友達の親がうざい時ある?上手な接し方は?干渉好きな親には?迷惑?

生活の知恵

友達と遊んでいると、家に呼ばれる機会もありますが、そこで問題となるのが相手の親ですよね。

事実、仲の良い学校の友達の家に遊びに行くと、友人の親に癇に障るようなことを言われたり、親の職業を聞かれたりして、うざいと感じていることに悩んでいる中学生も多い。

友達の親がうざいときはどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達の親がうざい時あるもの?

アヤミさん
アヤミさん

友達の親ってうざいものですよ。

私の友人の親はとっても口うるさい人で、普通にプライベートなことまで注意してきます。

多分、友達が親に色々と喋っているのでしょうね。

友達は良い子なんだけど・・・・・

カスミさん
カスミさん

友達の親って基本的に友人が家に来るのを良しとしていない人が多いですからね。

こちらも「ウザイ」と思うのと一緒で、相手も同じようなことを思っているんだと感じますね。

子供の友達だから我慢しているけど、あなたに限ったことではありませんが、やっぱり来てほしくないと考えているのでしょう。

マミさん
マミさん

子供の友達とはいえ、自分がよくしらない他人が家に来るのは、正直、面倒ですからね。

そういった意味では、やはり内心、友達の親御さんも迷惑だと感じているのかもしれませんね。

対策としては、友達の家に行かないことでしょうね。

マユミさん
マユミさん

うざいことを言われる原因は、自分の子供のことを心配しているから当然のことで、親の立場になって考えるとすぐに理解できます。

親の職業を聞かれることも理由は同じで、親の中には、自分の子供にしてほしい職業を決めている人もいますので、友達の職業はかなり気になるのです。

なお、反面教師と考える方法もあります。

子供もいずれは親となります。

その際に、自分の子供から同様のことを思われないよう、反面教師と考えて、友人の親と接する方法もあります。

友達の親は、もともとうざいものです。

自分の親でさえもうざいときがあります。

子供にとって、親は、自分の都合のわるいときはうざく感じるものです。

癪にさわるようなことを言われるときもありますが、右から左へ流しておけばいいです。

広告

友達の親との上手な接し方って?

友達の親との上手な接し方ってあるのでしょうか。

結論から言えば、まずは礼儀正しく振舞うことです。

おじゃましたときのあいさつやお礼、靴をそろえる、など基本的なことができれば十分です。

礼儀正しさは、友達の親の心をうちます。

あと服装にも注意が必要です。

かしこまる服装は不要ですが、清潔感のある服装は必須です。

もしも食べ物がでてきたら、行儀よくいただきましょう。

決して「くちゃくちゃ」と音をたててはいけません。

洗い物の手伝いをするのもいいですね。

友達の家以外で、出会ったりしたときは挨拶をし、そのときに「この前はありがとうございました」とお礼を言うとポイントがあがります。

なお、自分の親にも、友達のことを知らせておきましょう。

親同士がつながっていることも多いので、親同士が仲良いと子供同士もうまくいくことが多いです。

それが友達の親とうまく接するコツとなります。

最後ですが、友達の家におじゃましたら、簡単に、いつ、だれの家に行ったか、という点だけでも、親に知らせておくといいいでしょう。

広告

干渉好きな友達の親にはどう接するべき?

干渉好きな友達の親にはどう接するべきなのでしょうか。

干渉好きな親は、案外、面倒見のよい人が多いのも事実です。

面倒がみがよすぎて干渉してしまっているともいえます。

ですので、いやがらずに積極的に話をしてみるのがいいです。

お話好きな人が多いので、いろいろためになる話をしてくれるでしょう。

年の功といいまして、親年代の人の話はうざいですけども、教訓になる話も多いので良いのです。

「友達の親」は、人生の先輩と思って接していれば、おのずと対応も丁寧になりますし、干渉そのものも気にならなくなります。

また親によっては、学校の先生をしていたりと、子供にとって有意義な情報源となる人も多いのでメリットが多いことも事実です。

その点を踏まえて友達の親と接すると、うざかったりしても気にならなくなります。

広告

友達の家に遊びに行くのは親にとって迷惑行為?

友達の家に遊びに行くのは親にとって迷惑行為なのでしょうか。

これは二つに分かれます。

まずは、「迷惑にならない派」から。

他人を家に呼んで、いろいろ手厚くすることが好きな人が多いです。

せっかく来てくれたのだからと、豪華なお菓子や、時間によってはご飯もだしてくれるところもあります。

にぎやかなのが好きという親も迷惑とは感じないですね。

ワイワイガヤガヤと騒ぐのが好きなのですね。

親御さんの性格によってまったく対応が違うので見極める必要があります。

一般的な傾向としては、子供の多い家庭は「にぎやか好き」な人が多く、家の中が終日にぎやかなので、迷惑どころか大歓迎のところもあります。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました