ローファーは冬におかしい?寒い?私服にダサい?靴下は?メンズは?

生活の知恵

冬の足元ってどんなものを合わせたら良いか悩みますよね。

シンプルで紳士的な足元にしたいなら、定番のローファーも気になります。

でも、冬に履くのはおかしいのでしょうか。

冬にローファーコーデしたいけど「変じゃないのか?寒いか?」など悩んでいる人も多い。

では、ローファーは冬におかしいのか?色々な人に意見を聞いてみました。

冬にローファーを履くコーディネート方法についても紹介。

広告

ローファーは冬におかしい?

カオリさん
カオリさん

冬でもローファーはおかしくないと思いますよ。

最近では、ローファーコーデも流行っていますしね。

ただ、ダウンジャケットとかライダースジャケットの相性は悪いので注意ですよ。

基本的にロングコートと合わせる感じになりますね。

タクミさん
タクミさん

冬にローファーコーデは男性でも女性でもやっている人多いですよね。

だからおかしくはないと思います。

ただ、ちょっと合わせ方は限られますよね。

基本的にPコートやロングコートと合わせるようになるでしょう。

あとローファーは冬滑りやすいので、雪が降った日は要注意ですよ。

マミさん
マミさん

うんうん。

あとは、ローファーコーデなので、コートと合わせる際は「学生っぽくならない」というのがポイントです。

そこに気をつけるべきだとは思いますね。

特にPコートと合わせる場合は、ローファーコーデをすると学生っぽくなりやすいので、注意が必要ですよ。

雪道には弱いですが、基本的にはしっかりと作られた革靴は冬に履いても何ら違和感がありません。

但し、素足で履くと寒そうなので、足元は暖かくコーデをすることがおすすめです。

広告

ローファーは冬に履くと寒い?

ローファーは冬に履くと寒いのでしょうか。

結論から言うと、「合わせ方次第」です。

さすがに積雪量が多い時に履くと寒いですし転びやすいですが、一般的な冬の晴れ間なら問題なく履けるでしょう。

素足は足首が出てしまうので、靴下を合わせないと寒いかも。

また、ボトムス選びも重要です。ショートパンツはさすがに寒いので、やっぱり冬ならではのオシャレがおすすめ。

コーデュロイやウール混のボトムスなど、冬素材をチョイスしましょうね。

広告

私服にローファーのコーデはダサい?

紳士服のイメージが強いローファーですが、私服に合わせるのはどうでしょうか。

答えはもちろん「アリ」ですよ!

学生風にならないように、大人カジュアルを目指してコーデしましょう。

次の2つのコーデを参考にしてみてくださいね。

スラックス(トラウザーズ)コーデ

日本ではスラックス、イギリスではトラウザーズなどと呼ばれているメンズのボトムスがあります。

カジュアルな紳士服、といった印象のボトムスです。

トップスはカジュアルにMA-1などを合わせ、ボトムスには紳士感を持たせましょう。

足元をローファーで彩れば、かなりオシャレ。

上品さもあるカジュアルなので、30代以上の男性も着こなしやすいでしょう。

チェスターコートコーデ

メンズのコートの定番、チェスターコートはローファーとの相性がバツグン。

実はファッションが苦手な人にこそおすすめのコーデです。

シンプルなチェスターコートにニット、デニムやブラックのスリムパンツを合わせて、足元にはローファーを。

ダークネイビーや黒などの単色で統一させてもオシャレに見えるので、冬のローファーコーデに加えてみてくださいね。

広告

ローファーコーデに靴下を見せるのはダサい?

モードな印象もあるローファーですが、靴下が見えてしまうのはダサいのでしょうか。

いえいえ、むしろ見せていきましょう!

こだわりの靴下をチラ見せするのはとってもオシャレですよ。

例えばダークな色合いのコーデなら、靴下に赤や白をチョイス。

チラリとハズした色が見えると、オシャレの上級者に見えるのです。

ローファーを履く際はお洒落な靴下を履きましょう。

靴下をチラ見せする際には、デイリー使いしているスーツ用の黒や、色が剥げた使い古しのものはNG。

かっこいい靴下を見せましょうね。

広告

ローファーコーデをするメンズってどうなの?

ローファーを普段のコーデに使うメンズってどうなのでしょうか。

答えはもちろん「かっこいい!」です。

足元をローファーで彩ると、グッと大人のコーデの幅が広がります。

でも、スーツや学生服に見えそう、と不安ならまずはローファーの色選びから入りましょう。

カジュアルに見えるのは茶系やオリーブ色です。

意外と合わせやすい色味なので、普段のカジュアルな服に合わせるところから挑戦してみてくださいね。

また、ちょっとローファーに慣れてきたら冬向けの素材選びもおすすめですよ。

ワンパターンなローファーと違うものをお探しなら、ツヤ感のあるエナメルがおすすめ。

冬の足元が華やかになります。

デザインを楽しみたいなら、タッセル付きもかなりかっこいいです。

プレッピーな雰囲気にもマッチするので、カジュアルにもっとローファーを履きたい人におすすめです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました