春にワインレッドおかしい変?いつまで?コーデは?ボルドーの服は?

生活の知恵

春にワインレッドやボルドー色の洋服「アウターやパンツ、スカート」を着たい人もいますよね。

だけど「季節感がおかしくないか?いつまで(何月まで)着られるのか?」悩んでいる女性も多い。

「お気に入りのワインレッドのアイテムを買って、できれば春にも着られたら嬉しいな。でも、春に着ても大丈夫なのかな?」と思う方もいるでしょう。

では、お悩みを解決していきましょう。

広告

春にワインレッドおかしい変?

カオリさん
カオリさん

ワインレッドはむしろ春に大活躍するアイテムですね。

秋でも着れますし、春でも着れます。

けっこう便利な色ですよ。

もし秋のイメージになりそうなら、インナーやパンツに明るい色を持っていけばOKです。

ミライさん
ミライさん

わたしもワインレッドの「ジャケット・パーカー・パンツ・コート」持ってますよ。

基本的に春と秋に来ていますね。

インナーやパンツに明るい色を持ってくれば、春っぽくなりますよ。

マミさん
マミさん

ワインレッドは便利な色ですよね。

秋でも春でも対応ができる色だと思いますけどね。

おしゃれですし、ワインレッドは他の色と相性が良いので、インナーとかパンツで遊べたりしますよね。

春にワインレッド良いと思います。

取り入れ方を工夫すれば春にも着用できて、ワインレッドも長く楽しめます。

色や見せ方を組み合わせれば、上手に着こなせますよ。

ワインレッドは。

落ち着いた印象で、女性らしい雰囲気が楽しめるカラーですよね。

身に着けるだけで、いつもと違う気分になれます。そんな魅力的なワインレッドを、春にも取り入れることができるんですよ。

「でも、ワインレッドは秋冬のイメージが強くて、春に着用するのは正直ためらう・・・」

確かに、色だけで見ると秋冬のイメージが強いです。

しかし、他の色や形などを活用すると春にも楽しめます。

ポイントは「白・明るいカラー・見せ方」です。

これらを組み合わせることで、ワインレッドを上手になじませることができます。

また、秋冬のイメージが強くても、関係なくワインレッドを楽しんでいる人はいるので、そんなに気にしすぎることはありませんよ。

春でもワインレッドが楽しめたら、それに合うアイテムを揃えられますし、手持ちの洋服や靴でいつもと違ったコーデを考えるのも楽しいですね。

広告

春にワインレッド色の「パンツ・スカート」はおかしい?

春にワインレッド色の「パンツ・スカート」はおかしいのでしょうか。

基本的に手持ちの洋服・靴で工夫できるので、大丈夫ですよ。

ワインレッドは紫と赤が入っています。

暖かさと落ち着いた印象のあるカラーです。

なので、靴をブーツやパンプスにするとより重さが出てしまいます。

しかし、スニーカーやサンダルにするとカジュアルさ・軽さがでるので、靴を変えるだけで簡単に印象チェンジができます。

また、白のパーカーにワインレッドのスカートを合わせると、明るさ・カジュアルさがありながら女性らしさも出ます。

ワインレッドのパンツを選ぶ場合は、少しタイトで丈の短いタイプにして、パンプスを明るいベージュにすると、シルエットがすっきりしますし、重く見えません。

ワインレッドは大人っぽさを演出できる色なので、よく着用する方もいますよね。

そんな素敵なカラーも春には難しく感じてしまいますが、ちょっとした工夫で長く楽しめます。

広告

春にワインレッド色の洋服を着る場合はいつまで(何月まで)なら大丈夫?

春にワインレッド色の洋服を着る場合はいつまで(何月まで)なら大丈夫なのでしょうか。

色で考えると、3月~5月までがよさそうです。

沖縄では暑そうに見えることもあるでしょう。

気象庁の気温のデータを見てみると、北海道・札幌では、4月までは肌寒さがあります。

なので、北海道では長くワインレッドを楽しめそうです。

東京では4月になると暖かくなってくるので、そのころには少し暑そうに見えるかもしれません。

3月~5月までがちょうど良いのではないでしょうか。

沖縄では、3月の下旬から暑いこともあるので、着るなら冬の間ですね。

春には着ることはなさそうです。

さすがに、夏にワインレッドを着用すると暑そうに見えます。

気になる方は、暑い時期は避けるがよさそうです。

気温や周りと馴染ませるなら、3月~5月上旬までがよさそうです。

広告

春にボルドー色の洋服はおかしい?

春にボルドー色の洋服はおかしいのでしょうか。

結論から言えば、大丈夫です。

手持ちの洋服で工夫すればおかしくないですよ。

春カラーでボルドーに合う色は、ベージュ・白・グレー・デニムの青など。

反対にボルドーに合わない色は、原色カラーのようなはっきりした色です。

どちらも色の主張が強いので、コーデにまとまりがなくなるからですね。

ボルドーは暗い赤なので、こちらも暖色系になります。

そこで、色の組み合わせで注意することがあります。

ボルドーは、同じ系統の色や黒を多く合わせてしまうと、重い印象なり、春のさわやかさ・華やかさがなくなってしまいます。

春っぽく見せたいという方は、明るいカラーを取り入れるように意識するといいですね。

ボルドーに合う色は、ベージュ・白・グレー・デニムの青などですが、どれも手持ちのカラーが多いのではないでしょうか。

なので、ボルドーであっても組み合わせ次第では、難しくないですしおかしいということもないですよ。

広告

ワインレッドやボルドー色のアウターの季節イメージは?

ワインレッドやボルドー色のアウターの季節イメージは何なのでしょうか。

アウターだと正直、秋・冬のイメージが強いです。

ワインレッドやボルドーのアウターとなると、色の主張する範囲が広いので、どうしてもそこに目が行きます。

ワインレッドは紫の中に、強めの赤が特徴です。

そして、ボルドーは暗い赤が特徴です。

多くの方が秋や冬をイメージすると思いますが、どちらも暖色系の「赤」が入っているので、暖かい印象があり、秋・冬などの寒い季節をイメージするからでしょう。

なので、アウターでワインレッドやボルドーを着るなら、秋冬のイメージが強いです。

ですが、あくまでもイメージなので、春にでも着れますよ。

インナーやパンツに明るい色を持ってくれば、春にも対応できます。

広告

春にワインレッド色のアウターを取り入れたオススメコーデは?

ワインレッドのアウター以外は明るいカラーを取り入れるといいですよ。

アウターがワインレッドだと色の主張が強いので、白や明るい色を多く取り入れて、ワインレッドに引っ張られないようにするのがポイントです。

ワインレッドのアウターでも工夫次第で着用することはできますよ。

アウター自体の丈が短い物を選んで、白いトップスや明るいベージュのゆったりパンツなどを選ぶと、ワインレッドに負けず、バランスがとれます。

また、ワインレッド色のアウター+白のトップスを明るいベージュやスカートにインして着ると、シルエットがスッキリしてよいです。

他にも、パンツは丈が短めなものをチョイス、黒のサンダルで足見せすると、足元が軽く見えつつ、バランスがとれていいですよ。

ワインレッド色のアウターであれば、素材をポリエステルなどにして、春でも暑さを感じさせないものを選ぶのもポイントです。

軽さのあるふんわりしたものを選ぶと、春でも大丈夫です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました