一人暮らしの帰省はストレス?出戻りは疲れる?実家に帰らないアリ?

生活の知恵

お盆や正月時期は帰省する人も多いですが、中には帰省することを億劫に感じている人も多い。

特に一人暮らしに慣れている人は、今更、親の監視下に居たくないですし、ストレスに感じることも多いでしょう。

実家への出戻り(帰省)は疲れると思っている人も一定数います。

中には実家には帰らない(帰省しない)と言う人もいます。

では、一人暮らしで実家への帰省がストレスに感じている人はどれくらい居るのか?色々な人に意見を聞いてみました。

また、帰省を回避する方法も紹介しています。

広告

一人暮らしの帰省はストレスに感じるもの?

カオリさん
カオリさん

わかりますね。

うちの親は口うるさいので、実家に帰省する度に、チクチク小言を言われますからね。

それで喧嘩したこともあります。

一人暮らしが性に合っている人は、帰省はちょっと面倒かもしれませんね。

タクミさん
タクミさん

帰省はちょっと面倒ですよね。

一人暮らしってただでさえお金がかかるから、帰省したら移動費とかで、出費がキツいですね。

あと親に干渉されるのが面倒ですし、親族(親戚)が集まるなら尚更ですよね。

金銭的にも精神的にもストレスが溜るのはわかりますね。

ミツルさん
ミツルさん

正直、友達と会ったりしないのであれば、別に帰省する必要は無いと考えています。

だって一人暮らし楽しいですからね。

今更、親の監視下で生活したくないですよね。

見張られている気がしますし、実家ってなんだか落ち着かないですからね。

お墓参りとかするのも面倒ですし、親戚が集まるので、正直、会話もしたくないですね。

ミライさん
ミライさん

一人暮らしが楽しいと帰省って億劫になりますよね。

特にわたしは実家の母親とは仲良いですが、父親とは不仲ですからね。

母親の顔はみたいけど父親の顔は見たくないです。

父親の存在がストレスだから帰省はあんまりしてないですね。

顔合わせれば喧嘩にもなるし最悪ですよ。

本当にストレスです。

一人暮らしに慣れてくると、日常生活で誰に干渉されることもなく自分の思う通りに快適に生活をされていることでしょう。

そんな自由気ままな生活からの、実家への帰省というのは、多くのストレスを感じてしまうものです。

思いつくだけ挙げてみても下記のようになります。

準備がだるい

お金がかかる

親が口うるさく干渉してくる

墓参り、親戚回りが憂鬱

生活リズムが崩れる

単純に暇、実家でやることがない

一人暮らしに慣れすぎて誰かとの生活が落ち着かない

など、さまざまな要因からストレスを感じることになるでしょう。

特に一人暮らしが楽だと感じる人にとっては、帰省がストレスになることでしょう。

広告

一人暮らしから実家への出戻りは疲れるもの?

帰省前には、普段の生活にはないような準備が必要となってきます。

着替えや生活必需品の準備はもちろん、長期に家を空ける場合には、念入りな掃除、冷蔵庫の食材の消費、ゴミ出し、家電のコードをはずすなどやらなければならないことは沢山ありますよね。

出発前から疲弊しているところに、お盆は沢山の人達が移動するため、交通費はとても高額となり、移動ラッシュで高速も、新幹線も、飛行機もとにかく混んでいます。

実家につく頃には、心身ともに疲れ切っていることでしょう。

そんな状態に親から口うるさく小言を言われた日には、もううんざりですよね。

着いたその日に、「もう帰りたい」なんて状態になっているかもしれません。

広告

一人暮らしの独身者が実家に帰らない(帰省しない)のはアリ?

そもそも、なぜこの時期に帰省する必要があるのでしょうか?

普段あわない旧友、親戚と都合がつけやすいから、といったところでしょう。

しかし、生活リズムを崩し、高い旅費を払い、長い渋滞や帰省Uターンラッシュに巻き込まれてまで会いたいような人達なのでしょうか?

実家をしばらく離れていれば、地元にいる友人は少なくなり、会話の話題もずれが生じ、話がかみ合わなくなっていることも考えられます。微妙な空気になることは明白です。

そもそも、仲のいい友人は、わざわざお盆に帰省しなくても普段からLINEなどで連絡していますよね。

お盆に無理をしてまで帰る必要は全くないのです。

広告

実家に帰らない子供(息子や娘)は親不孝者なの?

結論から言えば、実家に帰らない子供(息子、娘)は決して親不孝者ではありません。

一般的に、お盆くらいは帰省して親に元気な顔をみせるべきという風潮がいまだに存在しています。

ですが、本人が辛くて帰省したくないと思っているのに、無理をしてまで帰省する必要はないです。

帰省するにしても莫大な移動費(交通費)がかかってしまう場合もありますからね。

一人暮らしは生活費や家賃などで、お金がかかるので、交通費の出費は厳しいものです。

移動手段に新幹線や飛行機を使うのであれば、少なくても2万円~3万円は掛かってしまいます。

親だって、いくら顔をみたいからといって、疲れ切って、嫌々帰ってくるのでは、申し訳ない気持ちにさせてしまうものですからね。

広告

実家への帰省を回避する方法ってある?

テクノロジーの進化した現在、わざわざ帰省をしなくても、親とのコミュニケーションツールは色々あります。

電話する、テレビ電話で顔を見せる、など。

どうしても会いたいというのであれば、逆に親に来てもらうというのも一つの手です。

「帰ることは出来ないけど」と、贈り物などを送って、ちゃんと「親を大切にしているよ、ないがしろにしていないよ」というのを伝えておくというのも効果的でしょう。

母の日や父の日、誕生日などにプレゼントを贈っておくのが良いですね。

結局は、わざわざお盆でなくても、自分のペースで帰りたくなったら帰る。

そのくらい気楽なペースでいいのかもしれませんね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました