友達幼稚でうざい対処法5選!精神年齢合わない低い人対策を

友人(友達)

友達の中に「この人、ちょっと精神的に幼いな・・・未熟だな・・・・」と思う事ってありますよね。

でも、友達だからこそ今後の付き合いも考えてしまうものです。

では、友達が幼稚でうざいときの対処法はどうしたら良いのでしょうか?

お悩みを解決していきましょう。

広告

友達幼稚でうざい対処法5選!精神年齢合わない低い人へ対策しよう

友達が幼稚でうざいときの対処法はあるのでしょうか。

友達だからこそ付き合い方に悩みますよね。

友達の性格が幼稚でうざい時の対処法はいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

自分のペースで会話をするようにする

幼稚な性格の友達がうっとおしい理由は、相手に会話の主導権を委ねているからです。

相手のペースで話していると、会話自体がどうしても相手の性格に委ねた話題、ノリになってしまいます。

無理をしてでも相手を自分のペースに持ち込み、自分から会話を主導していくことで、相手の性格面での難点が見えにくくなり、結果的にいい付き合い方が出来るようになります。

会話を打ち切る

嫌な話題、嫌なノリになってしまったら思い切って会話を打ち切るようにするというのも一つの方法です。

友達同士の会話ですから、不快に思ったときに無理して付き合う必要はありません。

会話を打ち切りましょう。

レベルを合わせる。

もし友達が甘えん坊で自己中、ワガママで不快だったとしたら、遠慮することはありません。

相手がそんなつもりで自分と付き合っている以上、自分もレベルを合わせて同じくらいの付き合い方をしてもいいはずです。

むしろ、気兼ねなく相手と付き合うことが出来るチャンスかもしれません。

縁を切る(もしくは距離を置く)

どうしても「合わないな・・・」と思う友人と一緒にいるとストレスに感じてしまい、疲れてしまいます。

縁を切るというのも選択肢の一つとして考えておきましょう。

もしくは合う頻度を減らすというのも方法の一つですよ。

喧嘩覚悟で説教する

友達の性格が幼稚で「甘えん坊、かまってちゃん、自己中、ワガママ」などで、付き合い方に悩んでいる人も多いです。

そこで、喧嘩覚悟で説教しましょう。

相手の行動や言動を改善させるのです。

「そういうのは止めた方が良い」と叱りましょう。

相手を叱るのは本当の友情があるからです。

広告

友達が幼稚で精神年齢が合わないときみんなどうしてる?

友達が幼稚で精神年齢が合わないときみんなどうしてるのでしょうか。

気になりますよね。

友達が幼稚で精神年齢が合わない時は、通常は3通りの反応に分かれます。

友達の性格を変える

友達だからこそ、お互いに成長し高めあいたい。

そんな熱い気持ちを持っている人は友達の性格を変えようと働きかけます。

そこには衝突もあるかもしれません。

気まずい思いをするかもしれません。

ですが、辛い時間を乗り越えた先にはまた違った親友としての付き合いが待っています。

精神的に強い方はこのような反応をすることが多いです。

無視して付き合う

相手は相手、自分は自分。

そんな割り切った付き合い方が出来る人は、友達の難点は無視して付き合います。

友達だからこそ、相手の性格には干渉しない。

たとえワガママだろうと、自己中だろうと、友達は友達。

気持ちが優しくて理性的な人はこの反応をすることが多いです。

友達をやめる

例え友達だろうと、我慢できないことは我慢できない。

そういった思いが高まって、友達をやめてしまう人もいます。

上昇心に溢れて、常に自分をいい環境に置こうと思っている大人びた方はこの反応をすることが多いです。

広告

精神年齢が低い人を嫌い(不快)に感じる人って多い?

精神年齢が低い人を嫌い(不快)に感じる人って多いのでしょうか。

結論から言えば、多いです。

たいていの人は、精神年齢が低い人に対して「欠点を除けばいい奴だしな……」「自分も幼稚なところあるしな……」など考えて自分を納得させています。

ですので、精神年齢が低い人を不快に感じている人は相当多いです。

ただ、表に出さないだけなのです。声に出して「あなたのことが嫌いです」と表明すること自体、精神年齢が低い行いと言えるので、ある意味で当然と言えます。

広告

幼稚でうざい友達と上手に付き合っていく方法は?

性格、ふるまいというのは、その人の表層です。

その人を作る一要素です。

ですから、より深く付き合っていけば、「この人は精神年齢が低いけれど、素晴らしい長所を持っている」と思える時が必ず来ます。

もし、そう思うことが出来れば、ちょっとした会話やふるまいで壊れることのない、強固な絆が産まれます。

思い切って、相手に近付いてしまいましょう。

広告

友達が幼稚でうざいときの上手な離れ方は?

友達が幼稚でうざいときの上手な離れ方はどうしたら良いのでしょうか。

どうしても友達が幼稚でうざくて、これ以上付き合っていけないと思ってしまった場合は、少しずつ接点を減らしていきましょう。

急に接点を断ってしまうと、幼稚な性格の人は後先考えず幼稚な手段に出る可能性があります。

しかし、幼稚な性格ゆえに、「避けられはじめている」ということには鈍感で、気づかないことが多いです。

そうして少しずつ距離を離すことで、自分にとってその人とのいい距離感に収まることが出来ます。

広告

精神年齢が低く幼稚な友達は変わるの?

精神年齢が低く幼稚な友達は変わるのでしょうか。

やはり今後も付き合っていくのであれば、このままというわけにはいきませんよね。

友達にも変わってほしいものです。

幼稚な性格の人は、自分のノリが否定される経験があまりありません。

ですから、相手の顔色をうかがうことなく好き放題に喋ってしまうのです。

ですから、「私はそういうノリが嫌」と言外に伝えることで、「これじゃダメなんだ」と変わってくれることは十分にあります。

大事なのは、「この人は幼稚な性格なんだ」と決めつけてしまわない事です。

付き合いを続けていく中で、やがて並び立ち、お互い対等な友達として接しあえる時がいずれ来るでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました