小学生運動会嫌がるときは?嫌いなら?休むのは?休ませたいときは?

生活の知恵

運動会といえば、我が子の晴れ舞台であり、子供が競技に奮闘している姿を見ると感動するでしょう。

でも、すべての子供が運動会を楽しみにしているわけではありません。

中には、運動会への参加を嫌がる子供もおり、親としては「休ませるべきなのか?」悩みますよね。

では、小学生運動会嫌がるときはどうしたら良いのか?適切な子供への対応方法を見ていきましょう。

広告

小学生の子どもが運動会を嫌がるときはどうするべき?

子供も親も楽しみな運動会のはずが、子どもが運動会への参加を嫌がる場合があります。

うした場合はどうすれば良いでしょうか?

結論から言えば、まずは「子供のなぜ嫌がるのか?」理由をしっかりと聞いてあげることです。

このとき子供を「怒ったり、呆れたり」するのはNGです。

子供の運動会への「参加、不参加」よりも、このときに親がどういった対応を子供にするのかが重要であり、これが子供の将来に影響します。

パパやママとしては、せっかく子どもが走る姿を見られるのに、と思うかもしれません。

でもどうして子どもは運動会を嫌がるのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

子どもが運動会を嫌がる理由は大きく2つに分けられます。

1つ目は「走るのが遅い、運動が苦手」な場合です。

小学生になると幼稚園や保育園の時とは違い、競争で順位が明確に付けられるようになります。

すると、運動が苦手な子は自身を無くす場合もあります。

運動会は大人数の前で走るので、苦手な姿を多くの人に見せることになるため、「行きたくない」と感じやすいのです。

2つ目は「集団行動への苦手意識」です。

運動会は整列や挨拶、順番待ちや応援合戦など、集団行動を行う時間が続きます。

コツコツ一人で頑張ることが好きな子は、運動会が苦手なのは無理もありません。

このように2つの理由に分けられますが、子どもはまだまだ子ども。

「どうして運動会に行きたくないか」をうまく大人に話せるわけではありません。

「無理に行きなさい!」と話すと余計に行きたくなくなるものです。

無理をさせるのは絶対にNGです。

苦手意識を克服するために一緒に走る練習をする、運動会が終わったら子どもが喜べるような楽しい日が待っている、などその子に合わせたケアをしましょう。

広告

小学生の子供の運動会嫌いを克服させる方法は?

運動会を嫌がり、子どもが落ち込んでいる場合に親が出来ることはあるでしょうか。

小学生の子どもが運動会を嫌がるのは、羞恥心や苦手意識などが背景にあります。

つまり、心と身体がちゃんと発達している証拠です。

そこで、運動会嫌いを克服するコツをご紹介します。

1つ目のコツは「楽しみながら運動をすること」です。

動画サイトには、子ども向けの国内外の優良な運動コンテンツがたくさんあります。

一緒に家に居ながらでも楽しく運動が出来るので、一緒に動画を見ながらチャレンジするのはいかがでしょうか。

2つ目のコツは「目標を作ること」です。

今最下位なら1つ上の順位を目指す、運動会が終わったら好きなレストランに出かける、など目標を小さくて良いので設定することがおすすめです。

また、目標をクリアする喜びを知ると、運動会以外の苦手なことも励ましやすくなりますよ。

広告

小学生の子供が運動会に行きたがらないなら休むのはアリ?

一生懸命サポートしてもやっぱり子どもが「運動会に行きたがらない!」そんな場合には親としてはどう対応すべきでしょうか。

こんな時は親としては色んな事を考えてしまうものです。

「先生にどう思われるだろう」「他の子は運動会に出ているのに」など、つい悪い方向に考えてしまうもの。

でも、大切なのは子どもの気持ちです。運動会にどうしても行きたくない、という場合は欠席を選ぶのも1つの方法です。

運動会と言っても通常の授業の日と同じです。

思い切って休んじゃうのも方法でしょう。

ただし、これからも苦手なことは学校生活の中で経験するものです。

テスト、マラソン大会、遠足…など苦手に感じることは他にもあるかもしれません。

毎回休みを選択するのではなく、頑張れるところまでは頑張ってみる、という選択肢も残せるようにしましょう。

広告

子供に運動会を休ませたいときは?

子どもが運動会を欠席する場合、次のような対応が考えられます。

まず当日になって急きょ休むことになった場合、学校に速やかに連絡しましょう。

子どもがあまりにも行きたくなくてぐずってしまった場合、熱がある、体調不良であるなどとぼかした欠席するのも良いでしょう。

子どもの心が傷つかないようにサポートしてあげてください。

事前に欠席しそうな場合、予め担任の先生に相談をしておくのもおすすめです。担任の先生としてはなるべく子どもには出席してほしいものです。

でも先生からの励ましもプレッシャーに感じる子もいます。

運動会へ無理な出席を親としても望まない場合、先生にその旨も伝えておくようにしましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました