帰省先の父親が嫌いなら?関わりたくない時は?実家に行かないアリ?

生活の知恵

お盆やお正月といえば、帰省する人が多いイメージですが、中には帰省することを億劫に感じている人がいるのも事実。

実家に行かない人もいるでしょう。

帰省先の父親が嫌いで関係がギクシャクしていると本当に面倒ですよね。

出来れば嫌いな父親とは関わりたくないものです。

では、帰省先の父親が嫌いな人はぜひこのページを参考にしてみましょう。

広告

帰省先の父親が嫌いならどうすべき?

帰省先の父親が嫌いで帰りたくないと思っている方もいると思います。

父親が嫌いだった場合、帰省したときにどのように振る舞えば良いのでしょうか。

この対処法は、なぜ父親が嫌いなのか考えることで改善されます。

口出しがうるさくて嫌いな場合

自分の家庭のことや仕事のことにいつも口出しされるから嫌いになるというパターンです。

この場合は、母親を味方につけてしまいましょう!

日ごとから母親に近況報告を行い、父親に伝えてもらうのです。

近況がわかっていれば、父親も安心して根掘り葉掘り聞いてこないでしょう。

それでも色々としつこく聞いてくるときも、母親に「嫌だ」という気持ちをお父さんに伝えてもらいましょう。

直接言うと喧嘩になってしまうことがあります。

母親に伝えるときもできるだけソフトな言葉を選んで、関係性が悪くならないようにしましょう。

「臭い・清潔感がない」など見た目が嫌いな場合

父親のにおいが臭いと感じることはよくあります。

遺伝子が近い人のにおいは、臭いと感じてしまうようにできているからです。

この場合は、清潔感を保ってもらうために布団を洗ってあげたり、服を買ってあげたりして改善しましょう。

親孝行にもなり一石二鳥です!

生理的に受け付けないから嫌いな場合

特別な理由はないけど、どうしても父親の存在が受け付けない場合もありますよね。

生理的に拒絶反応を起こしてしまう相手は誰しも一人いるハズです。

父親を生理的に拒絶してしまう場合は、無理に近付くのをやめましょう。

なるべく同じ空間に居ない方が良いですね。

時間が経過して環境が変われば、相手への気持ちも変化するものです。

それまでゆっくりと待ちましょう。

過去の父親とのトラブルが忘れられない場合

未だに忘れられなで許せないことって誰しも一つはあるものですよね。

過去に父親と喧嘩したり、イザコザがあって、どうしても水に流せないこともあります。

すぐに忘れる必要はありません。

ゆっくりと気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

まずは心に余裕を持つことが大事です。

自分が満たされれば、相手(父親)を許すキャパシティーも広がります。

広告

帰省先の父親が嫌いで関わりたくないときの対処法は?

帰省先で父親と関わりたくない時は、どうすれば良いのでしょうか?

全く関わりたくないと考えている場合は、やはり家族の協力が必要です。

帰省すればご飯を食べたり、同じ部屋で過ごしたりなど関わることが多くなります。

例えば、母親と口裏を合わせてご飯の時間をずらしてもらうなど工夫してみましょう。

もちろん、実家に泊まらないという選択肢もありますよ。

帰省したからといって、必ずしも実家に泊まる必要はなのです。

最近では、帰省しても1日だけ実家に滞在して、あとは自宅に帰る人もいます。

父親が嫌いという感情は、すぐには変わるものではありません。

色々な工夫をして、父親と少し距離を置き、時間の経過を待ちましょう。

いつか嫌いという感情がなくなる日が来るかもしれませんからね。

そしたら、無理しない程度で良いですが、気力があれば関係性を改善する方法を考えてみてください。

もちろん、せっかくの帰省なので、父親と和解するチャンスもありますよ。

広告

帰省先の嫌いな父親と上手に関わる方法ってある?

父親と上手に関わるには、適切な距離感を保つことが大切です

家族とはいえ、他人は他人です。

親は、子供のことはずっと子供だと思っているのでお節介なことをしてくるかもしれません。

これも、適切な距離が保てていないことが原因です。

自分は、もう立派な大人だということをわかってもらうためにも、お互いに干渉し合うのはやめましょう。

何かに口だしされた時は、「そのことについてはもう考えてある」ということをしっかり伝えましょう。

感情的にならず、自分の考えを冷静にしっかり伝えることがポイントです。

広告

実家に行かない(帰省しない)のは非常識になる?

色々な方法を試してみたけど、父親が嫌いでどうしても帰省したくないと考えている人もいますよね。

そんな時、帰省しないのは非常識かと臆病になる必要はありません。

「帰省する・帰省しない」を決めるのは自由です!

家族であってもどうしても好きになれないこともあります。

そうなってしまった自分を責めないで下さい。

嫌で辛いと感じたら、そこから逃げる裕樹を持つことも大切です。

色々試してみたけど、どうしようもなかった人は帰省しないという選択肢もあるということを覚えて下さい!

嫌いな父親への対処法はいくつかあります。

家族の協力を得たり、関係性の改善を試みたりして自分で納得ができるように過ごして下さい!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました