友達と写真撮るの嫌いな人は多い?自意識過剰?心理は?対処法は?

生活の知恵

最近はInstagramなどで映え写真を載せたり、自撮りの写真を載せたりする人が多くいます。

そこで、自分の顔が嫌いで、友人に写真を撮られることを不快に感じており「自分だけがおかしいのか?友人への対処法はどうしたら良いのか?」悩んでいる人も多い。

このページでは、友達と写真撮るの嫌いな人は多いのか?対処法も含めて紹介しています。

お悩みを解決していきましょう。

広告

友達と写真撮るの嫌いな人って多いの?

カオリさん
カオリさん

わたしもあまり好きじゃないですね。

友達がみんなに見せるかもしれないし、自分の顔写真を相手のフォルダに保存されるのには抵抗があります。

人によってはネット(ツイッター、インスタグラム)にあげる人もいますしね。

ミライさん
ミライさん

わたしも好きじゃないですね

前に写りの悪い写真をネットにアップされたことあって、それからはトラウマですね。

だから嫌いな方が良いと思いますよ。

自分の顔が写っている写真って、誰の目にとまるかわからないですしね。

クルミさん
クルミさん

友達と旅行に行ったり遊びに行くと、必ずと言っていいほど写真を撮る機会がありますね。

だからどうしても何かある度に写真を撮る人がいますし、友達と旅行に来たよということをインスタに載せたくて積極的に一緒に写真を撮ろうとする人もいますね。

基本的には断った方が一番です。

インスタグラムとかにアップされるのがオチです。

リカさん
リカさん

写真をインターネットに上げるリスクは誰しも知っていると思いますが、あまり深く考えない人もいますし、そのリスクよりもインスタに載せたいという欲求の方が強い人もいます。

断るのが一番ですよ。

自分が知らないところで、面倒なことに巻き込まれるかもしれませんしね。

インターネットに自分の顔を載せることに抵抗感を持つ人や自分の顔があまり好きではないと感じている人にとってはとても嫌なことです。

自分の顔の写真がずっと残ってしまうわけですからね。

これはほんの一握りの人というわけではなく結構多くの人が感じていることです。

広告

友達と写真を撮るのが嫌いなのは自分が自意識過剰だから?

友達と写真を撮るのが嫌いなのは自分が自意識過剰だからなのでしょうか。

一般的に、インスタに写真をアップすることに積極的な人は、自分を見て欲しいという自己顕示欲が高い人たちです。

自分のスタイルや顔が嫌なら多くの人に見られるという選択はしないでしょう。

自己顕示欲が強い人たちほど写真に顔を載せ、仲間内で共有したり、ネットにアップする傾向が強いことは確かです。

反対に、写真を撮られるのが嫌な人は、多くの人に自分の顔が見られることに対して強い拒否感があります。

実際は他人は思っているほど自分のことをじっくりと見ていませんし、ネットに載っていたとしても流す程度で、じっくり見て変な顔だなとか思うことはあまりありません。

しかし、気にする人は強く気にしてしまうので、その点では自意識過剰とも言えます。

ただ、ネット上で悪用されたり拡散されたりする被害も少なくないですから、それらも含めると自意識過剰だからということでは片づけられないですね。

しっかりしたリテラシーを持っている人とも言えます。

広告

写真撮られるのが嫌い人の心理って?

写真を撮られるのが嫌いな人はどのような心理なのでしょうか。

一番多いのは、顔やスタイルが気に入らないということです。

どうしても写真になるとしっかり見られる可能性もありますから、隣の人の方が顔が小さかったりスタイルが良かったり、そもそも自分自身の顔をブサイクだと感じていたりするとどうしても嫌になります。

また、そもそもメディアリテラシーを持っている人にとっては写真をネット上にあげるということはとてもリスクがある行為であることは明らかに分かります。

それは本来尊重してあげるべき考えなのですが、写真をとる側の人からするとあまり考えが及ばないことが多いですね。

広告

人の写真を勝手に撮る人の心理って?

人の写真を勝手に撮る人の心理って何なのでしょうか。

人の写真を勝手に撮る人もたくさんいます。

まず大切なことは、写真を撮る人は全く悪気はないということです。

写真を撮ってあげたいという一心で写真撮影をすすめてくれます。

撮られる側の気持ちはあまり考えてくれていないので難しいですね。

どちらかというとサービス精神のような感覚で撮ってあげているという人が多いです。

また、いい写真が撮りたいという思いが強い人もいます。

周りの景色がすばらしかったり、何かの記念日だったら、素晴らしい1枚を残しておきたいという一心で写真を撮ります。

全く悪気はないのですが、やはり相手のことも少しは考えてあげる心が必要ですね。

撮影するときは、きちんと許可を取り、気持ちを確認してから撮るということが大切です。

広告

人の写真を撮ろうとする友達への対処法は?

まずおすすめは、スマホで撮る場合は、あなたが撮影を買って出ることです。

誰かに撮ってもらうから自分が写るのであり、自分が撮るのであれば自分は写りません。

自分は写るのはいいよ、と言って撮影する側に回りましょう。

ここで難しいのが、一眼レフなど本気のカメラを揃えていたりする写真を撮るのが好きな人に対しての対応です。

この場合は、写真撮るの代わるよ、と言えないからです。

この場合は、しかたなく我慢して撮られるか、ストレートに嫌なことを伝えるかです。

あまり会う機会がない人であれば、数回の写真を我慢すればいいでしょう。

しかし多く会う人にはストレートに写真が嫌いなことを言った方がいいです。

どれくらい写真が嫌なのかにもよりますが、長く付き合う中で大切なことの一つです。

はじめに理解してもらえれば、幾分かは写真へのストレスがなくなり旅行などをより楽しめるのではないでしょうか。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました