お盆実家に帰るなぜ?理由は?帰省目的は?回避方法は?過ごし方は?

生活の知恵

お盆に義実家へ帰省することに疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

せっかくの休みだからゆっくり休養したいという方も多いですよね。

嫁の立場からすれば帰省する理由も目的もありませんからね。

では、お盆に義実家に帰る理由と、帰ったときの義実家での過ごし方に知っておきましょう。

また、帰省を回避する方法も紹介しているので、旦那の実家に帰省したくないと考える主婦の人も必見です。

広告

お盆実家に帰るなぜ?旦那の義実家へ帰省する理由について

クルミさん
クルミさん

一般的には先祖が帰ってくるからお迎えするというのが理由でしょう。

まあ、あくまでもそれは体裁上ですけどね。

だって旦那の側の先祖は嫁とは無関係ですからね。

私が行かないと、「旦那と嫁は仲が悪いのか?」と勘繰る親族もいるんですよね。

だから旦那の顔を立てるために行ってます。

ナミエさん
ナミエさん

うんうん。

やっぱり義母からすると「なんで来ないの?常識がないのかな?」なんて思う人もいるんですよね。

そうなると今後、接点を持つときに非常に面倒になるんですよ。

だから義母や夫側の親族と上手に付き合っていくために帰省している主婦の人は多いんじゃないかな?

わたしの周りのママ友はそんな感じですよ。

ナオミさん
ナオミさん

本来であれば、主人の実家になんて行きたくないですけどね。

まあ、主人側の親族や義父母との今後の良好的なお付き合いのために行ってますね。

正直、義母とは折り合いが悪いので、最近、帰省は各々で行くという話にもなってますけどね。

義母に睨まれなければ、正直、主人の帰省に付いて行きたくはないですね。

カスミさん
カスミさん

わたしが夫の帰省に付いていく理由はこんな感じです。

・子供が行きたがっており、旦那と義父母には任せられないから。

・行かないと義母に嫌味を言われるから。

・夫側の親族が集まるので、行かないと「嫁と仲が悪いのか?」と旦那が聞かれる。

・義母がそういった礼儀や風習にうるさい人だから。

こんな感じですかね。

だから行かないと色々と面倒なんですよね。

まあ、正月に行っている人はお盆に行く必要は無いと思いますけどね。

お盆は、なぜ実家に帰らなければいけないのでしょうか?

それは、先祖の精霊をお迎えして供養するためです。

お盆は、年に一度ご先祖様が地上に戻ってくると考えられています。

そのため、迎え火と送り火を行うのです。先祖様を迎え入れて無事に帰れるようにします。

このような儀式を行うためにも、帰省する風習があります。

風習を大切にしている家庭であれば、お盆に帰ってくることは当たり前と考えているかもしれません。

ご先祖様も含めた家族の時間を大切にするという意味でとても大切な行事ということがわかります。

広告

お盆に旦那の実家へ一緒に帰省する必要はある?

お盆に旦那の実家へ帰省する目的は、お盆の行事を行うことと家族との時間を過ごすためです。

先程もお話ししたように、お盆はご先祖様を迎え入れるという意味もあり大切な日です。

親戚一同が集まって過ごす人も多いのではないでしょうか。

そのため、親戚同士の交流を深める意味でも、義実家の人は帰省して欲しいと思っているはずです。

現在は、そのような風習が薄れつつもまだ多くの家庭ではお盆を大切にしています。

議実家の人と信頼関係を築いたり、安心させてあげたりするという意味では議実家に帰る必要があります。

どうしても行きたくないのであれば、回避する方法を知っておくと良いですよ。

広告

お盆に旦那の実家へ帰省するのが嫌なときの回避方法は?

どうしても旦那の実家へ帰省するのが嫌なときは、自分の実家に帰ることをオススメします。

お盆は、夫婦双方の実家にとって大切な行事です。

しかし、お盆休みはとても短いので片方の実家にしか帰省できないこともあるのではないでしょうか?

この理由であれば、いざこざを起こさずに義実家とも円満に関係を築けるはずです。

実際に私の家庭もこのような方法でお盆を過ごしていましたよ!

交互に実家に帰れば義実家へ帰る回数を減らすことができます!

レイコさん
レイコさん

我が家では最近、帰省は各々で行くような話になっていますね。

今迄は夫の帰省に私もついていき、夫は私の帰省についてくることはありませんでした。

こっちだってあなたの母親(義母)に気を遣いたくないですからね。

夫婦で話し合って帰省は各々で行くと良いですよ。

義母と仲が悪いのであれば、尚更、帰省はご主人だけに行かせましょう。

広告

お盆に旦那の実家へ帰省した際の過ごし方は?

お盆に実家に帰省したらやることがたくさんあって大変です。

お盆準備の手伝いや親戚の集まりへの参加、子供の面倒などなど。

せっかくの休みなのに疲れてしまって、もうお盆に帰るのも面倒と思っている方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、お盆の行事は大切にした方が良いと考えます。

現在の日本でもお盆の風習を大切に考えている家庭は多く、お盆が嫌だという態度を示してしまったら、信頼関係が壊れてしまうかもしれません。

これからも支え合っていく家族なので行事は大切にして良好な関係を築きましょう。

しかし、どうしても辛いという方もいらっしゃいますよね。

そんな方は、少し工夫して1人の時間を確保するようにしましょう!

あまり馴染みのない義実家で気を遣ってばかりでは精神的に辛くなってしまいます。

例えば、子供がもう寝る時間だから寝かしつけに行く・必要なものがあるから買い出しに行くなど何でも良いです。

自分がほっと一息つける時間を工夫して作って、自分をいたわりましょう!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました