帰省の帰り泣くときは?自宅で一人寂しい時は?家族が恋しい時は?

生活の知恵

一人暮らしの自宅で寂しいときもありますよね。

実家に帰省してからの帰りに寂しくて泣いた経験がある人はいますか?

親元離れて生活する人にとって帰省は楽しみになりますが、やはり地元に帰ると「ずっとここに居たい!」と思うものです。

そこで、この記事では帰省後の帰りに泣くときに気持ちを切り替える方法について紹介しています。

また、自宅で家族が恋しくて一人寂しい時の対処法についても紹介しています。

広告

帰省の帰り泣くときに気持ちを切り替える方法は?

次の実家に帰る予定を決める

実家から帰ることは寂しいことですが、次に帰省する予定を決めてしまうことで寂しさを紛らわせましょう。

次に帰省するときまでの目標を立てるのも良いと思います。

ダイエットや筋トレなど自分磨きを実行し。次に会うときまでイメチェンしてみましょう。

親や地元の友達に褒めてもらうことで自己肯定感を高めることができます!

大学の友達との予定を入れる

初めての一人暮らしを経験し、家族のいない寂しさを味わった学生の方は、帰るときに辛くて泣いてしまうこともあるかもしれません。

でも、実家から帰ることは寂しいことばかりではありません。

しばらく会えていなかった大学の友達と遊ぶ予定を立てるなどして日常生活に戻る準備をしましょう。

気持ちを切り替えるために、次の予定をたくさん入れてしまいましょう!

予定がたくさん入ると、忙しくなるので寂しさを感じずに済みますよ。

帰った直後にアルバイトやサークルなどの予定を入れる

実家から帰るのは、とても寂しいですが帰る当日にアルバイトやサークルなどの予定を入れて帰らざるを得ない状況を作りましょう。

泣くほど寂しいのですから、帰れなくなってしまうことがあると思うのでそれを予防するためです。

また、帰ってすぐに大学の日常ルーティンに戻ることができるので気持ちの切り替えもスムーズにできますよ!

特に、帰省の最終日はアルバイトなど先の予定に向けて気持ちを切り替えるように意識すれば、帰省当日の寂しさを緩和することができます。

是非試して見て下さい!

両親と気軽に連絡を取れるようにする

親元を離れている大学生にとって、両親の存在が一番の心の支えになりますよね。

なので、定期的に両親と電話もしくはメールなどで連絡を取る機会を作るようにしましょう。

いつでも両親と連絡を取れる環境を作っておくと、精神的な不安定さからは解放されますよ。

趣味に没頭する時間の予定を立てる

没頭できたり、息抜きができる趣味は大切です。

まずは趣味をつけましょう。

もし趣味があるのであれば、趣味に時間を使う予定を立てるようにしましょう。

また、趣味があれば、そこから色々な人と繋がることができます。

最近では、SNSなどでも趣味を通じて、様々な人と繋がることができます。

関係が深くなった相手とは、実際に会って遊ぶのだってよいでしょう。

一つ趣味があると、世界が広がりますよ。

広告

大学生が帰省後に自宅に戻ってきて一人寂しい時の対処法は?

家族に電話する機会を設ける

大学生が規制後に自宅に戻ってきて寂しい時は、家族に電話をしましょう!

現代はテレビ電話が普及しているので家族の顔を見ながら話すことができます。

リアルタイムで会っているような感覚で話すことができるので気持ちを紛らわせることができます。

話の中で次の帰省予定を立てることができれば、先に楽しみが待っているので、今の辛い状況を乗り越えることもできますね。

趣味を見つける

趣味があれば、趣味で時間をつぶすことができ、寂しいと感じることが少なくなります。

趣味は自分が没頭できるものであればなんでもOKです!

アイドルの追っかけやゲーム、読書などたくさんのコンテンツがあります。

趣味が無くて困っている人は、趣味を見つけられるように行動してみて下さい!

ジムや魚釣りに行ったりすることで、気分がリフレッシュされますし、素敵な出会いがあるかもしれませんよ!

広告

ホームシックでまた実家(地元)に帰りたくなるときは?

ホームシックで実家に帰りたくなってしまうこともよくありますよね。

そんな時は、頻繁に帰ることをオススメします。

実家に帰れることは、とても恵まれています。

家族が病気したり、生きていれば、いつどんなことが起こるか分かりません。

時間は有限なので、自分がやりたいと思ったことを思いっきりやってください!

お金や時間の都合でどうしても時間が取れない人は、やはりテレビ電話などで家族との時間を持つと良いと思います。

みなさんとコミュニケションがとれることを家族は喜ぶと思いますし、自分の精神安定上も良いでしょう。

帰省する度に寂しくなって帰りたくなくなってしまう人は、是非参考にしてください!

最悪の場合、実家(地元)に帰ってくることも検討してみよう。

生きていく場所は、何も今の環境だけではありません。

地元で生活できるのであれば、いっそ地元に帰ってくるのもオススメですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました