友達と喧嘩別れ冷却期間の乗り越え方8選!戻れないときは?

友人(友達)

友達と些細なことで喧嘩になり、少し距離を置いて冷却期間を設けるのが良い時もありますよね。

実際に、仲良い友人と口論になり、お互いに怒りが収まっておらず、少し距離を置いて冷静になったら仲直りしたいと考える人も多い。

では、友人関係が険悪になった後、冷却期間の乗り越え方はどうすべきか?

お悩みを解消していきましょう。

広告

友達と喧嘩別れ冷却期間の乗り越え方8選!

友達と喧嘩したら早くなんとかしたいという気持ちもあるでしょう。

その期間って意外と苦痛で、気分も悪いですよね。

でも、焦りはNGです。

冷却期間の乗り越え方として例をいくつかご紹介いたします。

他の友達と遊ぶ

友達と冷却期間を置いているのであれば、他の友人たちと交友を持ちましょう。

距離を置いている最中に無理やり、連絡をとっても火に油を注ぐだけの場合もありますからね。

学校や職場、趣味などで会っている人を誘ってみるのも良いでしょう。

他の人達との交友も大事にすることで、もっと広い視野で物事を見ることができますよ。

共通の友人に頼む

冷却期間(距離を置いている)ときは相手と連絡しにくいですよね。

そこで、共通の友人などがいれば、相手の近況などを聞いてみましょう。

また、あなたと友人との架け橋になってくれる場合もありますよ。

二人では遊びにくくても、共通の友人を介して3人以上であれば、また一緒に遊ぶ機会が来るかもしれません。

普段と変わらない生活を淡々と過ごす

いろいろ考えてしまうと、憂鬱になってきてしまうので、普段と変わらない生活をそのまま行うと良いでしょう。

わざと、忙しくしてみたり、予定を入れてみたりするのも良いですよ。

気が紛れるので冷却期間もあっという間に過ぎ去ります。

喧嘩した原因などもう一度考え直してみる。

なんで喧嘩してしまったのか、どう言うところがいけなかったのかなど、自分の中でもう一度整理してみるのも良いでしょう。

友達のことも含め考えていると、解決策が見つかったりすることもありますよ。

同じような間違いをしないためにも、自分を見つめ直す時間としてとても良いです。

時間を置いてまた連絡する

冷却期間(距離を置く時間)は凡そ2カ月~3カ月くらいで充分でしょう。

その期間はお互いに連絡を取り合わないで、期間が過ぎたらこちらから連絡してみましょう。

内容は「会って話したいこともあるし、久しぶりにご飯でも行かない?」などで良いでしょう。

もし相手が拒否して来たら相手はまだあなたに対しての怒りが収まっていないということになります。

ですが、2カ月~3カ月経ってもまだ相手が怒っているようであれば、もうあなたから連絡するのは止めた方が良いでしょう。

相手はあなたと友人関係を継続する意思がないのです。

美味しいものを食べる

冷却期間でも、気分が落ち込んでいたら生活もままならなくなってしまいます。

ちょっとした気分転換のつもりで、美味しいものを食べたり、食べに行ったりするのが良いでしょう。

食べているときは、幸せな気持ちになれ、気分も晴れますよ。

山登りやハイキングをする

自然の中を歩くことで、気持ちもスッキリすることもありますよ。

冷静に自分と友達のことを見直すことができるようになります。

冷却期間はお互いの仲を戻すためにも大事な期間です。

落ち込んだ毎日では勿体無いので、ポジティブに生活できるようにしましょう。

いっそ諦める

いっそ友人関係を諦めるのも方法の一つです。

友人が連絡を取り合わなかったり、時間を設けてくれないのであれば、相手にとってはあなたはそこまで連絡を取りたい相手でも無いということです。

あなたの一方通行になってしまうのであれば、あなたとの友人関係を大切にしてくれる人達と時間を過ごした方が価値があるものになります。

いっそ諦めて他の友人との時間を大事にするのも良いでしょう。

広告

仲違いした友達とまた仲良くなった経験は誰にでもある?

仲違いした友達とまた仲良くなった経験は誰にでもあるのでしょうか。

結論から言えば、仲違いしてしまった友達と再び仲良くなったと言う経験は誰にでもあることです。

よく喧嘩するほど仲がいいと言われるぐらい、お互いの気持ちをはっきり言える仲は素晴らしいと思うのです。

喧嘩はお互いにとって良いものではないですが、でも、腹を割って話し合える仲というのは素敵ですよ。

お互いに理解でき、歩み寄ることができれば、たとえぶつかったとしてもまた元の鞘に収まるものです。

広告

友達と喧嘩別れした際の冷却期間はどれくらいがベスト?

友達と険悪になってしまった後、冷却期間はどれくらいがベストなのか?

人それぞれ、喧嘩の度合いにもよりますが、1か月~長くて3カ月ぐらいがベストでしょう。

あまり短過ぎても、長過ぎてもかえって逆効果になってしまうこともあります。

短い期間では、まだ怒りが収まっていないと言うこともありますよ。

逆に長すぎると、仲直りしたくてもタイミングを逃してしまい、コンタクトしづらくなってしまうと言うこともあります。

冷却期間は大事ですが、こうでなくてはいけないと言うことはないので、お互いの様子を伺いながら、コンタクトしてみるようにしましょう。

冷却期間の例の目安

お互いに誤解して喧嘩してしまった場合 : 3日〜10日間

お互いに譲れない意見の食い違いによる喧嘩の場合: 2週間〜2カ月間

相手が悪い場合の喧嘩: 1週間~2カ月ほど

相手がカッとなりやすい性格の人と喧嘩してしまった時 : 1週間〜2カ月、3カ月間

上記のような感じです。

でも、この日数はあくまで目安です。

自分のタイミングで、この時かなと言う時に連絡してみるようにしてくださいね。

広告

友達と喧嘩した際に自分が悪いときの謝り方は?

友達と喧嘩した時に、明らかに自分が悪いと思ったら、どのように謝るのが良いのでしょうか。

あまり、しつこく言うのではなく、単刀直入に言うようにするのが良いですよ。

「言い過ぎてごめん。私が悪かったです。ほんとうにごめんなさい。」と言うような感じで謝ると良いでしょう。

謝るときは、なるべく早めにすると良いですよ。

できれば直接あって言うのが一番良い方法です。

顔を合わせることで、気持ちも良く伝わりやすくなります。

必ず自分自身の言葉で直接言うようにしてくださいね。

直接会うのが難しい時は、電話やLINE、メールなども良いでしょう。

自分にとって、一番ベストな方法を選んで謝るようにしてください。

広告

友達と喧嘩した際に相手が悪いときはどうする?

友達と喧嘩した際に相手に非があるときはどうすれば良いのでしょうか。

相手が悪いとわかっているときは、待てるのであればしばらく様子を見て待ちましょう。

相手からごめんと言ってくれることもありますよ。

でも、待っていてもなかなかその気配が感じられない時は、こちらから、この間は言い過ぎてごめんと謝ってみるのも良いでしょう。

相手も、悪かったと思っていても、タイミングを逃していたり、コンタクトしづらかったりしていることもあります。

こちらから謝ることできっかけを作ってあげれば、言いやすくなることもありますよ。

広告

友達と喧嘩別れして冷却期間を置いた後に何てラインしたら良い?

しばらく冷却期間をとった後、なんてラインしようか悩んだりしたことってありますよね。

期間が長いと気まずくなってしまうこともありますよね。

「その後元気にしている?この間の喧嘩のことが気になっていて。ほんとごめん。仲直りできたら嬉しいな」と言うような感じでラインしてみるのも良いでしょう。

絶対に相手を傷つけたり批判するような内容は書いてはダメですよ。

「直接会って謝りたいから時間取れるかな?いつが空いてる?」と言うようなメッセージも良いでしょう。

相手を気遣う言葉も忘れずに、そして謝ってまた元の友達に戻りたいことを伝えるようにしましょう。

広告

喧嘩別れした友達とまた再会したときの接し方は?

喧嘩別れした友達とまた再会したときの接し方はどうしたら良いのでしょうか。

喧嘩別れをしてしまった友達と再会しても、どことなくぎこちなかったり、どのように接すれば良いのかって悩んだりもしますよね。

ですが、喧嘩する前の状態のように、普通に接すれば良いのです。

変に意識してしまうと、どことなくぎこちなくなってしまいうまく喋れないこともありますよ。

でも、無理は禁物です。

無理してまで前のような接し方にする必要はありません。

また再会できたことが嬉しいと言うことを伝えるのも良いでしょう。

何か共通の話題をしてみて、そこから自然な流れに持っていくのも手ですよ。

変に勘繰るのもやめましょう。

もしかしたら、まだ怒っているかもしれないとか、あのことが許せないかもとか。

いろいろなことを考えて接してしまうと、その気持ちが相手にも伝わってしまいますよ。

仮に、もしぎこちない感じが治らない時、もう一度「あの時は、ほんとごめん。こうしてまた再会できて嬉しい」と言う気持ちを伝えてみるのも良いでしょう。

「私の悪い点や気になっていることがあったら言ってね。できるだけ直すようにするから。」と言う言葉も良いかもしれません。

歩み寄る姿勢が大切です。

たわいもない会話から入ってみてくださいね。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました