中学校よく休む対処法は?学校休むのダメ?1ヶ月学校休む中学生は?

生活の知恵

中学をよく休んでしまう時期ってありますよね。

学校に友達もいるが、最近、中学校を休みがちになってしまい、高校にも行きたいからなんとか改善したい中学生も多い。

「1ヶ月学校休む中学生はヤバイのか?」不安もあるでしょう。

では、中学校よく休む対処法はどうしたら良いのか?お悩みを解決していきましょう。

広告

中学校よく休む対処法は?

中学校よく休む場合の対処法はいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

新しい友人関係を築く

好きな人を見つける(片思いでもOK)

学校の中で居心地の良い場所を見つける(図書室、学習室など)

1日の終わりに楽しみを作る

お昼ごろに早退する

中学校よく休む対処法として効果的なのは、新しい友達をつくることです。

新しい友達は、異性、同性問わず多い方がいいです。

新しい友達ができると、新しい話題や、新しい楽しみを見つけることができます。

そんな友達と楽しい学校生活をおくるようにします。

また、学校内に自分なりのお気に入りのスポットを見つけておくのも効果的です。

「校庭の木陰」「どこどこのトイレ」のほか、「階段の踊り場」など意外なスポットもお気に入りになります。

そして困ったときや、気分がのらないときは意識的にそのスポットで過ごすようにします。

意外と恋愛をするのも良いでしょう。

片思いでもOKです。

好きな人を見つけると、それだけで学校に行きたくなりますからね。

もしくは、1日の終わりに楽しみを作るのも良いですよ。

人間は楽しい予定があると、目の前の嫌なことを乗り切れますからね。

どうしても学校にいたくないときは、1日いる必要はありません。

早退するのも一つの方法です。

休むよりかは、早退するのが良いでしょう。

お昼ごろに早退できると思えば、学校に行きやすくなるでしょう。

広告

中学校を休みたくなる気持ちの乗り越え方は?

楽しみな日まであと〇〇日、といった感じで、それまでがんばるぞ、と気合をいれるのがいいです。

あと〇日がんばれば、と考えることでその日1日を有意義に過ごせます。

もしくは、早退するのも良いでしょう。

早退した帰り道に、どこか寄り道するのも楽しいですよ。

ガッツリ休むよりかは、早退した方がリスクは低いですよ。

もしくはお昼過ぎから登校するのもアリですよ。

学校に居場所が無いと、なかなか辛いですよね。

でも、あなたの居場所は学校以外にもあります。

例えば、「塾、趣味、ツイッター」など、いくらでもコミュニティは築けるでしょう。

広告

中学生が学校休むのは基本的にダメなこと?

結論から言えば、中学生が学校休むのは基本的にダメなこととは言い切れません。

人間は生身の生き物です。

ですので、学校に行きたくない、と思うことは当然あるべきことでダメなことではないです。

決して、自分を責めたりせずに、淡々と現実を受け入れる努力をします。

ただし、休んでも注意することがあります。

一つ目は、「朝はきちっと起きること」です。

休んでしまうと、そのままズルズルと寝てしまいがちですが、いつも通りの生活リズムを崩さないようにします。

また朝食も同様に食べて、とりあえず起きることが大切です。

また新聞を読む、ニュースを見るなどして外部の情報を積極的に取り入れ家にこもらないようにします。

広告

1ヶ月学校休む中学生はどうなるの?

1ヶ月学校休む中学生はどうなるのか?

俯瞰ですよね。

でも、1ヶ月休んだからといって、それだけで高校に行けなくなったり、進級できなくなったりということはないです。

詳細なルールは各学校や自治体によって違いますが、一般的に1年間で10日以上休むと注意が必要です。

(もしくは年間30日以上のケースもある)

また私学の高校ですと、もっと厳しい学校もあれば、もっと甘い学校ありバラバラが現実です。

どうなるということもないですが、休み明けにしっかりと出席して学業にいそしまないと、内申点が悪くなる可能性があります。

内申点とは、高校入試の際に、入学テスト以外に考慮される点数で、担任の先生が作成します。

休んだらしっかりと課題をこなして、リカバリーすることが大切です。

広告

中学校を何回休んだら高校いけないの?

何回休んだら行けない、という回数での罰はないです。

あくまでも休んだ理由と、そのあとのフォローがポイントです。

生徒の中には、病気や交通事故などで、やむ終えず長期間休む生徒も多く、そのような生徒も一律に日数だけで判断するのは、酷すぎるということです。

休む場合は必ず事前に先生に理由を説明する

長期で休む場合は途中報告をする

休み明けからがんばる

この3点をおさえておけば問題なしです。

特に休み明けは、先生からいろいろな課題がでると思いますが、きちっと対応します。

先生は、生徒をあらゆる手段で、高校へ進学させようとしてくれます。

多少厳しいこともいわれることもありますし、びっくりするほど多い課題が与えられることもあります。

結果はどうあれ、決して手を抜かず着手します。

先生は、成績結果よりも、生徒の態度や、勉強に取り組む姿勢を見ているものです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました