友達と喧嘩してうざい対処法5選!相手が悪い時は縁切る?

友人(友達)

喧嘩した後に謝罪はしたものの、相手の怒りが収まらず根に持っていてなんかうざいなと感じる人もいるのではないでしょうか。

事実、友達と喧嘩してしまい、謝罪はしたが、相手は怒りが収まらずネチネチと根に持ってきて、「友達がうざい」と悩んでいる人も多い。

そのようなときはどのように対処すればいいのでしょうか?

ここでは、友達と喧嘩してうざいときの対処法について紹介しています。

広告

友達と喧嘩してうざい対処法5選!

友達と喧嘩してうざいと思うときもありますよね。

そこで、対処法はいくつか存在します。

ぜひ参考にしてみましょう。

友達に謝る

仲直りできるなら謝るのが一番です。

でも、無理そうならとりあえず、自分と友達の気持ちが落ち着くまでは、あまり関わらないほうが良いかもしれません。

ほとぼりが冷めたくらいにまた連絡してみましょう。

いくら仲がいい友達でも些細なことから喧嘩してしまうことはありますよね。

その後、謝罪してお互いが後腐れなく過ごしていき、更にお互いを理解した友人関係に戻れます。

日を改めて再度謝罪する

まずは謝って許してくれなければ、一週間以内に日を改めて謝りましょう。

もし許してくれないならちょっと距離を置きましょう。

友達なら喧嘩することもあります。

それでも続くのが本当の友達です。

もし喧嘩して疎遠になるならその程度の友情だったということなんですよ。

喧嘩の原因について話し合う

まず一番いいのは、もう一度きちんと喧嘩した原因について話し合うことです。

一度謝罪したので必要ないのではと思われるかもしれませんが、相手の怒りが収まらないということは相手の中で完全に腑に落ちないで納得できていないということです。

たとえ納得しようと思っても腹に落ちてないのでなかなかできないという状況なのです。

そしてもう一度話し合うときに気を付けることは、ただ単に何回も謝罪するのではなく、喧嘩した原因を掘り下げて考えることです。

謝ったうえで話し合う

謝ったうえで、話し合いを設け、喧嘩の原因を突き止めていきましょう。

例えば、喧嘩をしたきっかけが乱暴な言葉遣いだったとします。

謝罪する側は、言葉遣いが乱暴だったことを謝ります。

それがきっかけで喧嘩しているわけですからね。

謝罪された側ももちろん言葉遣いが喧嘩の原因だと思っていますから、その場では謝罪を受け入れて普段の生活に戻ります。

気持ちが落ち着くまで距離を置く

少しの間、距離を置くのもオススメです。

しこりが残ったまま友達関係を続けると、また喧嘩になりますからね。

喧嘩したということは、お互いに言い分があるという事なので、気持ちが落ち着くまでは距離を置くのが良いと思いますよ。

時間が経つお互いに冷静になって、元の友達関係に戻りたいと思うものですよ。

そしたらまた連絡してみましょう。

広告

友達と喧嘩して相手が悪いときは謝罪を待つべき?

友達と喧嘩して相手が悪いときは謝罪を待つべきなのでしょうか。

喧嘩をしたときに相手が悪いときは自分から謝罪したくはないですよね。

そのときは相手が謝罪してくるのを待つべきなのでしょうか。

相手が明らかに悪いときは待つべきです。

明らかに相手が悪いのに、こちらから謝罪を要求しなければいけないのは、そもそも人としての配慮が足りませんよね。

自分が悪いと分かっているのに全然謝らない人は距離を取ってもいい人です。

あなたも平然とふつうに振る舞うのではなく、怒っているということを醸し出しながら過ごすといいでしょう。

しかし、中にはお互いの認識のずれがある場合があります。

あなたは相手が悪いと思っているけど、相手は自分が悪いと思っていなかったり、そもそもあなたが機嫌を損ねていることに気づいていないということもあります。

こういう場合は、「こういうことが嫌だった」と自分からきちんと伝えるということも今後を考えるととても大切なことです。

広告

友達と喧嘩して自分が悪いときは許されるまで謝るべき?

友達と喧嘩して自分が悪いときは許されるまで謝るべきなのでしょうか。

結論から言えば、逆に自分が悪いときは、まず真剣に謝罪しましょう。

何が悪かったか、いまどう思っているかなど誠心誠意謝るべきです。

そして言葉で何度も謝るのではなく、きちんと行動で表しましょう。

謝罪もしてもらったしいいかなと思うと、また何かモヤモヤしたりイライラしたりしてまた喧嘩に発展してしまいます。

実はこの場合は、言葉遣いが根本の原因ではなく、その人の自分を見下す心が本当の根本の原因だったりするのです。

相手の自分を見下す心が改善されない限り、またイライラして喧嘩に発展してしまいます。

だから、もう一度話し合うときは表面上の喧嘩の原因ではなく、本当の原因を自分でも意識しながら話し合うといいですよ。

喧嘩の原因となったことはもうしないと思いますが、相手を想う心であったり行動を積極的にしていきましょう。

そうすれば相手も心から許してくれるはずです。

広告

友達と喧嘩してうざいときは縁切るのも一つの手?

喧嘩してうざいときは縁を切ることもあり得るのでしょうか。

これはあり得ます。

自分にとってどうしようもなく許せないことがある場合は、縁を切るのも一つです。

ただ、それは最終手段で、どうしようもなくなったときです。

喧嘩になる原因は、ミスか心の問題かどちらかです。

ミスの場合は謝罪してもらえばだいたい許せます。

心はお互い通じている状態ですからね。

しかし、心や考え方のずれは重大です。

きちんとお互いが何が良くて何か嫌なのかを日ごろの中で話し合ったり意識し合うことが大切です。

どうしても自分が嫌なのに、相手も譲れないということもあります。

そのことがとてもお互いにとって重大なことであった場合、縁を切ることも考えられます。

広告

友達と喧嘩して戻れないときの仲直り方法は?

友達と喧嘩して元通りに戻りたいけど戻れないときは、どのように仲直りすればいいのでしょうか。

相手が怒ってしまっていてなかなか戻れないというときは、一度自分から少し距離を取るといいです。

どうしてもイライラするときはしますし、あなたを見ると思い出してしまうこともあります。

これは仕方がないことですので、自分から少し距離をおき、また時間が経って頃合いを見て話しかけたり関係の修復を試みるといいですよ。

もし距離を置いたことで疎遠になるような関係であれば、相手にとっても自分にとってもその程度の存在だったということになります。

自分と相手にとって価値のある人間関係を構築していきましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました