愚痴と悪口ばかり友人への対処法は?返し方は?縁切る?心理や末路も

生活の知恵

友達の言う愚痴や悪口にどのように対応すれば悩んでいる人も多いですよね。

事実、友人に愚痴と悪口ばかり人がおり、正直、いつも嫌な話ばかり聞かされてうんざりしており、内心、どうやって付き合っていくべきか?悩んでいる人もいます。

では、愚痴と悪口ばかり友人への対処法はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告(スポンサードリンク)

愚痴と悪口ばかり友人への対処法は?

悪口が多い人でも友達なので、一方的に無視する訳にもいかないのが困ったところです。

そこで、愚痴と悪口ばかり友人への対処法を紹介します。

ぜひ参考にしてみましょう。

友人を理解する

まずは、その友人のことを理解することが大切です。

理解したうえで、「なるほど」という感じで相槌を打ちます。

「ふ~ん」でも構いません。相手の愚痴に耳を傾けて、目をみて聞くだけで構いません。

基本的に賛同する

「それは違う」と思っていて、異議を唱えても、そのように思っている友人の心は変わりません。

ですから愚痴の修正はせず賛同する方がベターです。

優しく諭す

悪口ばかり言う友人は優しく諭してあげましょう。

例えば「愚痴が多いぞ~。せっかく一緒にいるんだから楽しい時間を過ごしたいな。」などと言ってみましょう。

あなたとの時間を楽しみたいという意思が相手に伝われば、友人も反省して改善することでしょう。

経緯を確認する

悪口や愚痴には、必ず原因があります。

「それは違う」と思う愚痴であっても、経緯を確認すると「なるほど」と思うケースも多くあります。

ですから、まずは「なぜ」と思って、その原因を確認する方がいいです。

観察する

たとえば、飼い犬が、自分にいやなことをしても、いやな気はしませんよね。

それは、飼い犬が何を考えているかが、こちらには分からないからです。

つまり意思疎通ができないからです。

ですから、友達の愚痴も、意思疎通しない、つまり、聞いた言葉に対し、何も考えない意識を持つとよいです。

「友達を観察する」という感じです。

広告(スポンサードリンク)

愚痴と悪口ばかり友人に聞かされたときの上手な返し方は?

愚痴と悪口ばかり聞かされると返答に困りますよね。

そこで、愚痴と悪口ばかり友人に聞かされたときの上手な返し方を紹介。

ぜひ参考にしてみましょう。

たまに自分の考えを言う

愚痴ばかり聞かされていると、精神的に参ってきます。

ですので、愚痴をきかされたらたまに自分の意見で反論します。

ひたすら聞き流す

ひたすら聞き流す方法です。

コツは、愚痴がでたら、心の中で「そうなんだ」「そうなんだ」と繰り返し確認します。

これだけでストレスは軽減します。

建設的な意見を言う

愚痴に対して、「こうしてみればどう?」といった感じで建設的な意見を述べます。

真っ向から否定しないのがコツです。

ぜひ実践してみましょう。

広告(スポンサードリンク)

愚痴と悪口ばかりの友人に注意したら自分も悪口の対象になる?

愚痴と悪口ばかりの友人に注意したら自分も悪口の対象になるのでしょうか。

結論から言えば、なります。

なので、愚痴や悪口を言う友達への注意はしない方がいいです。

一番の理由は、注意をして愚痴を言わなくなるわけではないからです。

愚痴や悪口をいう人は、それなりの理由があって言っています。

たとえその理由がおかしくても本人は正しいと思っているので改心はしないです。

それどころか、「あなたが間違っている」として、いかに自分の言い分が正しいかを聞かされる羽目になりますよ。

さらには、他の友達に悪口を言う可能性もあります。

注意をする側のメリットはありませんので、スルーしましょう。

広告(スポンサードリンク)

愚痴と悪口ばかりの友人とは縁切るのはあり?

方法としては、ありですがあまりおすすめはできません。

といいますのも、縁を切ることで、悪口や愚痴をさらに違う友達に言う可能性があるからです。

悪口や愚痴を言う人は、「自分は悪くない」と思い込んでいますので逆恨みをされますね。

なぜ、自分は悪くないのに縁を切られるのだろうと。

さらには、仲間外れにされることも予想できます。

悪口を他の友達に言いふらされて、その仲間たちとあなたを仲間はずれにするのです。

最悪、いじめへの可能性もあります。

ですから、縁切りは最後の手段、くらいで考えてちょうどよいです。

広告(スポンサードリンク)

愚痴と悪口ばかり言う友人の心理って?

愚痴と悪口ばかり言う友人の心理って何なのでしょうか。

愚痴や悪口を言う人の心理はよく似ており、代表的なものをいくつか挙げられます。

自尊心やプライドが高い

細かいことが気になる性格

日常生活の中でストレスが溜まっている

常に自分は正しくて人より優れていると思っている

基本的に悪口や愚痴が多い人は「自尊心が高く、上から目線」な人です。

自分ファーストというか、自分が一番と考えがちなので、自分に合わない意見などは、愚痴や悪口をいいがちです。

自分のルールが正しいといつも思っている人もいます。

次に他人の助言を聞かない人です。

他人からアドバイスされると、イラっとくるタイプで、良いアドバイスでも、それが愚痴につながります。

上から目線、という意味では、常に自分が1位でありたいと考えている人も愚痴が多く、彼女らは他人と比較して自分はどうか?という視点でものごとをとらえています。

あくまで他人との相対評価であります。

逆に絶対評価をする人は、他人との比較は気にせず、自分としてどうか?という尺度ですので、他人の悪口はでてきませんね。

最後に、「自分を認めてほしい」という心理、自分を認めてほしいけど、なかなかみとめてもらえないため愚痴や悪口につながります。

広告(スポンサードリンク)

愚痴と悪口ばかり友人の末路ってどうなるの?

愚痴と悪口ばかり友人の末路ってどうなるのでしょうか。

結論から言えば、愚痴や悪口を言う人の末路は哀れなものです。

まず友達がいなくなります。

愚痴や悪口を聞かされて、楽しい思いをする人はいませんので、自然と人が離れていきます。

さらに、周りから子供っぽい、ということで相手にされなくなります。

また人が集まらないので、良い話も入ってきません。

仕事の話も入ってこないでしょう。逆に、詐欺まがいの話や、胡散臭い話は入ってきます。

愚痴や悪口を言う人はさみしがりやが多いので、聞き上手な詐欺師にはもってこいなのです。

友達がいなくなる、お金がなくなる、これが進行すると精神が参ってきます。

また栄養のある食事もとれなくなり健康を害することになります。

しいては、ひきこもりなどに発展します。

若いうちはそれでもなんとかやっていけますか、年をとって中年以降になると、ますます健康を害することになり最後は、部屋で孤独死も想像できます。

末路はさみしいものです。

愚痴や悪口は言わないにこしたことはありません。

広告(スポンサードリンク)

一般的に友達同士で愚痴を言い合う頻度はどれくらい?

一般的に友達同士で愚痴を言い合う頻度はどれくらいなのでしょうか。

一般的に、月1回~2回程度です。

もっと少ない人もいれば、もっと多い人もいるかもしれませんが、平均すればその程度です。

中には毎日、という人もいますが、友達との愚痴は度が過ぎると、前向きにはなれません。言霊という単語があります。

言葉には魂が宿っています。

つまり、悪口ばかり言っていると、ネガテイブさが自分に乗り移ってきます。

愚痴というのは、まさに自分を表現します。愚痴だけでは楽しい人生はおくれないでしょう。

愚痴を言い続けると、心がすっきりしてストレス発散となります。

ただ、それはそのときだけでなんの解決にもならず、愚痴に対する具体的な解決策をポジティブに見出す必要があります。

広告(スポンサードリンク)

なぜ女子同士は人の悪口を言うの?

なぜ女子同士は人の悪口を言うのでしょうか。

不思議ですよね。

その悪口を言う理由としては、女子は、他人との比較で、自分が一番と思う動物だからです。

つまり悪口は、女子が生きていく上で、必要なすべであり、他人と比較をしないと生きていけない動物なのです。

比較の延長として悪口がでてくるのです。

だから女性は女性同士のコミュニケーションの一環と捨て、悪口も平気で言える人がいるのです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました