実家に帰省生活費渡す?帰省した時お金は?帰省費用もったいない?

生活の知恵

帰省シーズンは年に1回~3回ほどありますよね。

お盆やお正月、ゴールデンウィークなどに実家に帰省する人も多い。

もちろん帰省費用がもったいないからと、帰省を控える人もいます。

でも、帰省するにあたって実家に生活費(帰省した時のお金)を渡すべきなのか?悩みますよね。

そこで、色々な人に意見(経験談)を聞いたので、ぜひ参考にしてみよう。

広告

実家に帰省生活費渡す?

カオリさん
カオリさん

わたしもお盆やお正月は帰省しますけど、生活費を渡したりはしていませんよ。

もちろん、両親の金銭事情とか滞在日数にもよりますが、甘えても良いと思いますけどね。

まあ、食費くらいは渡しても良いかもしれませんね。

親御さんも喜ぶと思いますよ。

帰省することで、後ろめたいなら家事や掃除などを手伝ってあげてみてはどうでしょう。

カスミさん
カスミさん

そうですね。

生活費とかは、ご両親に甘えて良いと思いますよ。

例えば、親が金銭的に厳しかったりする場合は、微妙ですけどね。

あとは、手土産とかお土産などを持って帰省するのが良いでしょうね。

そうすれば、親御さんも助かるでしょう。

ユキノさん
ユキノさん

うんうん。

帰省費用を請求しないだけ、良い子供だと思いますよ。最近では、帰省もしない人が増えていますからね。

・手土産を持参すること!

・炊事洗濯を手伝うこと!

この二つを心がけると良いと思いますけどね。

タクミさん
タクミさん

別に親に甘えても問題はないかと思いますね。

むしろ、世間では交通費(帰省費用)をもらっている人もいるわけですしね。

親御さんに何も請求しないという時点で立派だと思いますね。

罪悪感があるなら「お土産、家事手伝い、買い物手伝い」などをやってあげましょう。

親御さんを楽させてあげてみては?

実家に帰省したとき、生活費を渡すかどうか悩んでいる方もいます。

食事代や光熱費など、帰省の際にかかってしまう費用もありますよね。

帰省した際の費用は「渡さなくても問題ない」と考えます。

まず、帰省したときの費用は金に換算しづらい問題があります。

数日分の光熱費を計算するのは大変です。

1週間程度の滞在であれば、大きな金額にもならないので実家に甘えても文句を言われることは少ないです。

実家に月々の仕送りをしているという方も帰省の時だけは甘えても大丈夫です。

どうしてもお金が気になるという人は、親と相談して定額支払うという形式にするのが良いと思います。

広告

実家に帰省した際に食費くらいは渡すべき?

実家に帰ると、たくさんご飯を食べさせてくれるから食費を渡すべきか迷ってしまうことがありますよね。

食費は「状況次第で渡す」というのが良いと思います。

食事のパターンとしては2つです。

家で食べる

外食する

この大きく2つのパターンがありますよね。

家で食べる場合。食事をする人数が多い時は、食材をまとめて買うので一人分を計算するのが難しいです。お金もあまりかかりません。

一方で、外食の場合は1人分の値段が明確ですし、お金も結構かかります。

そのため、「外食の時はお金を渡す」という基準を設ける方法があります。

また、一食1000円と概算して最後にまとめてお金を渡すこともできます。

時と場合に応じてお金を渡すかどうかを考えましょう。

また、親と相談してお金を出し合うようにするのが一番安心ですね。

広告

実家に帰省した時にお金(金額)は平均でいくら渡すのが常識?

実家に帰省したとき、お金を渡すかどうかは人それぞれです。

1週間滞在するとしても、全くお金を渡さない人もいますし、1万円ほど渡す人もいます。

また、お金の代わりにお土産をたくさん買っていくという人もいます。

「帰省したらお金を渡すかどうか?」

「どのくらい渡せばいいのか?」

これらに迷った時、世間の平均を気にする必要はありません!

自分の家庭の事情や実家のことを考えて最も適切な方法を実行しましょう。

1人では決めきれないときは、家族と相談して全員が納得いく方法を考えて見て下さいね。

広告

実家への帰省費用もったいないときは?

帰省費用が多くて帰省をためらってしまうことはよくあります。

しかし、帰省費用がもったいなくても、帰省はした方が良いでしょう。

状況によっては、帰省したいのにできないことも多いですからね。

単純にお金の問題だけであれば何とか解決方法を探ることができます。

帰省費用がもったいなくて帰省できないと考えている人は、帰省費用を少しでも節約出来る方法を試してみましょう!

一番簡単な方法として、「移動費(交通費)」を節約するのが良いでしょう。

広告

実家への帰省費用を少しでも節約する方法は?

帰省に一番かかる費用は交通費です!

交通費をできるだけ安くして帰省費用を抑えましょう。

帰省費用を安くする方法は2つ。

車で帰省する

家族に迎えに来てもらう

この2つの方法が思いつくかと思います。

車で帰省するというのは最も現実的かつ節約になります。

特に複数人で帰省するときは、とても安く抑えることができます。

さらに車であれば、荷物を運ぶこともできるので一石二鳥です。

車を持っていない場合、家族に迎えに来てもらうという手段もあります。

家族が車をもっていれば、乗せてもらうことで帰省費用を抑えられます!

家族に甘えてしまうのは申し訳ないと思うかもしれませんが、お金が無くて帰省できないという方が、悲しませてしまいます。

一か八か頼んでみるのも良いでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました