友達の病み期アピうざい対処法は?疲れたら?心理は?めんどくさい?

生活の知恵

友人付き合いの中で面倒なのが、定期的に病み期がある友人ですよね。

友達が心配してほしいから、病み期アピールしてきて、かまってちゃんみたいで、うざいと感じており、接し方に悩んでいるも多い。

では、友達の病み期アピールがうざいと感じるときの上手な対処法はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達の病み期アピうざい対処法は?

友達の病み期アピうざい対処法はどうしたら良いのでしょうか。

正直、面倒ですよね。

友達の病み期アピがうざい時にはいくつか対処法があります。

とりあえず話を聞いて同意する

つらいとき、自分の話をしたいときに相手に求めていることは、答えではありません。

自分のつらいという気持ちを共感してもらいたいのです。

ですから、とりあえず話を聞いて、その内容に同意してあげるだけでも相手の気持ちが落ち着くことがあります。

気分を変えるために楽しいことをする

病み期アピールをする時、人はつらい気持ちでいっぱいです。

心の中に楽しさや希望が存在しないのです。

ですから、病み期アピールがうざい時には、「じゃあ楽しいことをして気分を晴らそう!」と提案してみましょう。

そうすることで、相手が病み期から抜けて愉快な友達に戻ってくれることがあります。

もし、「今は遊ぶ気分じゃない」と言われたら、「じゃあまた今度遊ぼう」と一旦話題を終わらせることができます。

もしまた病み期アピールをされたら、「だったら遊ぼうよ」と言えばいいのです。

心配したフリをして構ってあげる

病み期アピールする友人はとにかく誰かに構ってほしい、いわば「かまってちゃん」なのです。

心配してあげると相手も喜ぶでしょう。

なので、心配したフリで良いので、ラインだったり電話だったり、食事に誘ったりして、構ってあげると良いでしょう。

放置して関わらないようにする

病み期アピールする友人と関わるとこちらも精神的に疲弊していきますよね。

なので、友人が病み期であれば、なるべく関わらないで、距離を置くというのも選択肢の一つですよ。

こちらも疲れますし、不快な思うをしたくないのであれば、病み期が収まるまで、友人は放置しましょう。

広告

友達の病み期アピールがうざいときの上手な話題の変え方は?

友達の病み期アピールがうざいときの上手な話題の変え方はどうしたら良いのでしょうか。

友達の病み期アピールがうざいときには、まずは話に乗ってあげましょう。

とりあえず話を聞いてあげるという姿勢を見せるだけでも、相手はかなり満足します。

その後でなら、「そういえば全然話は変わるけど……」と話題を変えてもかまいません。

一番ダメなのは、相手の病み期アピールを聞きたくないからといって相手の話も聞かずに自分のしたい話に持ち込むことです。

お互いに満足できるというのが楽しい会話であり、その為にはある程度我慢して相手の会話に付き合うということも必要になってきます。

広告

病んでる友達に疲れたときは距離を置くべき?

病んでる友達に疲れたときは距離を置くべきなのでしょうか。

正直、こちらも疲れてしまいますよね。

気持ちというのは伝染します。

楽しい相手と接していると、自分も楽しくなります。

同じく、病んでる友達と接していると、自分も病んでしまうことがあります。

自分のテンションに相手を巻き込めるならいいのですが、病んでる友達に疲れてしまった時には、自分も病んでしまう可能性があります。

ですので、そういう場合には自分のためにも距離を置くようにしましょう。

広告

友達が病んでるときにめんどくさいと正直に言うべき?

友達が病んでるときにめんどくさいと正直に言うべきなのでしょうか。

相手する側のこちらも辛いですよね。

結論から言えば、正直に言うべきときとそうではないときがあります。

もし友達が、本当に病んでおらず、相手に自分を構ってもらう手段としてアピールしているのであれば、思い切って「めんどくさい」と正直に言いましょう。

そうすることで、「あ、この人に病んでるアピールをしちゃだめだ」と思って病み期アピールをやめてくれます。

ですが、相手が本当に病んでいるならば、自分が「めんどくさい」と伝えることで気持ちが落ち込んで病みが悪化してしまいます。

場合によってはもっとめんどくさいことになってしまうので、本当に病んでいそうだな……と思ったなら「めんどくさい」と伝えるのはやめておきましょう。

広告

友達の病み期にはどう対応するのが正解なの?

友達の病み期にはどう対応するのが正解なのでしょうか。

友達が病み期に入ってしまった時には、距離を置きましょう。

ただし、完全に関係を断ってしまうのはお勧めしません。

関係を断つにはお互いの合意が必要です。

病んでる時の友達に「もう会うのはやめよう」と言うことを想像してみてください。

今まで以上に疲れるような会話が起きてしまうはずです。

ですので、完全に関係を断つのではなく、「落ち着いたら遊ぼう」などと言って、相手に「あなたが立ち直るときを待っているよ」と伝えてあげましょう。

それだけでも相手はとても心強いはずです。

広告

友達が病み期アピールする心理は?

友達が病み期アピールする心理は何なのでしょうか。

友達が病み期アピールをするときは、あなたに甘えているのです。

甘えの内容は「こういう風に振舞えば優しくしてくれる」という軽い気持ちのものもあれば、「あなたなら私の気持ちを変えてくれる」という切実なものもあります。

内容に違いはありますが、あなたに頼っているということには変わりはありません。

自分の気持ちが許す限りで、優しく接してあげましょう。

辛いときを支えた、支えてくれた友達というのは、人生で得難い親友になります。

いつか、あなたが支えてもらわないといけない時にはその友達を頼りましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました