学校一日サボるアリ?休みたい時は?ズル休むは楽しい?疲れたら?

生活の知恵

最近、なんとなく学校が楽しいと思えず、1日だけ休めないかと考えることもありますよね。

学校に疲れて、ついザボりたい(ズル休みしたい)と思うこともあります。

そんなときは、どうしたら良いのか?

ここでは、学校を一日だけサボリたいと考えている学生にオススメの対処法について紹介しています。

広告

学校一日サボるアリ?

「今日は学校に行きたくないな。」

「最近、なんとなく学校が楽しくないな。」

「なんだか今日は学校行きたくないな。」

そんなことを考えたことはありませんか?

結論から言えば、1日休んだところで、さほど影響はないことが多いです。

もちろん「テストがある日、テスト期間前」などは注意です。

うっかりテスト範囲を聞き逃す場合もありますからね。

また、1日学校をサボると、次の日もサボリ、結果として休みがちになり、学校に行きにくくなるとい状況が生まれます。

その点は注意が必要な場合もあります。

ですが、基本的に1日休んでも、そこまで影響が出ないことが多いので、「今日は一日充電日!」として、思い切って学校を休んでしまうのもアリでしょう。

学校を休むのは決して悪いことではありません。

休むことに抵抗があり、罪の意識を感じる人も少なくないのでは。

それもそのはず、大抵の方は、小さいころから「学校は毎日行くもの」と教えられてきました。

しかし、大人も子どもも「学校を一日サボった」という経験がある人は意外に多いのは事実です。

ネットでは、そんな方々の様々な経験談を見かけますよ。

広告

学校一日だけ休みたいときはどうする?

学校を休むためには、学校に欠席連絡をしなくてはならないですよね。

ほとんどの場合、学校は生徒本人からの欠席連絡を認めておらず、保護者から連絡する必要があるでしょう。

では、学校を休むにはどうしたらよいでしょうか?

仮病をつかう(お腹が痛い、頭が痛いなど)

「仮病」は、定番中の定番ですね。

しかし、お腹が痛いと言ったなら、お腹が痛いふりを一日中するのは面倒ではないでしょうか。

また、親に嘘をついてしまったという罪悪感で気持ちが落ち込み、リフレッシュするはずが、余計に嫌な気持ちになってしまうことも。

学校に行くふりをして外をウロウロする。

「学校に行くふりをしてウロウロする」は、誰もいない時間帯にウロウロするのはちょっと特別感があり楽しいですよね。

しかし、学校があるはずの時間帯にウロウロすると思わぬ人に遭遇して、学校や親に連絡が入ってしまうことも。

後々、大人たちに状況説明するなど、処理が大変になることが考えられます。

また、日中ウロウロしている学生を狙った事件などは多発しています。

自分の身を守るためにも「学校に行かずウロウロする」はおすすめしません。

親に一日だけズル休みしたいことを伝える。

「親に一日だけズル休みしたいことを伝える」は最も罪悪感が少なく自由度あり。

「体調が悪いわけではないけれど、今日は一日だけ休みたい」と話してみませんか。

親に正直に話すことで、親もあなたの気持ちに理解を示してくれるでしょう。

親に承認されれば、一日中寝るもよし、たまった課題をするもよし。

心と身体をしっかり充電し、リフレッシュするには「親に正直な気持ちを伝える」ことが最もおすすめです。

広告

学校一日だけズルで休むは楽しい?

大人も経験したことがあるズル休み。「今日は休める!」と決まった瞬間は嬉しくて、憂鬱な気持ちも吹っ飛んでしまうでしょう。

しかしながら罪悪感を感じるケースもあります。

「自分だけ勉強が遅れてしまう。」

「自分は甘えているだけでは。」

「本当は学校に行けたかも」

「このまま学校に行けなくなったらどうしよう。」

こうなると不安や罪悪感で休みを楽しめないかもしれません。

実際にズル休みをして、一日中楽しく感じられる人は案外少ないのではないでしょうか。

広告

学校生活に疲れたらどうしたら良い?

あなたは学校生活で疲れた時どのように対処していますか?

その疲れは「勉強が難しくてついていけない。」「友達関係でギクシャクしている。」が原因でしょうか?

学生は大人と話すより友達の方がハードルなく、相談しやすいと感じることでしょう。

しかし、勉強の悩みならよいのですが、友達関係の悩みを違う友達にするのは禁物です。

いつ何時、悪い噂に変化して出回ってしまうかもしれません。

その場合、友達との信頼関係もなくなり、さらに学校に行くのが嫌になってしまうことも考えられます。

学校の保健室に行ったことはありますか?

保健室の先生は体調の悪い生徒の手当てをするだけでなく、生徒の心のケアもしています。

そのため、学校では保健室の先生は相談をうけるプロと言っても過言ではないでしょう。

教室で授業を受けにくい時は保健室で学習することを認めている学校もあります。

一度、保健室を訪ねてみましょう。

そして、何より親に相談してみませんか?

家なら学校の話しを包み隠さず話しても、外部に漏れる心配はありません。

そして、最もあなたの近くにいる、信頼のできる人と言えば親。

しっかりあなたの話しに耳を傾けてくれるはずですよ。

広告

学校に行きたくない日はどうしたら良い?

何となく学校に行きたくない日ってありますよね。

そんな時は思い切って親に気持ちを伝えてみましょう。

そして、今日休んでいるのは「ズル休み」ではなく、「心と身体の充電日、休養が必要だから休んでいる」と割り切って考えてみませんか。

もちろん、ズル休みをどんどんするようにおすすめしているわけではありません。

しかし、あなたの心と身体が休養を必要としているのです。

そんな時は、あなた自身の心の声をしっかり聞いて、思い切って学校を休むことも大切ですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました