大学生帰省後が寂しい対処法は?実家から帰りたくない?別れが辛い?

生活の知恵

大学生になって親元を離れる人も多く、お盆や正月に帰省する学生もいるでしょう。

中には帰省後(自宅に帰る際)に寂しいと感じ、つい実家から帰りたくないと考える学生もいるでしょう。

親元離れて生活する学生にとっては、地元の友人や両親との別れは辛いですからね。

では、大学生の帰省後が寂しい対処法はどうすれば良いのか?

色々な人に経験談を聞いてみたのでぜひ参考にしてみましょう。

また対処法も紹介しています。

広告

大学生帰省後が寂しい対処法は?

アヤミさん
アヤミさん

気持ちわかりますね。

やっぱり一番は今の生活環境の中で気軽に会える友人を増やすことかな?

大学内でもそれ以外でもOKです。

とにかく近くに住んでいる友人を増やすこと!

友人が多いと帰省して自宅に戻ってきても寂しいという感情は薄れますよ。

心許せる友人が多いと良いんですけどね。

ミライさん
ミライさん

友人を増やすのは賛成です。

可能であれば、心を許せるような関係性の人で、今の生活環境の中で気軽に会える感じが良いですね。

身近にそういった気軽に連絡取り合って、ご飯でも食べに行ける相手がいると良いですよ。

寂しいと思うなら尚更です。

もしくは恋人を作るとかかな?

ミツルさん
ミツルさん

趣味を見つけるのはどうでしょうかね?

没頭できたり、息抜きできるものがあると生活変わってきますよ。

趣味を通じてSNSとかでいくらでも人と繋がれますしね。

アウトドアでもインドアでも良いですよね。

やっぱり寂しいと感じる人は、繋がりを作っていくことが大事だと思いますね。

エリコさん
エリコさん

わたしも大学で親元離れてから2年くらいはホームシックでしたね。

でも、今思えば、良い経験です。

人はそうやって強くなるものだし、いつかは自立する日が来ますからね。

問題は変化のチャンスでもあります。

ポジティブに考えてほしいな。

どうしても辛いなら親と連絡を取る頻度を増やすとか、いっそ実家に戻ってくるとかも良いんじゃないのですかね?

大学生になり、一人暮らしを始め、寂しさを体感してから実家に帰ると、やっぱり地元に帰りたい、自分の居場所はここではない、といった気持ちが湧いてくる学生も多い。

帰省するたびに寂しさから、ホームシックになる人も少なくありません。

しかし、もう大学生なのだし自立しなくては、自分で決めた進路なのだから弱音を吐いてはならないと自分に自分でプレッシャーをかけ追い詰めてしまう人がいます。

ホームシックになるということは特別なことでも、恥ずかしいことでもありません。

それだけ今まで家族に大事にされて幸せに過ごしてきたということです。

一人暮らしを始めて、何でもすぐに完璧にできるようにはなりません。

まずは、ホームシックな自分を許容し、認めてあげてください。

前向きな気持ちになったら、日々の生活を良くできるように、少しずつ進んでいけばいいのです。

広告

お盆休みに帰省して実家から帰りたくないときは?

実家で楽しい満ち足りた時間を過ごした後に、一人寂しい自宅に帰りたくないと思うのは、ごくごく自然で当たり前の感情です。

実家から帰りたくないと感じているというのは、きっと心が弱ってしまっている状態なのでしょう。

無理をしないで、そんな時には自分を大事にしてもらいたいです。

おいしいご飯を食べる、自分の好きなことに時間を使う、思いっきり歌ってストレスを発散させるなども良いでしょう。

元気が出てくるようなことを自分の中で色々と試してみましょう

広告

帰省するときに家族が恋しくて別れが辛いときは?

実家の懐かしいぬくもりに触れこのまま帰りたくないと思う人は多いです。

帰られなければならないと思うととても辛いですよね。

一人で寂しい大学生活を送る自宅より、家族のいる暖かい実家の方がいいと思うことでしょう。

考えただけで涙があふれてくるでしょう。

泣きたいのに我慢をすることはありません。

涙を流すことでリラックス効果が得られ、ストレスが減少するそうです。

思いっきり泣いてスッキリしたら、気分が上がるような没頭できる楽しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

新しいことを始めることで寂しさもまぎれ、きっと、ホームシックも緩和することでしょう。

広告

帰省後にホームシックで大学を辞めたいときの対処法は?

もし、大学を辞めたいほどホームシックになってしまったとしたら、まずは克服すること、緩和することを試し、様子を見てみましょう。

部屋を模様替えして、自分の心地よい空間を作る

自炊に挑戦したり、近所のおいしい飲食店を探す

こまめに実家に電話をするなど、連絡を取る

大学で友達を作る、またはサークル、バイト先でコミュニティを作る

没頭できる趣味を作る

など、できることからどんどん試してみましょう。

それでもホームシックが限界で、通っている大学でも、何のためにいるのかわからなくなってしまったのであれば、大学を辞める決断をしても良いと思います。

このまま無理を続けたとしても「うつ」などの病気になってします可能性があるからです。

親に余計なお金を負担させることもなくなりますし、早めに将来について考えることが出来ます。

大学を中退したとしても、地元で就職をしたり、就職に有利になる資格を取得したりするのも良いでしょう。

もしくは、別の大学、専門学校に編入・入学をしたり、起業をする、など選択肢は沢山あります。

どんな選択をしたとして大丈夫、あなたが笑顔で過ごせる日々が一番大切なのですから。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました