友達が悪口ばかり言う対処法5選!聞きたくない対策は簡単!

友人(友達)

いつも誰かの悪口や環境への不平不満ばかり言う人っていますよね。

正直、聞いていて不愉快になるものです。

事実、友人が人の悪口ばかり言う性格で、正直、聞きたくもないし、付き合いきれないと悩んでいる人も多い。

では、友達が悪口ばかり言う場合の対処法や接し方はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達が悪口ばかり言う対処法5選!

悪口ばかり言う友達ってどこにでもいますよね。

そして、悪口ばかり言う友達と一緒にいると疲れたり、嫌な気持ちになったりしてしまいますよね。

ここでは、友達が悪口ばかり言うときの対処法をつ紹介します。

悪口ばかり言う友達に注意する

この方法は、悪口ばかり言う友達に「悪口やめたほうがいいよ」と直接注意してあげる方法です。

たいてい、悪口ばかり言っている本人は、自分の発言が周りにどのような影響を与えているかを考えていません。

ただ、自分が嫌なことをそのまま口から発しているのです。

ちゃんと正してあげましょう。

優しく諭す

悪口ばかり言う友達に対しては、簡潔に注意してあげるといいでしょう。

なるべく言い方は優しくがポイント!

「悪口ばっかりだと、幸福が逃げちゃうぞ~」などでもOKです。

あなたが不快になっていることを知ってもらい迷う。

やめたほうが良いということだけでなく、悪口を言うことによってどれだけ周りが嫌な気持ちになるのかについても教えてあげましょう。

優しく諭してあげる

悪口ばかり言う友人を優しく諭してあげましょう。

例えば「悪口ばかり言うと運気が逃げちゃうよ」とか「あんまり悪く言うものじゃないよ」など言ってあげましょう。

言い方ひとつで相手にもちゃんと伝わりますし、友達も分かってくれるでしょう。

強い口調で言って聞く相手と、反発する相手がいます。

喧嘩になりたくないのであれば、まずは優しい口調で諭してあげるのも良い方法でしょう。

「楽しい1日にしたい」と提案する

友人が悪口ばかり言うのであれば、軽く自分が不快に感じていることを伝えましょう。

そこで「一緒にいるんだから楽しい時間を過ごそうよ」などと言ってあげるのがオススメです。

あなたと楽しい時間を過ごしたいと伝えれば友人も「愚痴っぽくなって申し訳ない・・・」と感じることでしょう。

まずは不快に感じていることを知ってもらい、「楽しい時間、1日にしたい」と提案してあげましょう。

少しの間距離を置く

この方法は、悪口ばかり言う友達と物理的に距離を取る方法です。

物理的に距離をとる例として、一緒に行動することをやめたり、遊びに誘われても断ったりすることが挙げられます。

また、LINEなどの返信をしないことや、悪口ばかり言う本人のSNSをあまり見ないようにすることも良いでしょう。

今まで一緒にいたのに急に自分の友達から、このような行動を取られたら誰もがびっくりしますよね。

この方法は、悪口ばかり言う友達に対して、嫌な気持ちを行動で示して、悪口ばかり言う本人に自分自身の行動が良くないことに気づかせてあげられる可能性が高いです。

そして、気づいてもらったあとに直接言う方法を取ると、なお良いでしょう。

広告

友達の悪口話を聞きたくない時の対策は?

友達の悪口話を聞きなくない時、どのように逃げたら良いのでしょうか。

簡潔に言うと、他の話を自分からするのが良いでしょう。

悪口ばかり言う人は、それ以外に話したい話題がないから、悪口ばかり話すのです。

そのため、悪口ばかり言う友達と自分との共通の趣味や好きなものなどを見つけ、それに合った話題を自分から提供すれば、悪口を聞かずに済みます。

例えば、悪口ばかり言う人が悪口を少し話していたら、「そういえばさ、昨日の〇〇のテレビ見た!?」などと話し始めれば、話の流れを一気に変えることができるでしょう。

広告

悪口ばかり言う友達との上手な付き合い方は?

悪口ばかり言う友達と上手に付き合っていくには、どうしたら良いのでしょうか。

結論から言ってしまうと、仲良くなりすぎないということが重要です。

悪口ばかり言う友達と、親友レベルで仲良くなってしまうと、自分自身もどんどん悪口ばかり言う子の負のオーラに染められていってしまいます。

というのも、悪口を聞かされて嫌な思いをすることはもちろんですが、徐々に自分もその人が言う悪口に便乗して、人の悪口を言う人になってしまう可能性もあるのです。

そのため、悪口ばかり言う友達が話している悪口は、真剣に聞いたり意見を合わせたりせずに聞き流し、ある一定の距離を保つことが重要です。

広告

悪口ばかり言う友達の心理って?

悪口ばかり言う人の心理とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは悪口ばかり言う人の心理を紹介します。

参考にしてみましょう。

自分に自信を持ちたい

悪口ばかり言う人は、自分に自信がない場合が非常に多いです。

そのため、自分が持っていないものを持っている人を妬み、その人の悪口を言うことによって、「自分は強い」もしくは「自分は偉い」と言うことを自分に言い聞かせ、自分に自信を持とうとしているのです。

そして、悪口ばかり言う人は、誰かの悪口を言っていないと自分を保てなくなり、ひたすら悪口を言い続けてしまうのです。

悪口に共感してもらうことが楽しい

悪口ばかり言う人は、自分が言った悪口に共感してもらえた時が楽しくてたまらないのです。

例えば、「〇〇ちゃんってうざくない?」と言った際に、誰かが「わかる〜!」と共感したとしましょう。

その際に、悪口ばかり言う人は、共感してくれた人に対してとても意見が合って自分と仲良しであると思うことができます。

そして、友達同士で共通の人の悪口を言い合うことで、自分にはすごく気が合う友達がいて楽しい、と感じるのです。

簡単に言ってしまえば、人の悪口が友達とのコミュニケーションツールになっているということです。

疑心暗鬼で誰も信用できない

悪口を言う人の心理として、疑心暗鬼で誰も信用できない心理があります。

特に人に対しての悪口が多い場合はこのケースは当てはまるでしょう。

誰も信用できないから精神的に落ち着かず、すぐに相手を「敵」と認識してしまうので、悪口を言ってしまうのです。

常に四面楚歌になっている状況なので、敵対している人に対しての嫌悪感も強く、悪口ばかりになってしまいます。

我儘(わがまま)で自分の思い通りにしたい

我儘な性格の人は自分の思い通りにならないと、すぐに不平不満を述べてしまいます。

自分の思い通りにならないことが我慢ならず、それに対して悪口を言ってしまうのです。

「自分の思い通りにならない」ということを自分の中で我慢できず、消化もできないから友人に悪口を聞いてもらおうとするのです。

広告

悪口ばかり言う友達と上手に距離を置く方法は?

悪口ばかり言う友達と上手に距離を置く方法はどうしたら良いのでしょうか。

悪口ばかり言う友達と距離を取りたいけど、距離の取り方がわからない場合がありますよね。

ここでは、悪口ばかり言う人と上手に距離を取る方法を紹介します。

結論から言ってしまうと、徐々に段階を踏んで距離をとっていくことが重要です。

いきなり、LINEをブロックしたり、話さなくしたりするのはお勧めしません。いきなり距離を大幅にとってしまうと、距離をとった側が悪口ばかり言う人をいじめていると思われることもあります。

例えば、今まで毎日のように連絡をとっていたものを2日に1回に減らしたり、遊びの誘いも3回に1回は断ったりすることから始めましょう。

そして、徐々に連絡を返さなかったり遊びを断ったりする頻度を上げていきましょう。

このような行動をしていくうちに、距離をうまく置くことができ、とても仲が良い友達から挨拶をする程度の友達の関係に変化させることもできるでしょう。

広告

悪口ばかり言う人に友達が多いのはなぜ?

悪口ばかり言う人に友達が多いのはなぜでしょうか。

簡潔に言うと、薄っぺらい友情の友達はたくさんいるということです。

悪口ばかり言う人に仲がとても良かった友達がいたとしても、その友達は、悪口ばかり言う本人と距離を取るようになります。

また、元から仲がそこまで良くない友達は、悪口ばかり言う人ともっと仲良くしたいとは思いません。

そのため、悪口ばかり言う人は、一見友達が多そうに見えますが、その関係は薄っぺらい友情関係だと言えるでしょう。

広告

文句や悪口ばかり言う人は最終的にみんな離れていくもの?

悪口ばかり言う人は最終的にみんなから離れられていくのでしょうか。

もちろんみんな離れていくでしょう。

悪口ばかり言う人とずっと仲良くしたいという人はいません。

そのため、最初は悪口ばかり言う人と仲良くしていた人も、徐々に離れていき、最終的に悪口ばかり言う人の周りに友達と呼べる人はいなくなります。

ゆえに、悪口ばかり言う人は、自分のことを心配してくれたり、一緒に笑い合ったりできる友達を最終的に無くしてしまうのです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました