スプリングコート冬に着るのはおかしい?春コートいつまで?気温は?

生活の知恵

冬になると、街中でコートを着る人が増えてきますよね。

そこで、スプリングコートは冬に来ても大丈夫なのか?

疑問ですよね。

実際に冬にスプリングコートを着たいけど「おかしくないか?寒くないか?」悩んでいる女性も多い。

では、スプリングコート(春秋コート)を冬に着るのはおかしいのか?疑問を解消していきましょう。

広告

スプリングコート冬に着るのはおかしい?

スプリングコートを冬に着るのはおかしいのか?

結論から言えば、工夫することが大事です。

例えば、マフラーや厚手のストールを巻くのがオススメ。

スプリングコートは生地がペラペラに見えてしまうので、首元をマフラーで隠すと暖かそうに見えます。

このように工夫次第でスプリングコートを冬に着ることも可能です。

マフラーもしくは厚手のストールを首に巻く

インナーに厚手のセーターを着る

インナーにシャツを使用する

このように冬にスプリングコートを着る際は、何かしらの工夫が必要です。

やはり、スプリングコートをそのまま着ていると、はたからみたら、寒そうに見えます。

もちろん、おかしくはありません。

近年異常気象で気温がおかしくなっているので、自分の体の感じる気温、感覚を大切にしましょう。

冬とそれまで言われていたのは11月、12月、1月、2月あたりですね。

この頃は11月に気温が20度以上あったり、3月に大雪が降ったりとカレンダーで季節を判断するのはとても難しいです。

自分の感覚を大切にして、スプリングコートを冬に着る場合、ストールなどで暖かさをプラスしておけば全く変ではありません。

広告

スプリングコート(春コート)を着るのはいつまで?

スプリングコート(春コート)を着るのはいつまでが良いのか?

一般的にスプリングコートを着るのは3月~6月、9月~11月くらいがベストです。

スプリングコートを着て寒くなり始めたら着ない方が良いでしょう。

逆にスプリングコートは暑さを感じ始めたら着ない方が良いでしょう。

5月のゴールデンウィークを過ぎてくると少しずつ日差しもキツくなり暑さを感じるようになります。

周りも初夏と判断する季節でもあるので、4月の終わり頃にはスプリングコートは着ない方が良いです。

ですが、異常気象で4月や5月に雪が舞い散るようなら話は別です。

その場合は、風邪をひかないように持っていてもおかしくはありません。

季節感で洋服を選ぶことも大切ですが、体調を崩さない服選びも必要なことです。

広告

スプリングコートに適した外の気温は何度まで?

スプリングコートは薄手の素材でできています。

なので、あまり寒すぎる時には着ていても意味がありません。

目安は18度です。

18度といっても体感温度や風の吹く様子でも変わってきます。

18度でも寒いと感じる場合は、冬コートの方が無難です。

スプリングコートを冬に着たいのであれば、やはりマフラーを巻いくのがオススメ。

インナーに厚手のセーターを着たりと、見栄えや防寒対策も含めて、着こなしが必要です。

広告

冬に着るコートでオススメアイテムや素材は何?

冬素材は多種多様で、選ぶことがとても楽しいですね。

以前は冬のコートというとウールなどの高い素材が選ばれていましたが、最近はナイロンなどの化学繊維でのコートが好まれています。

ウールなどは自宅での手入れが難しく、毎年クリーニングに出さなければいけなかったり虫がつかないように防虫剤を常に入れておいたり手入れが大変です。

化学繊維でのコートは、洋服ブラシで日常的に簡単に手入れができること。

素材自体が軽いので体に負担が少ないこと。汚れがついた場合でも落としやすいことで近年人気傾向にあります。

それだけでは寒々しく感じるので、このごろはスヌードを一緒に合わせると今流行りの感じに。

スヌードとは、マフラーやストールとは違い筒状のアイテムです。

ふわっと感が出るため顔まわりにボリュームを持たせることができ、全体の印象が華やかになります。

素材も重要ですが、毎年冬は長さも注目。

今年は大寒波が予想されるため、ロング丈のコートが人気です。

ショート丈のコートを着る場合は、裾にボリュームを持たせて着こなしを楽しんでください。

広告

スプリングコートを秋に着るのはあり?

スプリングコートを秋に着るのはありです。

スプリングコートは名前に「スプリング」とはいっているので、どうしても春しか許されないのかなと考えてしまいますが、そんなことはありません。

むしろ秋頃の朝晩の気温の変化の激しい秋だからこそ活用できます。

ちょっと工夫をするなら、寒色系のスプリングコート、パンツをダークトーンにするなど、工夫が必要です。

朝と夕方の気温の低い時には、羽織って調節し昼間の気温が暑い時でも膝掛けとして使えます。

人によって感度が異なる季節が秋なので、無理なく周りに合わせながら体温調節できます。

少し秋の感じをプラスしたい時は、モフモフアイテムを取り入れて。

バックチャームなどちょっとした所につけるだけで秋を意識しながらスプリングコートを楽しめます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました