親も多い。

「ママ友関係、お弁当作り、義母との関係」など、母親にとって運動会は大変で苦痛に感じることもあります。

子供の運動会って楽しみでもあるのですが、正直面倒くさいですよね。

まず、朝早く起きてお弁当を作らないといけないし、競技にも参加させられることだってあります。

ママ友との社交辞令大会やお弁当のマウントバトル、非協力的な旦那さんなどなど、ママからしてみたら頭が痛くなる内容のオンパレードなわけです。

基本的には運動会の主役である子供が喜んでくれるように頑張りたいと思っている方がいる反面、どうしても苦痛でしょうがないということであれば可能な限り苦痛を避けた方が良いでしょう。

例えば、お弁当のほとんどを冷凍食品や買ってきたおかずで作るとか、そもそも旦那さんには期待しないとか。

気の持ちようで解決できること、工程を減らして解決できることという観点から考えてみることがオススメです。

広告

「ママ友、弁当作り」など運動会に対して疲れる時はどうしたら良い?

学校の行事で最も精神的に疲れるのはママ友との付き合いだという方も多くいらっしゃいます。

自分一人が頑張れば解決できることならまだしも、人付き合いはそういうわけにもいかず、かと言って邪険に扱うわけにもいかず、難しいですよね。

まず、ママ友については必要最低限の挨拶で済ませましょう。

それすらも面倒なようでしたら気づかないフリで良いと思います。

主役は子供です。

子供の頑張っている姿を目に焼き付けることに集中してください。

お弁当作りについては出来合いのおかずや冷凍食品をうまく使うことで大分楽になると思います。

あまり無理をせずに、親にとっても楽しい運動会になると良いですね。

広告

小学校に通う子供の運動会行事に参加しない親はあり?

運動会にご両親が来ないご家庭もあります。

お仕事の都合がつかなかったのか、そういう方針なのか。

親からしてみると面倒だと思うことの多い運動会ですよね。

ですが、いざ始まってしまえばほとんどの親御さんが楽しかったと言いますし、なんだかんだで家族の思い出になります。

どうしても外せない用事がある場合はしょうがないでしょう。

ですが、そうでもなければ運動会に参加して子供との思い出を作るというのも悪いことではないものです。

始めるまでは大変ですが、始まってしまえば以外と楽しかったという経験はあなたにもあることでしょう。

広告

子供の学校行事への参加をしんどいと感じている親って多い?

学校行事への参加、正直面倒くさいですよね(笑)同じように思っている親御さんも多いという印象です。

相手が子供だけならまだしも、先生や特にママ友との人付き合いに気を遣いますよね。

確かに面倒なことではあります。

ですが、そういうイベントがあるのも子供が小さい時だけです。

今だけのたまに発生するイベントだと思って、気持ちを前向きにして楽しんだ者勝ちだと思ってなんとか乗り越えています。

もし子供の学校行事を面倒くさいと感じてしまったら、「今だけ今だけ!」と思ってやるべきことをちゃちゃっとやっちゃいましょう!

広告

運動会はくだらない行事という意見もある?

運動会自体をくだらない行事という意見はあまり聞いたことがありませんが、そう考える方がいてもおかしいことではありません。

「弁当作り、ママ友関係、義母との関係」など、母親にとっては苦痛に感じることもありますからね。

運動の得意な子にとっては最大の見せ場ですが、運動が苦手な子にとってはただただ苦痛でしかないかもしれません。

運動会が将来なんの役に立つかと問われれば、答えに困ってしまいます。

ただ、あくまでも運動会の主役は子供です。

子供にとって良い時間となるよう、親がサポートしてあげられると、家族にとって良い思い出となるのかなと思います。

面倒だけれど始まってしまえばなんでもなかった、むしろちょっと楽しかったと言う人もたくさんいらっしゃいます。

運動会という行事が中止にならない以上、どうせ参加するなら楽しんじゃった方が得ですよ!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました