帰省から帰りたくない大学生どうする?辛い心理は?寂しい対処法は?

生活の知恵

大学生活を謳歌する人も多いですが、中にはホームシックになる学生も多い。

特に帰省すると実家から離れたくなくて、「帰りたい」と思う学生もいます。

そんな辛い心理状態だと今後も不安になりますよね。

では、帰省から帰りたくない大学生はどうするべきか?色々な人に体験談を聞いてみました。

また、寂しい辛いときの対処法についても紹介しています。

広告

帰省から帰りたくない大学生どうする?

カオリさん
カオリさん

めちゃめちゃわかりますね。

どうしても帰りたくないなら実家から大学に通うのはどうですか?

うちの弟はホームシックが耐えられなくて、実家から2時間くらいかけて大学に通ってましたよ。

わたしも大学に通っていたころ初めはホームシックでした。

でも、今となっては良い経験だと思っています。

マユミさん
マユミさん

誰でも最初は慣れない環境で苦しいものですよ。

でも、いつかは親元を離れるので、練習だと思う方が良いかと。

問題というのは自分が変われるチャンスでもあります。

だから帰省すると、つい実家に居たいと考えるものですが、これはあなたが変わるチャンスでもあるんですよ。

カズキさん
カズキさん

地元(実家)から離れて生活するのが大変なら、やはり親しい友人や恋人を見つけるのが一番です。

心許せる誰かが今の環境に居ればだいぶ気持ちが楽になりますよ。

趣味を通じてSNSで繋がるのも良いと思いますしね。

もちろん学校内に作るのが一番だとは思いますけどね。

リカさん
リカさん

対策としてはこんな感じだと思いますよ。

・友達を増やす

・恋人を作る

・実家から大学に通う

・いっそ大学を辞める(最終手段)

・親に近くに住んでもらう

・親と会う機会を増やす

・電話で定期的に話す

わたしも大学生の時に最初はめちゃめちゃホームシックでした。

大学の3年生くらいまでは実家に帰りたいと思ってましたね。

だから上記の対処法をぜひ参考にしてほしいと思います。

実家に帰省したら一人暮らしの家に帰りたくない時ってありますよね。

これは多くの人(地方出身者)が経験しています。

その原因を突き止めることで、自宅に帰りたくない気持ちが改善されて充実した一人暮らしを送れるはずです。

広告

帰省後に一人暮らしの自宅に帰りたくない心理って?

大学生活に問題があるケース

大学の人間関係がうまくいかない

大学での人間関係はこれまでとは少し違います。広く浅く社会人のような繋がりを持つのが一般的ではないでしょうか。

地元の友達とは腹を割って話すことができたのに、なんだか物足りないと思う人もいるかもしれません。

そのような人間関係に疲れてしまう人も多いです。

一度、人間関係を見直して本当に付き合いたい人とだけ繋がりを持つように意識してみましょう。社会人と違うのは、自分で付き合いたい人を選べることです。

無理をしても意味が無いので、自分の心に素直に生きるのが良いと思います。

授業についていけない

大学の単位はしっかりとれていますか?

大学の授業は自分で決めるため、高校生活よりは、ゆとりがあると思います。

しかし、それが原因で逆に怠惰な生活となり、朝起きれなくなっていませんか。

最初は、友達の協力を得ても良いので、規則正しい生活を心がけましょう。

自立できていないケース

一人だと寂しい

実家にいれば、家族と毎日過ごすことができるので寂しさは感じないでしょう。

しかし、一人暮らしとなると1人の時間がとても多くなります。

その寂しさを友達で埋めるのも良いでしょう。

私のオススメは、1人の時間を自己成長の時間にすることです。

大学生以上に自由な時間がとれる人はいません。

時間は有限なので、大学生活の時間の使い道をしっかり考えてみましょう。

本を読んだり、筋トレをしたり、起業したり、考えばできることがたくさんあります。

お金がない

大学生は、お金がない人が多いです。

奨学金で生活している人も多いでしょう。実家にいれば、親がご飯を作ってくれるなど色々と面倒をみてくれるので、帰りたくないという気持ちになってしまいます。

アルバイトをしてもお金が足りないというときは、自分のお金の使い方を工夫してみて下さい。

家計簿をつけてみると、自分がどこで無駄遣いをしているのかすぐにわかります。

食費や娯楽品は工夫によっては大きく節約することができるので工夫してみましょう!

広告

帰省から一人暮らしの自宅に帰りたくない大学生の対処法って?

色々な理由から、一人暮らしの自宅に帰りたくないという心理が生じることがわかりました。

上記の理由に当てはまる自覚があるのなら、大学生活を見直して自立した生活が送れるように心がけるべきです。

どうしても、帰りたくないときの最終手段は「家族に家まで送ってもらう」ことです。

自分の力ではどうしようもない時、他人の力を借りるのは悪いことではありません。

家まで送ってもらい、何日か親と一緒に過ごせば寂しい気持ちや不安な気持ちが和らぎ、また大学生活をスタートさせることができます。

しかし、この方法はずっと使えるわけではありません。

一人暮らしの家に帰りたくない根本的な理由を見つけて、問題を解決し、社会人になるまでに克服するように心がけましょう!

広告

大学生一人暮らしで寂しいホームシックになったときの対処法は?

ホームシックになったと時の対処法は電話です!

私は電話をすることでホームシックに絶えていました。

今は、音声だけでなくビデオ通話も可能です。

家族と顔を見ながら話せば、寂しい気持ちが改善されます。

気持ちを紛らわすために、友達を家に呼んだり、アルバイトをしたりして忙しくする方法もあるでしょう。

新しく没頭できる趣味を探すのも良いかもしれません。

頻繁に帰省することも難しいので、色々試して自分に一番合う方法を探してみてください!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました