毎日メール来るうざい友達との付き合い方は?心理は?会話の切り方も

生活の知恵

毎日のように連絡してくる友達って面倒ですよね。

返信するのも疲れてしまいます。

事実、毎日メールを送ってくる友達がおり、正直、こちらも忙しいから相手していられないし、どうやってこの状況を終わらせるか?悩んでいる人も多い。

では、毎日メール来るうざい友達との付き合い方はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

毎日メール来るうざい友達との付き合い方は?

正直、毎日友達に付き合ってられませんよね。

そこで、毎日メール来るうざい友達との付き合い方はいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

毎日決まった時間にメールを返す。

相手のメールを返すペースが早くて、迷惑しているのであれば、メールをすぐに返さなければいいのです。

毎日決まった時間、例えば夜の寝る前の時間のみに返信するようにしてみましょう。

そうすることによって、メールのペースを無理なく開けるようにすることができますし、その上で、「昨晩は忙しくてメールをチェックする余裕がなかった」など、毎日ではなく、数日おきにメールを返す口実ができます。

あなたの返信ペースが遅くなれば、相手も自然とそのペースに合わせて、メールのペースを落としてくれます。

すぐ電話に切り替えるようにする

何度もメールを返信するのが面倒であるならば、「後で電話する」と言ったり、メールが来たらすぐ電話に切り替えるようにしましょう。

メールに比べて、電話はメールと情報量が違いますし、結果的にメールでやりとりをするよりも、時間を取られません。

それに、メールならば何度でもできるけれども、電話はちょっと……と思う人も大勢います。

「この人に何度もメールをしているとそのうち電話をかけてくる」と思ってくれたら、そうメールを送ってこなくなります。

短文とスタンプで返信する

友人とのメールが面倒な時は、短文で返信しましょう。

でも、短文だけだと味気なく、素っ気なく感じてしまいますよね。

そこでオススメなのが「絵文字、スタンプ、顔文字」です。

短文のあとに必ずこれらを付け足しましょう。

短文で返せば、こちらもストレスないし、会話も続かないです。

そして、「絵文字、スタンプ、顔文字」をつければ、相手から冷たい印象を持たれることもないでしょう。

「連絡は取れないかも」と伝えておく

毎日のメールが嫌であれば、相手に「ちょとの間、連絡は取れないかも」と伝えておくのが良いでしょう。

理由は「忙しい、体調が悪い」なんでもOKです。

事前に伝えておけば、返信が遅くても相手が不審に思う事はないでしょう。

2日後もしくは3日後に返信するのも良いでしょう。

広告

毎日メールしてくるうざい友達の心理とは?

毎日メールしてくるうざい友達の心理とは何なのでしょうか。

いくつか考えられますね。

あなたとのラインが楽しい

誰かと繋がっていたい

暇だけど気軽にラインできる相手が少ない

ラインで友達と話すことで気分転換している

基本的に毎日メールしてくるうざい友達は、常にあなたと会話をしていたいのです。

無二の友達であり、話していて楽しいと思っています。

ですが、少しあなたの気持ちや事情を考えることは苦手なようです。

「メールならば、空いている時に確認してくれればいい」と思っている可能性もあります。

なんにせよ、メールを送ることであなたの負担になっているとは思っていないのです。

広告

毎日メールを送ってくる相手はめんどくさいから距離を置くべき?

毎日メールを送ってくる相手はめんどくさいから距離を置くべきなのでしょうか。

結論から言えば、毎日メールを送ってくる相手は距離を置くべきとは言えません。

その前に、まずはいったんメールの頻度を落とす、もしくは思い切って相手に「私はそこまでメールが好きじゃない」と話すなど色々できることはあります。

相手は毎日メールを送るくらいあなたのことが気に入っているので、あなたの気持ちを無視することはそうありません。

しかし、もし相手が「どうして私にメールを送られると嫌なの?」など、怒りだすようであれば、その時は距離を置いた方がいいかもしれません。

広告

しつこい同性の友人に毎日メールやラインを送られたらどうやって会話を切るべき?

しつこい同性の友人に毎日メールやラインを送られたらどうやって会話を切るべきなのでしょうか。

しつこい同性の友人に毎日メールやラインを送られたら、時間を区切ることで、会話を切りやすくなります。

「このあと用事があるから、もう返事ができない」などと言えば、今メールの中で起きている話題を終わらせる方向で話しやすくなります。

そして、いったん話題が終われば、相手がまた何かきっかけを持つまで、メールやラインが収まります。

もし早急に取り組まなければいけない用事がないようであれば、なるべく夜にメールのやりとりをするようにしましょう。

そうすることで、就寝時間という口実が無理なくできます。

広告

毎日メールを送ってくる相手と喧嘩をせずに自分の気持ちを伝えるにはどうすればいい?

毎日メールを送ってくる相手と喧嘩をせずに自分の気持ちを伝えるにはどうすればいいでしょうか。

出来れば、喧嘩せずに穏便に済ませたいですよね。

そこで、毎日メールを送ってくる相手と喧嘩をせずに自分の気持ちを伝えるには、あくまで自分の話として、「メールが苦手だ」ということを伝えましょう。

もし仮に、「あなたが毎日メールを送ってくることが負担だ」などと言ってしまえば、それは「相手が悪い」と言っているようなもの。

なので、相手はショックを受けるか、なんでそんなことを言うの?と喧嘩に発展してしまいます。

ですが、あくまで自分の問題として、「メールが苦手だから、毎日は送れない」という意味のことを言えば、それは相手ではなく、自分に問題があるとしているため、相手を不快に思わせずに、自分の気持ちを伝えることができます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました