ツマアカスズメバチ天敵は?オオスズメバチより危険?対策対処法は?

生活(ライフスタイル)

2020年11月放送のザ!鉄腕!DASH!という番組にて「外来スズメバチの捕獲大作戦」という企画が放送されました。

外来種スズメバチとは今日本でも驚異的な速度で増殖している「ツマアカスズメバチ」のことを指します。

この番組はTOKIOのみなさん「城嶋茂さん、長瀬智也さん、松岡昌宏さん、国分太一さん」が司会を務める長寿番組ですよね。

今回のゲストは横山裕さん(関ジャニ∞)がご出演されていますね。

では、この番組で取り上げられた外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)とは何か?

ここではツマアカスズメバチに関する「天敵情報、オオスズメバチとの危険性の比較情報」などについて紹介しています。

広告

ツマアカスズメバチの天敵は?

今、日本でも驚異的な速さで増殖しているツマアカスズメバチにも天敵はいます。

それは「ハチクマ」という鳥です。

ハチクマは鳥綱タカ目タカ科ハチクマ属に分類される鳥類です。

日本では同じ猛禽類のクマタカに似たビジュアルで、ハチを主食とする習性を持ことに由来して「ハチクマ」と呼ばれています。

このハチクマはツマアカスズメバチの巣を襲撃することで、巣の中にいるツマアカスズメバチや幼虫を食べます。

でも、巣を襲撃してハチクマは大丈夫なのか?

疑問に思いますよね。

実はハチクマはタカ科に分類される鳥なので、羽や皮膚は非常に硬いのです。

ツマアカスズメバチが毒針で攻撃しようとして針がなかなか通らないので、ハチクマはビクともしません。

悠々自適にツマアカスズメバチや巣の中にいる幼虫を食べつくしてしまいます。

ですが、日本にはハチクマはさほど生息していません。

そういった事情もあってか、ツマアカスズメバチは天敵からの脅威から逃れることができるので、どんどん繁殖していき、日本中に勢力分布を増やしていきます。

広告

ツマアカスズメバチはオオスズメバチより危険な外来種なの?

「ツマアカスズメバチはオオスズメバチより危険な外来種なのか?」疑問に思いますよね。

毒性などを考えると、ツマアカスズメバチはオオスズメバチよりも強い毒を持っていませんし、体格も少し小さくなります。

また、ツマアカスズメバチは高さ5m~10mの高所を生息環境として選ぶ傾向にあるので、人間が遭遇する確率はさほど高くはありません。

ですが、ツマアカスズメバチの恐ろしいとところは、その環境適応能力と繫殖力です。

ツマアカスズメバチは田舎だろうが都会だろうが関係なく環境に適応します。

また繫殖力も高いので、日本でもどんどん勢力分布を広げていっています。

現在では、長崎県対馬市や福岡県北九州市、山口県などで頻繁に目撃されていますが、今後はもっと増えていくことでしょう。

事実、海外でも勢力分布が増えていっていますし、何より死者も出ていますからね。

それくら危険性の高い蜂なので、日ごろから対策が必要です。

広告

ツマアカスズメバチVSオオスズメバチどっちが強い?

ツマアカスズメバチVSオオスズメバチどっちが強いのか?

一対一なら間違いなくオオスズメバチでしょう。

ですが、ツマアカスズメバチは集団で行動する生き物です。

なので、それに比べてオオスズメバチは単独行動。

実際に戦ったら、はじめは一対一でもツマアカスズメバチがどんどん加勢していき、オオスズメバチを撃退するなんてこともありますよ。

ツマアカスズメバチVSオオスズメバチはドッチガ強いのか?

一概には言えませんが、一対一であれば、オオスズメバチですが、習性的にはツマアカスズメバチということになるでしょう。

広告

対馬の外来スズメバチ危険性って?

対馬の外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)は非常に攻撃性の強い性質をしていて、一度臨戦態勢に入り、攻撃をはじめると相手を執拗に繰り返し襲ってきます。

非常に粘着質な蜂なのです。

対馬の外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)毒性はオオスズメバチやキイロスズメバチほど脅威ではありません。

ですが、油断できないのも事実。

海外国では刺傷による死者が出たという報告も実際に寄せられています。

また、対馬の外来スズメバチの危険性はその環境適応能力です。

山間部にとどまらず都市部にも適応し生息することができるため、生活するにあたって注意が必要です。

広告

外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)への対策は?

ツマアカスズメバチは高いところに営巣するため、人に対して害を与える可能性はほとんどありません。

(日本で目撃情報が多数寄せられている対馬での調査では、ツマアカスズメバチの巣のほとんどが地上から5〜10mの高さにありました)

一方、都市部で繁殖すると、高層ビルなどでも営巣するため、こちらは危険です。

ツマアカスズメバチの被害者にならないためには、近づかないのが一番!

他にも肌の露出を控えたり、黒い服を着ないようにするのも友好的ですよ。

2020年の現在では生息分布を拡大し、本州でも生息がみられたことからも、ツマアカスズメバチと出会う危険性が増えています。

広告

外来スズメバチに刺された対処法(応急処置方法)はある?

外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)に刺されると、他のスズメバチと同様、人によってはアナフィラキシーショックを起こすケースがあります。

これが非常に危険です。

生死に関わる恐れがあるため、ツマアカスズメバチに刺されたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

実際に日本ではありませんが、海外では死亡したニュースもあります。

オオスズメバチなどに比べて毒性は弱いですが、医師の診断を受けましょう。

広告

外来スズメバチの天敵は?

強い攻撃性と爆発的な繁殖力を持つ外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)にも天敵がいます。

それは「ハチクマ」という鳥です。

10m以上の高所で営巣する外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)ですが、相手は鳥なので問題なく現れ、巣を襲撃し大好物の幼虫や蛹を食べ尽くします。

その間、ツマアカスズメバチも大勢でハチクマに攻撃を仕掛けますが、タカの1種であるハチクマは、強靭な硬い羽毛をしているためハチの針が刺さりにくいのです。

日本に大昔からいるオオスズメバチは、オニヤンマや熊などのエサになるため数が守られていますが、ツマアカスズメバチは2013年に生息がみられた外来種のため、エサにする生物はこのハチクマのみ。

これもツマアカスズメバチが分布を拡大する大きな原因になっていると言えます。

広告

外来スズメバチの2020年の情報は?

外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)は2020年も対馬で目撃されています。

上記でも少し解説していますが、この蜂の一番の危険性は田舎でも都会でも暮らせる環境適応能力と繁殖力です。

また、天敵(ハチクマ)も少ないため、繁殖し放題な状況であり、今もなお増殖しています。

2020年以降もどんどん外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)による被害が報告されるでしょう。

今のうちに対策や対処法などを知っておくことが大切です。

広告

ツマアカスズメバチ被害状況は?日本と海外での被害状況を紹介

ツマアカスズメバチの被害状況として日本ではさほど取り上げられていませんが、山口県、福岡県北九州市、長崎県対馬市などで被害報告が寄せられていますね。

事実、海外では死傷者が出るケースも報告されています。

刺されたら最悪な場合、死に至る被害報告もあるほど、強力な毒を持った外来種スズメバチです。

その被害状況の深刻さはツマアカスズメバチの生態でわかります。

ツマアカスズメバチは非常に攻撃性が強く、敵だと認識すると人でも動物でも執拗以上に追い回し、攻撃してきます。

結果として、複数回この蜂に刺された人はアナフィラキシーショック症状を起こし命を落とすという被害もあります。

毒性はオオスズメバチほどではないにしろ、安心するのは早いです。

ツマアカスズメバチの脅威は、環境適応能力と圧倒的な繁殖力です。

ツマアカスズメバチは田舎だろうが都会だろうが関係なく生息できるほど、逞しい生命力を持った蜂で、その繁殖能力も異常です。

侵入経路があればツマアカスズメバチはすぐさま繁殖していき、事実、被害ケースも続出してしまいます。

また、ツマアカスズメバチの被害報告は人間だけではありません。

ツマアカスズメバチは幼虫のエサとして、色々な種類の昆虫を捕食します。

このため、人間だけでなく昆虫などへの生態系への被害も懸念されています。

大韓民国では2003年に釜山で確認されて以来、被害件数は上昇しています。

その生息数は在来種のスズメバチを上回ったと報告されています。

広告

ツマアカスズメバチに刺された応急処置(対処法)は何?

①:ツマアカスズメバチに刺されたら蜂に刺された現場からすぐ数十メートル離れる。( 巣から離れる)

②:刺された傷口を近くの流水でよく洗い流す。

③:爪などで傷口周囲を圧迫し、ツマアカスズメバチの毒液をしぼり出す。

④:抗ヒスタミン剤を含むステロイド軟膏などがあれば、それを患部に塗布する。

⑤:ツマアカスズメバチに刺された傷口を濡れたタオル等で冷やし、安静にする。

これがツマアカスズメバチに刺された応急処置の方法になります。

ですが、これはあくまでも応急処置です。

ツマアカスズメバチに刺された治療法(対処法)として、必ず病院に行くようにしましょう。

広告

ツマアカスズメバチから被害に会わない対策はあるの?

ツマアカスズメバチは、以下のものに反応しやすい傾向があります。

髪の毛・まつげ・眉毛・など体の黒い部分に反応する

ひらひらした服や黒い服は避けること!

匂いの強い化粧品や整髪料、香水はツマアカスズメバチを引き寄せる

振動を与えるとツマアカスズメバチがビックリして臨戦態勢になる。

ツマアカスズメバチに刺されないように、帽子(キャップ)やなるべく色の薄い長袖長ズボンを着用して、肌の露出を避けましょう。

また、大人数で歩くとツマアカスズメバチに振動が伝わりやすくなり、蜂もびっくりして襲いかかってきます。

ハイキングの時にツマアカスズメバチに出くわしたら大騒ぎせず静かに歩くことをオススメします。

今後、日本でもツマアカスズメバチを見る機会が増えてくる可能性は十分にあります。

さらにツマアカスズメバチには天敵が少ないことも、繁殖を増長する原因の一つです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました