学校嫌いすぎる時は?そのものが嫌いなら?学校嫌いは成功者が多い?

生活の知恵

学校に友達がおらず、ひとりぼっちが辛くなるときもありますよね。

もちろん、学校嫌いは成功者が多いという話もあります。

でも、今の環境が辛いと、どんどん学校が嫌いになっていきますよね。

そこで、学校、そのものが嫌いすぎるときはどうしたら良いのか?

ここでは対処法について紹介しているので、お悩みを解決していきましょう。

広告

学校嫌いすぎるときの乗り越え方は?

「あー今日も学校行きたくない、そんな風に思っていますか?」高校生活も楽じゃないですよね。

学校が嫌いな気持ちが溢れている時、どんな風に対処すると良いでしょうか。

次の3つのアドバイスを参考にしてみてください。

色んな選択肢について勉強をする

高校に行かないと、就職や進学に影響することは避けられません。

欠席を重ねると留年や退学のリスクがあります。

でも、自分に合った別の高校があるかもしれません。

通信制や定時制に編入する方法もあります。

高卒認定試験を受ける方法もあれば、職業訓練を受ける方法もあります。

しばらく休学して、あえて留年する方法もあります。

世の中には選択肢が色々あります。

選択肢を増やすことは、将来の可能性や居場所が見つかることにつながります。

何が嫌いかをはっきりさせる

学校の何が嫌いですか?

先生、友達、校風、校則…色んな人付き合いがあり、納得のいかない制度もあるのが高校です。

社会に出てからも同じように、理不尽な思いをすることがあります。

そこで、何が嫌いなのかはっきりさせておくことが重要です。

苦手なこと、嫌いなことを冷静に分析すると、乗り越える方法が浮かんできますよ。

学校以外の居場所を見つける

学校での悩みの多くは友人関係や人間関係ですよね。

学校のコミュニティしかしらない学生にとって、人間関係は大きな悩みとなります。

そこで、学校以外に自分の居場所を見つけることで、気持ちが安定します。

また、同級生には話せない悩みも、学校以外での人間関係の人には話しやすいでしょう。

「塾、趣味、ツイッター」など何でも良いので、学校以外のコミュニティを見つけましょう。

広告

学校そのものが嫌いなときの対処法は?

「学校が嫌い、そのものが嫌い!」こんな時はどう対処すべきでしょうか。

まず知っておくべきことは、「学校そのものが変わる可能性は低い」という点です。

一人の声で制度や校風が変わることはレアケースです。

つまり、自分を変えた方が早いのです。

別の高校に編入する、勉強をするために割り切って通う、時々休みつつ通う、など自分を変えることで対処が出来ます。

しかし、理不尽な校風や校則なら変えていくことも大切です。

思いきって生徒会に入る、とかも面白い方法ですよ。

その経験はきっと将来につながります。

広告

学校という場所が嫌いなときは?

「あーそれでも学校は嫌い!」という人もいますよね。

そんな時は次の2つの方法がおすすめです。

「学校をやめるとしたらどうするか?」を考える

学校が嫌なら学校を辞めても良いのです。

ある程度の単位があるなら、学年もそのままで編入できます。

高校に行かず働くこともできます。

勉強をして海外の高校を目指すのもアリです。

もしも学校を辞めるとしたら、具体的にどうするのかをこの機会に考えてみましょう。

学校以外の居場所を確保する

学校はあくまでも1つの居場所に過ぎません。

自分に自信を持つために、別の居場所を確保してみましょう。

例えばアルバイトは、自分の手で働いて賃金を得ることができるので、自信につながります。

習い事のサークルに入ると、いろんな年齢の人と交流が出来ます。

広い視点を持つことで、学校なんて1つの居場所に過ぎないとわかります。

オンライン英会話など家で出来る勉強は外国の人とも話せます。

学校以外の可能性を広げることがおすすめです。

広告

学校自体が嫌いなときに好きになる方法って?

学校は嫌いだけど、本当は好きになってみたい。

そう思ったら後は行動に移すのみです!

負けてもいいから競争する

高校はテストの成績順位がわかるところが多くなっています。

どうせ面白くない高校なら、トップを目指して勉強しませんか。

負けてもいいんです。

でも、努力したら将来の力になるんです。

誰にも負けないつもりで頑張ってみましょう。

高校を辞めるつもりで声をかける

どうせならもう高校を辞めてもいいや、と思っているなら、友達になれそうな人に声をかけてみることがおすすめです。

実はあなたと同じように、高校が嫌で退屈しているかもしれません。

最高の友達が出来るきっかけになるかも。

広告

学校が嫌いで馴染めない生徒に成功者が多いって本当?

学校嫌いなのは自分だけ、と落ち込んでいませんか。

「空気を読む、先生たちとうまくやる…」こういうのが上手じゃないと、結構居心地が悪いんですよね。

でも落ち込まなくて良いです。

成功した経営者やアスリートの中には、元々不登校だった人もたくさんいるんですよ。

空気を読めない人の方が、成功する人は多いのです。

実はあなたの繊細な心は、いずれ成功する証なのかもしれません。

落ち込まずに前向きに頑張りましょうね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました