ポリエステル100服は冬寒い?スカートは?インナーやアウターは?

生活の知恵

扱いやすい化学繊維であるポリエステル素材。

洗濯にも強く、私たちの生活にもはや必須の素材ですね。

では、ポリエステルが100%の服は、冬には寒いのでしょうか。

冬にポリエステル100%の素材の洋服を着たいけど、「寒くないか?対策はどうするか?」悩んでいる女性も多い。

「ポリエステル100%の服を冬に着るのは寒いのか?」について詳しく見ていきましょう。

広告

ポリエステル100服は冬寒い?

カオリさん
カオリさん

ポリエステル100%は商品によると思いますね。

基本的に防風性には優れているので、冬の凍えるような風には強いと思いますよ。

でも、商品によってはペラペラな素材もあるので、その点は注意でしょうね。

裏地がポリエステル100%とかだと良いんですけどね。

ミライさん
ミライさん

冬でもポリエステル100%の服は着れると思いますよ。

でも、中には記事がペラペラで寒い商品もあるので、その点は注意が必要だと思いますね。

あとは、着こなし方ですよね。

アウターとして着るのであれば、やはりインナーにセーターもしくはニットは着た方が良いかもしれませんね。

アヤミさん
アヤミさん

ポリエステル100%の服は防寒性に関しては、微妙ですけど、防風性は高いですね。

なので、冬でも風が強い日には良いのでは?

ただ、商品にもよるので、ニットやセーターをインナーに着た方が良い場合もあります。

あとは、マフラーを着用するのも良いでしょう。

ボトムスであれば、ロングソックス(靴下)とブーツを合わせるのがオススメです。

ポリエステル自体は、ツルツルとした素材で防寒性には乏しいのですが、防風性にはかなり優れています。

そのため、冬山用のアウターなどにもポリエステル100%の素材が使われています。

インナーにフリースなどの暖かい服を着用すれば、かなり快適な冬のウェアになるので、上手に活用すればOKです。

広告

ポリエステル100の素材(生地)は冬に着たらおかしい?

ポリエステル100%の素材の服は、冬に着るのはおかしいでしょうか。

ポリエステルは変幻自在の素材なので、意外なフォルムの服にも登場しています。

人気のシャイニーな色合いのプリーツスカートも、ほとんどがポリエステル100%なのです。

シワになりにくいのでポリエステルが重宝されているのですね。

でも、ポリエステル素材はどうしても薄くなりがちなので、出来ればウール系のタイツやレギンスなどで寒さ対策をすることが望ましいでしょう。

人気のあるとろみ系のシャツも、ポリエステル100%の製品が大半です。

こちらも冬に着用するには寒いので、インナーにタートルネックを合わせたり、薄手の機能性インナーを着用したりすることがおすすめです。

トップスにもボトムスにも、ポリエステル素材の服を冬に着用する場合は寒さ対策が必須ですね。

広告

ポリエステル100のスカートは冬寒い?

ポリエステル素材の洋服は色んなメーカーから登場していますが、スカートも人気があります。

では、ポリエステル100%のスカートは冬には寒いのでしょうか。

ポリエステル素材の服は、例え厚みがあっても防寒性は低いのが難点です。

ただし、可愛いデザインなら着用したいですよね。

スカートの場合はタイツやレギンスが合わせやすいですし、女性向けのカイロを活用してお腹は冷やさないようにすることも出来ます。

ポリエステル素材の良さは、雨や雪にも強いことです。

つまり、寒さ対策を十分に行っておけば、かなり便利なスカートですね。

洗濯にも強いので、通勤や通学にも使えます。

ポリエステル素材は静電気が起きやすい素材なので、タイツとの相性を確認したうえで着用すると良いでしょう。

広告

ポリエステル100のインナーは冬寒い?

ポリエステル素材は世界中で愛用されていますが、インナーに使うのはどうでしょうか。

やっぱりポリエステル100%だと、インナーにするには寒いのでしょうか。

ポリエステルのインナーはよくスポーツウェア系のインナーに使われています。

ポリエステルは吸水性が低く、サラリとしているのでスポーツウェアに向いているのですね。

汗をかいてもサラサラした着心地なので、汗染みも起きにくいのです。

しかし、冬にこのタイプのインナーは不向きです。

通気性が良いのでかなり寒く感じるかも。

ただし、ジム用のインナーやマラソン用のインナーにはポリエステル素材は適しているのです。

冬の街歩き用インナーには不向きですが、使う用途によっては冬もたくさん使えるインナーです。

広告

ポリエステル100のアウターは冬寒い?

ポリエステル素材を使ったアウターはかなりの数で流通していますが、100%の素材の場合はやはり冬には寒いのでしょうか。

ポリエステル素材は暖かさを確保することが難しく、夏の空調服にも使われています。

しかし、だからといって不向きではないのです。

冬向けのポリエステル素材のアウターには撥水加工が優れたレインコートなどが登場しています。

インナーにしっかりとニットやボアを合わせることで、防寒性もしっかり確保できます。

ポリエステルの特徴は形状を保てること。

レーヨンやポリウレタンと組み合わせたアウターだと、形状が美しいコートもあります。

今話題のダンボールニット系もポリエステルを使った素材です。

ポリエステル100%は冬には避けたい、という場合にはその他の素材を賢く混合したアウターを選ぶと良いでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました