学校早退するサボりの理由9選!1日だけ休む言い訳は?仮病以外は?

学校生活

学校を早退したくなるときってありますよね。

例えば、先生に言いたくない用事ごとがあってどうしても学校を早退しなきゃいけない時もあります。

そんなときは、使える言い訳はあると良いですね。

定番は仮病ですが、それ以外にも理由はあります。

ここでは、学校早退でサボり理由は何がオススメなのか?紹介しています。

また、1日だけ休む言い訳についても紹介。

  1. 学校早退するサボりの理由9選!
  2. 学校を1日だけ早退して休む言い訳で一番バレないのは?
  3. 学校を早退して1日休むのに精神的な理由は使える?
  4. 学校を早退する(サボる)理由で仮病以外に良い言い訳ってある?
      1. 本人が銀行に行かなくてはならない!
      2. 通院している病院に行く
  5. 学校を早退(サボる)のが先生にバレたときの対処法は?
  6. 当日に学校を確実に早退する方法5選!
      1. 「事前に気分が悪いから早退するかもしれない」と先生に伝えてく
      2. 腹痛で早退した経験があります。
      3. 身内の事情を理由に早退!
      4. やはり体調が悪いと言うのが一番!
      5. 歯が痛いと言って早退したことあります
  7. 学校の早退を親には内緒する方法5選!
      1. 先生に事前に伝えておけば親に連絡はいかないことが多い!
      2. 先生に帰宅後に一報入れておくのがオススメ!
      3. 親は自宅に居ないということを事前に伝えておく
      4. 親にその日の出来事を説明しておく
      5. 学校によりますが早退なら連絡しないことも多い
  8. 学校を早退する理由に「病院行くから早退」は嘘だとバレる?
      1. 事前に病院に行くことを伝えておきましょう!
      2. 学校に規定によるが診断書を提出させられるケースもある
      3. 先生に伝えるタイミングが大事!
      4. 曜日や時間帯によってはバレる可能性も高い
      5. 病院であればバレる可能性は少ない!
  9. 学校を早退する理由に「家庭の事情」は通用しない?
      1. 家庭の事情は比較的に使える理由です!
      2. 内容次第で早退する理由に使えます!
      3. 先生も深堀しませんが逆に保護者に連絡する人もいる!
      4. あなたの日頃の学校での生活態度次第でしょう!
      5. 理由によって家庭の事情は通用する!
広告

学校早退するサボりの理由9選!

毎日当たり前のように学校に通っているものの、「この日だけはどうしても早退したい!」ということはありませんか?

どうしても言いたくない用事ごとがあって、学校早退でサボりたい時はどうしたらよいのでしょう。

朝から体調が悪いことを周りにアピール

吐き気が止まらず今にも嘔吐しそう

熱と風邪が酷くて今日は学校に行けそうにない

マスクを着用し、顔色が見えないようにする

仲の良い友達にも、仮病であることは決して言わない

口数を減らし、テンション低めをキープ

決してSNSなどで、バレるようなことを書かない

家族行事でいけない(葬式、法事など)

実家の祖母が体調悪い

仮病は定番ですが、定番すぎて先生たちも少し半信半疑なところがあります。

なので、その点は注意しましょう。

「今日は体調が悪いのに学校に来ているんだ」と周囲にアピールすると効果的です。

1日休むことにハードルの高さを感じたり、罪悪感を覚えたりすることもありますからね。

だからこそ、言い訳は重要です。

家族行事で学校を早退するのも一つの手ですよ。

オススメ事前に先生に伝えておくこと。

早ければ早い方が良いですね。

事前に話を通しておけば、すんなり早退できますよ。

理由は「家族の用事」と言っておけば、それ以上は聞いてこないでしょう。

深く聞かれたら「祖母に会いに行く、宗教的な理由」などでもOKです。

学校を早退するのは悪いことではありません。

「買いたかったゲームの販売開始日!」

「なかなか手に入らないライブのチケットを入手したけれど、予約は平日。学校帰りじゃ間に合わない!」

このようなサボりの理由は、冗談でも先生には言えませんよね。

しっかりと事前に理由を考えておきましょう。

広告

学校を1日だけ早退して休む言い訳で一番バレないのは?

学校早退理由の定番中の定番である「仮病」ですが、最もバレないにくい体調不良の理由って何だと思いますか?

それは「頭痛」「腹痛」が効果的。

「熱っぽい」の場合、まずは保健室に行くことを促されます。

そして、保健室で熱を測って、発熱がなければ教室に返され、早退できないこともあり得ます。

「足が痛い、腕が痛い」などは運動部の部活動は休めても、早退するのは難しいかもしれませんね。

一方、「頭痛」「腹痛」は他人には痛さ具合がわかりづらく、発熱がなくても不自然ではありません。

さらに、頭痛や腹痛は風邪や発熱の前兆と考え、早退するようにすすめられるでしょう。

「仮病」であれば、「頭痛」「腹痛」が最も怪しまれることなく使える理由かもしれません。

広告

学校を早退して1日休むのに精神的な理由は使える?

身体が不調な原因には、精神的な理由で体調が悪いということも考えられるでしょう。

精神的な理由の場合、その日は周りの先生方も心配して早退させてくれるかもしれません。

しかし、翌日以降、精神的な理由で休んだというような面影もなく、すっかり元気に過ごしていたとしても、先生は目をかけてくれています。

そして、後日少なからずとも、先生から何か事情を聞かれ、話し合う時間が設けられるでしょう。

その時、上手く話しを切り抜けたと思っても、嘘がバレることも考えられます。

そんなことから、学校をサボりで早退するには「精神的な理由」はおすすめいたしません。

広告

学校を早退する(サボる)理由で仮病以外に良い言い訳ってある?

「仮病って意外に面倒かも」と感じる人も少なくありません。

では仮病以外に良い言い訳は何があるのでしょうか。

本人が銀行に行かなくてはならない!

本人名義の口座があれば、大学生になり一人暮らしをする場合にも「出金・入金」するのに便利です。

そのため、高校生にもなれば親が本人名義の口座を作る家庭もあります。

しかしながら、銀行の窓口は平日の午後3時に閉まります。

しかも、本人が行かなければ本人名義の口座を作ることはできません。

「今日は親と一緒に銀行に行かなければならないので、早退させてください。」と言ってみましょう。

銀行口座を作るという理由なら、よほど大切なテストなどがない限り先生も了承してくれるはずですよ。

通院している病院に行く

誰しも何かしらの持病を持っているのではないでしょうか?

いつもなら放課後に通院しているものの、放課後の時間は混みあっていて、なかなか予約がとれないということもあり得るでしょう。

持病であれば定期的な診察も必要ですよね。

通常、病院の予約は前もっておこなっていて、前日までにわかっていることがほとんど。

何日の何時に早退したいのかを前日までに先生に伝えると効果的です。

ただし、病院は正午から午後3時ぐらいまで休診のこともあるので、時間設定には注意しましょう。

広告

学校を早退(サボる)のが先生にバレたときの対処法は?

学校を早退(サボる)のがバレた時あなたはどうしますか?

「ライブに行く」や「ゲームを買いに行く」など、本当に知られたくないことがバレてしまった時どうしますか?

色々言い訳をしたいところですが、言い訳をしたところで嘘は見抜かれます。

素直に認め、謝るしか方法はないでしょう。

自分の道理を通そうとして大声を出したり、悪い態度をとってしまったりでは、さらに状況は悪化します。

そもそも、本当ではない理由で学校をサボるのは、周りの人々をだましているということ。

それがバレた時、あなたに対する周囲の目は厳しくなり、評価・印象が悪くなるのは拭えません。

学校早退でサボって得るもの、サボりがバレて失うものは想像できるでしょう。

それでも、どうしてもサボりたいときは、バレることを承知で、バレた時どうなるかもよく考えて行動してください。

広告

当日に学校を確実に早退する方法5選!

当日に学校を確実に早退するにはどうしたら良いのでしょうか。

用があって学校を早退することもありますよね。

ぜひ参考にしてみましょう。

「事前に気分が悪いから早退するかもしれない」と先生に伝えてく

気分が悪いや体調が悪いと伝えるか、親に電話を繋げてもらい早退させてもらうなどちゃんとした理由を担任の先生に伝えて早退するのが一番めんどくさくない方法だと思います。

理由としては嘘をついてもバレます。

次から本当に体調不良だった場合に嘘と判断されるかもしれません。

人に嘘をつく事は悪い事です、嘘をつき自分の理由でどんだけの大人、先生が動いてくれるか1人の生徒だけではないので周りの人に迷惑をかける自覚をしましょう。

腹痛で早退した経験があります。

腹痛で早退したことあります。

これは実際に私が欠席・早退として何度かしたやり方です。

腹痛であれば、痛いかどうかは本人にしかわからず、周りにはバレません。

仮病が熱であれば、体温計でわかってしまいます。

まず、登校してすぐ保健室に行きます。

痛がってるようにし、腹痛で気分も悪いので少し休みたいと伝えます。

食欲不振・寝不足ということも伝えてみるのもありです。

休んでも痛みが治らなかったことにすれば大抵帰ることができます。

身内の事情を理由に早退!

私は以前、「お婆ちゃんが畑をしているのですが、畑仕事中に転けて腰とお尻を強く打ったらしく、仕事で行けない父と母の代わりに病院へ付き添って欲しいと言われた」という理由で早退をした事があります。

「家族の誰かが亡くなった」という理由で早退するという話もよく聞きますが、少し無理がある理由なので怪我した程度の軽い物の方がいいと思います。

先生からの同情を誘うような理由にすると、先生も止めにくく、早退しやすいのではないかと思います。

また、突然連絡が来て行かなければならないという急用感を出す為、何時間目までかは普通に過ごし、授業が終わったタイミングで焦るように先生へ話に行くのもポイントだったと思います。

やはり体調が悪いと言うのが一番!

学校にも寄ると思いますが、一番通用するのが、体調が悪い、歯が痛い、めまいがするなどの理由だと思います。

理由によっては本人だけでなく、他者への影響も考えるようになったので、少しでも体調が悪いと帰宅しやすいと思います。また一番確実だと思います。

お腹が痛いや、頭が痛いなどはよくある定番の早退方法なので、歯が痛い、疼く、少しフラフラする、気持ち悪いなど少しマイナーな症状を伝えると、より早退しやすいと思います。

歯が痛いと言って早退したことあります

歯が痛いということで、早退することが可能です。

これは頭痛や発熱、下痢などの体調不良と違い、他の生徒に感染する危険性がなく、翌日から普通に登校しても問題ない理由から、おすすめです。

また、歯が痛いと耐えられないほど苦痛で、緊急性も高いことから、早退が認められる可能性が高まります。

歯の痛みは昨今、危険度が高いと認識されています。

歯の痛みが実は、脳など重要な部分に関連している可能性があると広く認識されています。

そのため「歯が痛いくらいで、早退なんて」などと言う先生は、いないでしょう。

広告

学校の早退を親には内緒する方法5選!

学校を早退したことを親に知られたくないこともありますよね。

では、どうしたら良いのでしょうか。

下記の意見を参考してみましょう。

先生に事前に伝えておけば親に連絡はいかないことが多い!

病院の受診があると伝えるかあらかじめ自分で連絡ノートなどに早退するように書く、生理痛がひどく早退するなど伝えれば親にバレず早退する事ができると思います。

学校によっては確認の連絡を入れられる事はありますが

病院の受診があるとあらかじめ伝えていれば親に電話での確認をされる事はないと思います。

2つ目の自分で連絡ノートを書く事に関しては何も疑いなく読まれると思います。

3つ目生理痛がひどく早退です。

いつ誰が生理になるかなんか分かりません。

生理痛も人それぞれ痛みの感じ方や痛みは違うと思います。

先生に帰宅後に一報入れておくのがオススメ!

「無事に帰宅した」という一報を、自ら先生に入れることです。

学校が両親に連絡する理由は、早退して帰宅時にトラブルに巻き込まれたりする可能性があるからです。

通常時と違い、早退時はトラブルに巻き込まれた場合、それを発見するタイミングが遅れてしまう可能性があります。

しかし、「両親は仕事」などの理由を、早退時に事前に伝えることで、先生から親に連絡がいく可能性を低くすることができます。

親は自宅に居ないということを事前に伝えておく

欠席であれば自分で欠席連絡したとしても親に連絡行くことは基本ないですが、早退だと、親に連絡が行くことが多いと思われます。

仕事の有無関係なく、体調不良・迎えに来れるかどうかの連絡がいきバレてしまいます。

その場合は、親戚が危篤状態などという早退の仕方の方が、親に連絡がいかない可能性が高まります。

もしくは「家族が誰も迎えに行けないので、1人で帰れます。」と伝えても通る場合があります。

私はそれで早退の連絡が家族にいきませんでした。

親にその日の出来事を説明しておく

いつも帰宅する時間帯くらいに家に帰るようにし、もしお弁当があるならばしっかりとお弁当も食べます。

あくまでもちゃんと通学していたよという風を装わなければならないです。

なので、普段から親に学校での出来事を話しているような人であれば、「今日学校でこんな事があってねー」と、捏造でもいいので話すようにした方がいいと思います。

もし部活で運動部などをされているようであれば、どこかで体操服に着替えたり、少し動いて汗をかいてから家に帰るようにするとよりバレずに済むかもしれませんね。

学校によりますが早退なら連絡しないことも多い

いまはアプリなどで出欠席を確認できることが多いです。

もしくは欠席、遅刻、早退をすると自動で親に通知のメールが来る場合も多いので、難しいのではないかと思います。

そのような通知の連絡が来ない学校であれば、いつも通りの時間に帰る、お弁当などがあれば食べて空にしておく、部活があるお子さんは使用済みに見えるユニフォームをきちんと洗濯に出すなど、帰宅後はいつも通りのルーティンをすることが一番だと思います。

ただ、個人的には1、2回は通用しても頻繁な早退は難しいと思います。

広告

学校を早退する理由に「病院行くから早退」は嘘だとバレる?

学校を早退する理由に「病院行くから早退する」は嘘だとバレるのでしょうか。

意見を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみましょう。

事前に病院に行くことを伝えておきましょう!

病院を理由に早退する場合、嘘だとバレる可能性は低いです。

身体に関わることはプライバシーに関わることで、センシティブな内容です。

もちろん身体に何か問題があり、学校生活が困難な場合、先生や学校側に伝えることが多いでしょう。

しかし、まだ疑念や検査の段階では、学校側に伝えないこともあります。

診察や検査の予約と伝えると、より深刻さは増し、嘘だとはバレにくくなりそうです。

特に女性なら、生理関係や女性ならではの病気の可能性もあります。

特に対処するのが男性の先生の場合は、より慎重になるはずです。

学校に規定によるが診断書を提出させられるケースもある

嘘かバレるかどうかは、学校の規定によります。

公欠の証明として、病院の診断書の提出が必要な場合があります。

その場合は、病院を受診しなければなりませんので、病院に行かなかったことが最終的にバレてしまいます。

しかし、診断書などの提出の必要がない場合や、提出しなければただの欠席になるだけの場合であれば嘘だとバレないと思われます。

「診断書をもらうのを忘れてしまった」「診断書をなくしてしまった」で通してくれるのであれば良いと思います。

先生に伝えるタイミングが大事!

私は実際に、本当に眼科へ行く為に「病院へ行くから」という理由で早退しなければいけない事があったのですが

とても先生から疑われました。

本当に眼科へ行くのか、サボりじゃないのか、どこの眼科へ行くのかなどをしつこく聞かれた上、最終的には親からの許可は得ているのかと、親に連絡して確認された事があります。

なので先生や言うタイミング、仮病の内容などによってはこのように疑われて親に連絡されるかもしれないので、仮病での早退は正直グレーゾーンです。

曜日や時間帯によってはバレる可能性も高い

曜日や時間帯によっては嘘だとばれると思います。

その理由は、ほとんどの病院は、水曜または特に木曜が休診になることがとても多いです。

またお昼頃12:00から15時あたりは、休憩でお休みになっている病院も多いので、わたしが担任であれば、お昼頃の早退はあやしいかな、と疑うと思います。

よほどの大学病院の予約でない限り、学校が終わってからの受診で間に合うと考えてしまうので、基本的には難しいか、疑われやすいと思います。

病院であればバレる可能性は少ない!

病院を理由に早退する場合、嘘だとバレる可能性は低いです。

身体に関わることはプライバシーに関わることで、センシティブな内容です。

もちろん身体に何か問題があり、学校生活が困難な場合、先生や学校側に伝えることが多いでしょう。

しかし、まだ疑念や検査の段階では、学校側に伝えないこともあります。

診察や検査の予約と伝えると、より深刻さは増し、嘘だとはバレにくくなりそうです。

特に女性なら、生理関係や女性ならではの病気の可能性もあります。

特に対処するのが男性の先生の場合は、より慎重になるはずです。

広告

学校を早退する理由に「家庭の事情」は通用しない?

学校の早退理由に家庭の事情は通用しないのでしょうか。

色々な人から意見を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみましょう。

家庭の事情は比較的に使える理由です!

家庭の事情は、早退する理由としてかなり使えます。

例えば、家族の病院や用事に付き添うなどの理由ならば、本人ではなくて、家族のプライバシーの問題です。

学校側もあまり積極的には、首を突っ込んでこないでしょう。

また、家庭によっては両親の離婚や親戚との関係など、複雑な場合も多いです。

無理に干渉してくるようなことは、あまり考えられません。

ただ、家庭の事情の説明として、身内の不幸や祖父母のお見舞いなどは控えましょう。

実際その場面になった際、信じてもらえない可能性があります。

内容次第で早退する理由に使えます!

家庭の事情での早退は、内容によって使えます。

「家庭の事情で早退したい」というだけで通れば1番ありがたいです。

厄介なのは、「どんな理由なのか」言わなければならなくて「その理由で早退が認められるかどうか」です。

親戚が危篤状態などの緊急を要する場合では、早退が認められると思います。

(3等親以内はバレる可能性があるので、使わない方があとあと良いです)

あらかじめ学校に伝えておけば、家族旅行での早退も認められるかもしれません。

先生も深堀しませんが逆に保護者に連絡する人もいる!

家庭の事情と一口にいってもいろんな理由があるので、きっと先生はそこを深掘りしてこようとするでしょう。

先程私が言ったように、家族へ電話して真実かどうか確認される場合も考えられます。

なので、家庭の事情とだけいうのはあまり使えないかと思います。

ただ、その家庭の事情の細かい所まで嘘を考えられるような人であれば、それでもいいかとは思いますが

嘘を長くつき続ける程、話の内容が矛盾していったりして先生からつっこまれてバレるような事態にもなりうると思うので、極力使わない方がいいのではと思います。

あなたの日頃の学校での生活態度次第でしょう!

普段の生活態度から、真面目な信用ある生徒なら使えるかもしれません。

ですが、基本はそういう生徒さんは親のサインか連絡をきちんと入れていると思うので、少し難しいと思います。

ただ、わたしの知り合いはよく「体調が悪い」と言って急に早退していましたが、みんな言わなくても、遊びに行くんだろうなと感じてはいました。

家庭の事情で、下の弟や妹が具合悪くて、親が仕事で出張中なのでお迎えに行く、夜からお葬式があるなどなら、使えるかなと思います。

理由によって家庭の事情は通用する!

家庭の事情は、早退する理由としてかなり使えます。

例えば、家族の病院や用事に付き添うなどの理由ならば、本人ではなくて、家族のプライバシーの問題です。

学校側もあまり積極的には、首を突っ込んでこないでしょう。

また、家庭によっては両親の離婚や親戚との関係など、複雑な場合も多いです。

無理に干渉してくるようなことは、あまり考えられません。

ただ、家庭の事情の説明として、身内の不幸や祖父母のお見舞いなどは控えましょう。

実際その場面になった際、信じてもらえない可能性があります。

文章のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました