学校休んだ罪悪感の対処法5選!次の日気まずい?勉強遅れる?

学校生活

理由もなく学校を休んでしまうことってありますよね。

でも、休むたびに罪悪感を覚えてしまうものです。

罪悪感だけでなく、次の日に学校に行くのが気まずいと感じる場合もあるでしょう。

勉強が遅れたり、親に休みたいことを伝えられないこともありますよね。

では、学校休んだ罪悪感にはどう対処したら良いのか?お悩みを解消していきましょう。

広告

学校休んだ罪悪感の対処法5選!

猛勉強して遅れを取り戻す

学校を休むと勉強に遅れますよね。

そこで、猛勉しましょう。

学生の本分は勉強ですよね。

学校にいくことが目的ではありません。

勉強して遅れを取り戻せば、休んだ分の罪悪感は消えます。

学校を休んでしまった理由を明確にする

休んで罪悪感を感じるならなぜそれを感じるのか明確にしましょう。

例えば、学校がつまらないと感じているなら、なぜつまらないと感じるのか。

「授業についていけない」

「友人に少し言い過ぎて距離が出来てしまったから」

「学校よりサボって何かをやる方が魅力的に感じる」

「そもそも学校というものに行く必要がないと考えている」

まずは学校に行きたくなかった理由を明確にしましょう。

罪悪感を覚えることはむしろ正解であることを自覚する

学校を理由なくサボり続けると罪悪感が生まれてきますね。

誰かに頼まれて休んでいるわけではないのだけれど、やはり罪悪感を覚えてしまいます。

それは自分でも学校に行った方がいいなと思っているからですね。

それはある種の正解です。

罪悪感を覚えているのはあなたに希望がある証拠です。

辛かったら学校を休むべき

辛かったら学校を休むべきです。

なぜなら、自分は本当に仕方なく休んでいるのでしょうか。

自分も行けるなら行っていますよね。

実は何か引っかかっていることがあるのではないかと自分の胸に聞いてみてください。

何に対して自分が引っかかるのかということを考えることはとても重要なことです。

人によってこの理由は様々です。

「理由なく休む」ということは自分としては熱がない、頭痛も腹痛もない、学校でイジメられているわけでもない、ということだろうと思います。

しかし、休みたい理由は必ずあるはずです。

休むのは心からのSOSサインである証拠

休んだ日に自分の声をしっかりと聞いて、自分の体と対話してみてください。

だから、「理由なく」休んでも大丈夫なのです。

自分の心からのSOSサインなのですから。

体調不良で休むのと同じです。

心か体かの違いでしかありません。

広告

学校休んだ次の日気まずい気持ちの乗り越え方は?

結論から言えば、学校を休んだ次の日に「気まずい気持ち」を覚えているのは、自分だけということは認識しておきましょう。

学校を休んだ次の日に行くのが憂鬱になるときはありますね。

周りがどう思っているのだろうなどと考えると更に学校に足が向かなくなります。

でも安心してください。

海外の心理学の研究によると、「人は他人のことをあまり意識して見ていない」ということが分かっています。

少なくとも、自分が思っているより他人は自分のことを見ていません。

だから気にし過ぎず大丈夫です。

気まずい気持ちは胸にしまい、普段通りに登校し、普段通りに学校生活を送りましょう。

広告

学校休んだら勉強遅れる?

学校を休むときに気になるのが勉強についてですね。

授業を受けていないので内容は理解できません。

ここで2つ選択肢があります。

誰かの力を借りるか、自分でやるかです。

プリントを使っている授業の先生からはプリントをもらえるとは思いますが、どのように内容を勉強するか悩ましいですね。

ノートなどを友人に見せてもらえる人は、見せてもらいましょう。

そのついでに教えてくれるかもしれませんね。

見せてもらえない人は、先生に聞きに行くといいです。

先生は誰にでもしっかりと教えてくれますし、どこを見て勉強すればいいか具体的に教えてくれるでしょう。

しかしなかなか人に頼ることができない人もいると思います。

この場合は自分でやることになります。

教科書などを駆使してその日にやった内容を勉強しましょう。

ここで、最近非常に成長していておすすめな勉強法があるのでお教えします。

それは、「YouTube」です。

前までは勉強のコンテンツがあまり多くはなかったのですが、現在は非常にたくさんのコンテンツが投稿されています。

中には学校の授業より分かりやすいのではないかというものも多くありますので、人には聞けないし自分には無理だと思う人は一度見てみてください。

広告

学校休んだことを親に言えないで罪悪感があるときは?

学校を休むとき普通は親が連絡してくれます。

しかし、仕事の関係などで親が連絡できないときは自分が学校に連絡することになります。

発熱があるなど、特に大きな理由がなく休んだ場合は親に言いづらいですね。

ですが、やはり親には言いましょう。

自分にとっても大切な存在です。

ポジティブな面では、自分が休むという大きなことをきちんと伝えることは、自分のことを親と一緒に考える機会になります。

もちろん発熱や頭痛などはいいですが、学校をなぜ行きたくないか一緒に考えることはとても重要なことです。

ネガティブな面では、何かのときに学校から親に直接伝えられると、怒りが百倍になるからです。

それなら先に言った方がマシです。

どちらにせよ、自分の気持ちなどを親と一緒に考えるということはとても大切なことなので、ものすごく言いにくいですがきちんと伝えましょう。

きちんと自分の気持ちを伝えれば、分かってくれるのではないでしょうか。

広告

つい学校休んでしまうクセを直す方法ってある?

つい休んでしまう原因の多くは、朝に起きれないことと関係しています。

規則正しい生活が送れている人は、規律を持って学校に行ける人が多いです。

スマホに夢中で夜になかなか寝られない人は生活リズムを意識しましょう。

一番大切なことは、「いつ寝るか」です。

寝る時間を絶対的に意識すれば、生活リズムは整えられますので参考にしてみてください。

また、大きな理由はないのだけれど学校に行きたくないということはあります。

学校に魅力を感じないという理由などがそれに当たります。

外から見ると、これはそもそも論なので、日本で高校くらい行っておいた方がいいということになるかと思いますが、本人はそんなことまで考えられないことが多いです。

学校に行く意味が感じられないと行きたくなくなるのも無理はありません。

それに対する最高の方法は、学校に楽しみを作ることです。

例えば部活動に入って仲間と汗を流したりできれば、仲間も作れて毎日学校でやることがあるわけですから、学校に足が向きます。

また、今どきの方法としては、スマートフォンのグループ対戦ゲームをやることです。

そうしたら、学校の仲間と積極的にコミュニケーションを取れるし、周りからも寄ってきます。

今はスマホを持ってゲームで集まることも多いですから、流行っているゲームをやってみるのも一つの作戦です。

ただし、夜遅くまでゲームをやるのは逆にリズムを崩してしまうので気を付けてくださいね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました