冬にハットはおかしい?フェルトハットやバケットハットは?帽子は?

生活の知恵

冬の頭部って結構冷えますよね。

首元や手元はマフラーや手袋があるので暖かいですが、頭部も暖かくしたいものです。

では、冬にハットコーデをするのはおかしいでしょうか。

冬にハットをかぶりたいけど「変じゃないか?ダサいか?」不安になっている男性も多い。

では、冬にハットはおかしいのか?色々な人に意見を聞いてみました。

広告

冬にハットはおかしい?

カオリさん
カオリさん

冬にハットは男性でも女性でも全然アリだと思います。

というかむしろハットは秋冬の定番アイテムなので、冬場にもどんどん活用していきましょう。

黒やネイビーやカーキなどの重たい色でも良いですし、ワインレッド色のハットもオススメですよ。

冬場のハットはお洒落なので、ぜひオススメですね。

タクミさん
タクミさん

ハットはむしろ冬に活用するべきアイテムですよね。

防寒対策にもなるし、ダークトーンのハットもいいですし、ビビットな色のハットでサシ色にしてもOKですよね。

冬のハットはけっこう活用できるので良いですよね。

マミさん
マミさん

冬のハットは全然アリだと思いますね。

女性も男性もぜひ活用してほしいです。

ハットはお洒落ですし、冬と秋にこそ使ってほしいマストアイテムですよね。

秋や春はそこまでハットは活用できないので、秋~冬にこそハットの出番ですよ。

ハットも色が豊富なので、コーディネートとか気分に合わせて変えて、お洒落を楽しみましょう。

冬にハットコーデをするのはおかしいのか?

答えは「全くおかしくありません。」冬にこそハットコーデを楽しんでください。

ハットの選び方にはツバの長さや素材選びなどの方法があります。

秋冬らしいハットを選んで、季節感がズレないように工夫しましょう。

広告

冬にフェルトハットは?

冬のコーデをよりカッコよく仕上げてくれるハットですが、フェルトハットは似合うでしょうか。

結論から言えば、もちろん「似合います。」

フェルト素材は秋冬らしい素材感です。

なので、むしろこの季節にたくさん活用する帽子です。オススメのフェルト素材はラビット。

うさぎの毛を利用したフェルトハットは、高級感もありかなり暖かいので、真冬のコーデにもおすすめです。

中折れしているハットを選べばより紳士感が増す。

30代以上の紳士的なコーデを好む方にもおすすめです。

広告

冬にバケットハットは?

カジュアルな印象のバケットハットは、冬に合わせるのは難しいのでしょうか。

答えは「難しくありません。」但し、先にご紹介したフェルトハットと比べるとアウトドアな素材が多いので、寒く感じるかも。

また、コーディネートはカジュアルなものとの相性が良いです。

なので、ダウンやパーカーなどと合わせるようにしましょう。

ちなみにバケットハットは、現在レディースでも流行中。

彼女とおそろいにしてデートをするのも楽しそうですね。

男性にも女性にもバケットハットはぜひオススメですよ。

冬にこそ活用していきましょう。

広告

冬に帽子を被るメンズはダサい?

冬にはオシャレな小物をたくさん使いたいですが、帽子を被るメンズはダサいのでしょうか。

結論から言うと、「帽子次第」です。

では、ダサくない帽子を選ぶにはどんな点に気を付けるべきでしょうか。

次の3つを押さえておきましょう。

帽子のサイズ選び

帽子は自分の頭のサイズに合ったものを選ぶことが基本です。

せっかく高級で素敵な帽子を買っても、自分のサイズに合っていないと帽子だけが浮いた印象に仕上がります。

まずはサイズ選びをしっかりと行いましょう。

素材選び

ハットの中にはストローハットなど夏向けの素材もあります。

秋冬に帽子を被る場合には、やはり季節に合った素材選びが重要です。

ウールやフェルトなどの素材や、オールシーズン使えるナイロンなどをチョイスするように気を付けましょう。

ツバの長さに注意を

メンズの帽子アイテムにはツバが長いデザインもあります。

ツバの長い帽子はオシャレ度も高いのですが、コーデが難しいのも事実。

カジュアルな服装に合わせてしまうと、ちょっと違和感があるかもしれません。

帽子初心者の方は、まずはキャスケットなどのツバが短めから入ると手持ちの洋服と合わせやすいでしょう。

広告

冬にハット帽子を取り入れたメンズコーデは?

では最後に、冬におすすめのハットコーデはどんなものがあるでしょうか。

早速2つのスタイルをご紹介しましょう。

バケットハット×スカジャン

バケツをひっくり返ったようなフォルムでカジュアルなバケットハットは、かっこよくスカジャンと合わせることがおすすめです。

スポーツブランドのバケットハットを選んで、爽やかな印象に仕上げましょう。

ボトムスには定番のリーバイスなどの太目デニムを。90年代を意識したカジュアルコーデです。

ボーラーハット×ジャケット

丸みのあるコロンとしたフォルムで人気のボーラーハットは、オシャレ上級者も狙っているアイテムです。

シックな印象ですが、ジャケットをややカジュアルな茶系と合わせることでこなれ感が楽しめます。

ドレスコードもクリアしている帽子なので、オシャレなバーやクラシックなコンサートにもおすすめのコーデ。

ワンランク上のデートを楽しむ際にもおすすめです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました