春にセーターおかしい?いつまで?秋は?ニットの季節はいつから?

生活の知恵

セーターといえば、冬はインナーとして、秋はアウターとして着られているイメージがありますよね。

でも、出来れば春にも着たいものです。

事実、春にニットやセーターを着たいけど「おかしくないか?いつまで(何月まで)着られるのか?」悩んでいる女性も多い。

では、春にセーターを着るのはおかしいのか?詳しく見ていきましょう。

広告

春にセーターおかしい?

ユキノさん
ユキノさん

春にセーターはまったくおかしくないですよ。

むしろセーターをアウターにするなら春とか秋がオススメですね。

冬はインナーとして、秋と春はアウターにしましょう。

ちなみに、アウターとして着るのであれば、色は明るい方が良いかな?

素材はポリエステルがベタでしょうね。

ミライさん
ミライさん

春にセーターはオススメです。

私もセーター持っていますが、春や秋に着ることが多いですね。

気温が低く、寒ければ、スプリングコートのインナーとして活用するのもアリでしょう。

春に着るセーターであれば、5月くらいまでは着られるかな?って感じです。

夏は無理ですけどね。

マミさん
マミさん

春にセーターいいじゃないですか。

全然アリだと思います。

問題は色ですよね。

春に着るならパステルカラーとか明るい色を選びましょう。

重たい色のセーターを着るなら秋ですよね。

エリコさん
エリコさん

春にセーターでもおかしくないです。

「色・デザイン・素材」で判断していけばいいので、まったく問題ないです。

セーターは秋冬のイメージがある方も多いのではないでしょうか。

なので、正直着るのに勇気がいる時もありますよね。

パステルカラーとかのセーターが春っぽくてオススメですよ。

春に着るセーターにお悩みの方は「春向けのセーターの特徴が分からないから」ということもあります。

春にも着られるポイントを覚えておくと、実は、「春にも着られるセーターが家にあった!」という方もいるかもしれませんよ。

春にセーターやニットが着られることが分かりました。

ですが、具体的な時期も知っておくことで、より自然に着られて安心できます。

広告

春にセーターやニットを着るのはいつまで(何月まで)?

春にセーターやニットを着るのはいつまで(何月まで)なのでしょうか。

結論から言えば、5月くらいまでは着られるでしょう。

素材選びによっては、セーターやニットセーターは春の間ずっと着られます。

例えば、ウールやカシミヤを着ても良いですし、ポリエステルやコットンでも問題ありません。

この点は気温を見ながら決めていきましょう。

セーターやニットは、素材選びによっては春の間はずっと着られます。

春向けのポリエステルやコットン(綿)なら3月~5月までオススメです。

秋冬向けのウールやカシミヤなら3月~4月のなかで、気温が低く、肌寒い日に着ましょう。

春といえば、寒暖差が激しい季節でもあります。

暖かい日はアウターとして着るのも良いですし、寒い日はスプリングコートのインナーとして着るのもオススメです。

広告

春にセーターやニットを着るなら何色がオススメ?

春にセーターやニットを着るなら何色がオススメなのでしょうか。

せっかくセーターやニットセーターを着るなら、パステルカラーで季節感を楽しむのもいいですし、シンプルカラーもオススメです。

春になると、パステルカラーが活躍しますよね。

冬の濃い色から明るく優しい色に変えて、新しい気分になれるのが春の魅力のひとつです。

気温も徐々に暖かくなり、春物の洋服を買うのもワクワクですよね。

春カラーといえば、パステル調のピンク、イエロー、グリーンもありますし、定番の白も活躍してくれます。

このカラーをそのままセーターやニットにも使えるんですよ。

セーターやニットは優しげな印象がありますよね。

そこにパステルカラーのやわらかさが入ると、より季節感を出せます。

また、シンプルカラーも活躍してくれます。

定番の白や、ライトベージュ、ライトグレーなど、フレッシュ感や落ち着いた大人の印象も引き出してくれますよ。

広告

春物ニットセーターを秋に秋物ニットセーターを春に着たらダサいの?

春物ニットセーターを秋に秋物ニットセーターを春に着たらダサいのでしょうか。

結論から言えば、着ても大丈夫です。

「色・デザイン・素材」を工夫すると、どちらの季節にも着られるので、ダサくなることもありませんよ。

春と秋は気温的に似ていますよね。

なので、「秋物のニットやセーターを春に着ても大丈夫かも?」や、またその逆も思われる方もいるでしょう。

ニットやセーターを、どちらの季節にも着たい場合は、「色・デザイン・素材」の組み合わせを考えて着ましょう。

<セーターの色>

白、ライトベージュ、ライトグレーにすると、春・秋のどちらにも自然に見えます。

春カラーのパステル色や、秋カラーの暖色系はそれぞれの季節感が出ます。

季節を象徴する色を逆に着てしまうと、不自然で浮いてしまうので避けましょう。

<セーターのデザイン>

できれば「ハイゲージ」という、編み目の細かいデザインを選びましょう。

優しげで軽い印象があります。

逆に「ローゲージ」は選ばないようにしましょう。

編み目がはっきり分かり、デザイン性のある模様が秋冬にイメージが傾いてしまいます。

<セーターの素材>

コットン(綿)、ポリエステルが入ったものを選ぶとよいです。

どちらも春・秋のニットやセーターに使われていますので中立的な素材です。

春物や秋物のニットやセーターを、お互い逆に着たい時は、「ベーシックな色」、「ハイゲージ」、「コットン(綿)、ポリエステル素材」を選んで着ると浮くことなく自然です。

小物やメイクで、より季節感を出す方法もありますので、そこも活用していくといいですね。

広告

一般的にニットセーターを着る季節はいつからいつまで?

一般的にニットセーターを着る季節はいつからいつまでなのでしょうか。

基本的にニットやセーターも、夏向けがあるので季節に区切りはありません。

ニットはジャケットなど、アウターとして着られるので着脱ができます。

しかし、セーターとなると難しいですよね。

せっかくセーターを着て出かけたとき、もし暑くてもなかなか脱ぐのは難しいですよね。

アウターのようにボタンが付いているわけではないので面倒ですし、その場で脱ぐのも周囲が気になってしまいます。

皆さん、ニットとセーターの違いをご存じですか?違いは次のようになります。

「ニット」とは、1本の糸で編んで作った「生地」のことです。

そして、「セーター」とは、ニット生地で作られた「服」のことです。

あまり違いを気にしないで使っている方も多いでしょう。

ニット素材の服であれば、トップスであるセーターや、ジャケット、カーディガンなどのアウターもあるんです。

ここではニット素材の服」として考えると、「素材・色・デザイン」が豊富です。

春夏はポリエステル、コットン、リネン素材が入った、ハイゲージの春カラーを選ぶといいです。

そして秋冬はウール、カシミヤ、アクリル素材で、ローゲージのこっくりカラーを着用していきます。

最近では、ニットやセーターも夏に着ます。

なので、季節の区切りはありません。

1年中着られるので、四季に合わせて素材や色、デザインを楽しめますよ。

広告

春にニットやセーターをアウターにするオススメコーデは?

春カラーを活用して、「カジュアル・上品・シンプル」コーデを楽しみましょう。

ニットやセーターをアウターとして着るなら、しっかり春カラーを取り入れて季節のメリハリを楽しみましょう。

ニットのアウターはゆるっと着た方が可愛らしさ・女性らしさが出るのでオススメです。

下から重ね着することも考えて、少し大きめのサイズを選ぶといいですよ。

アウターをパステルカラーのピンク、イエロー、グリーンにして、ロング丈を選びましょう。

ニットアウターを主役にして、ショート丈のデニムやパンツで足見せすると、軽さも出せます。

セーターをアウターとして着るなら、Vネックでカジュアルに、鎖骨を見せて上品に見せるのもオススメです。

白やライトベージュ、ライトグレーのセーターに、パステルカラーのパンツと合わせると、より春らしくなって気分が上がりそうですね。

パンプスもセーターと同じような色を選び、パンツを主役にしましょう。

また、黒のセーターにもパステルカラーのピンクやグリーンのパンツが合いますよ。

黒でキリっとさせつつ、しっかり春も取り入れられるのでオススメです。

セーターの上から着ない場合は、下にインナーを着ましょう。

そして、最低15℃くらいはある気温の日に着用すると、寒い思いをすることはなさそうです。

もちろん、人によって体感温度は違います。

天気や風でも変わってくるので、ご自身にちょうどいい日に着ていくといいですね。

ニットやセーターは、春カラーも自然に馴染んでくれるアイテムです。

また、シンプルな色にしても、パンツに春色を使うこともできますので、その日の気分で上下の組み合わせを変えてみてもいいでしょう。

コーデで気持ちの切り替えができるのもうれしいポイントです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました