春にタートルネックおかしい?暑い?いつまで?薄手?気温やコーデも

生活の知恵

タートルネックといえば、秋冬の季節に着るイメージがありますよね。

でも、せっかくなら春にも着たいものです。

春の季節にタートルネックを着たいけど、「おかしくないか?何月まで着られるのか?」悩んでいる女性も多い。

では、春にタートルネックを着るのはおかしいことなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

広告

春にタートルネックおかしい?

カオリさん
カオリさん

基本的にタートルネックが活躍する季節って秋と冬ですからね。

でも、春でもおかしくないと思いますよ。

春でも3月~5月上旬までは、まだまだ寒暖差の激しい季節ですからね。

おかしくないですよ。

カスミさん
カスミさん

春にタートルネックは全くおかしくないです。

むしろアリですよ。

少なくとも4月までは活用できるでしょうね。5月からは暖かくなるので、アウターとして着るのもアリですよ。

マミさん
マミさん

タートルネックは春にも定番のアイテムですよ。

5月入るくらいまでは、普通に活用できると思います。

5月からはちょっと暖かくなるので、その日の気温によってになりますが、タートルネックをアウターとして着ても良いですね。

タートルネックは基本的に夏以外はどんどん使えるアイテムなので、春に着ても大丈夫ですよ。

タートルネックはニットやウール、カシミヤなどの素材が有名ですよね。

なので、秋冬のイメージが強い方もいるでしょう。

ですが、お気に入りの1枚を春にも着られたら、お家でも外出先でも、より楽しい時間になりそうですよね。

結論から言うと、春にもタートルネックは活躍してくれます。

素材でいうと、コットンやポリエステルなど、肌寒い日~暖かい日に着られるタイプがあります。

そして、生地も薄手のタイプがありますので、素材と薄手の生地をうまく取り入れるといいんですよ。

また、タートルネックは白・黒・グレーもおしゃれなんです。

シンプルコーデが好きな方は買い足さなくても大丈夫かもしれません。

お手持ちのタートルネックが春にも着られるか、ぜひチェックしてみてください。

広告

春にタートルネックは暑い?

春にタートルネックは暑いのでしょうか。

タートルネックを着ながら長時間歩く日は暑さを感じるでしょう。

春といっても、4月・5月からは20℃を超える地域もあります。

暖かいだけならちょうどよいかもしれませんが、歩いたりするうちに暑くなってきますよね。

そうなると襟が首元まであるので、20℃を超える日には厳しいと感じます。

寒い地域は5月まで着られるので、素材に気を付ければ春いっぱい着用できるところもありますよ。

体感温度は人によるので、ご自身の日頃の過ごし方で判断していくといいですね。

春にタートルネックの着用を考えている場合、20℃を超える日は避けた方が良いでしょう。

特に天気がいい日に外を歩くと、暑い思いをしますので、長時間の外出の予定があれば、脱ぐことができないので気をつけましょう。

広告

春にタートルネックを着るならいつまで?(何月まで?)

春にタートルネックを着るならいつまで(何月まで)なのでしょうか。

基本的に3~4月はインナーとして、暖かくなる5月からはアウターとして着ても良いいでしょう。

暖かくなてきたら冬物として使われる「ウール・カシミヤ・アクリル」などの素材のタートルネックは避けた方が無難でしょう。

5月から薄手タイプに切り替えていくのもアリです。

東京の3月は冬物からニット素材へ、4月からポリエステルやコットン素材の薄手に移っていきます。

5月からは20℃を超えて夏日になってくるので、タートルネックは基本的に4月までの着用が最適です。

もし5月に着るならコットン素材の薄手のものがいいですね。

広告

タートルネックを着れる季節(シーズン)は?

タートルネックを着れる季節(シーズン)はいつまでなのでしょうか。

基本的に夏以外であれば活躍してくれます。

素材を活用すれば長く着られますよ。

タートルネックは、首元まであるトップスなので、「寒い時期にしか着られないのかな?」と思う方もいますよね。

さすがに、夏の時期に首元まであるタートルネックは合いません。

ですが夏以外の「春・秋・冬」は素材選びで着用が可能なんですよ。

お気に入りをたくさん着回せるというメリットがあります。

そして、気になる素材選びですが、冬は「ウール・カシミヤ・アクリル」などの素材を主に取り入れます。

春・秋は「冷え込む日・肌寒い日・暖かい日」がありますよね。

なので、ポリエステルやコットン(綿)素材の入った薄手のものを、気温によって着分けていきましょう。

タートルネックは、素材選びで夏以外であれば長く活躍してくれます。

肌寒い日や暖かい日は、ポリエステルやコットン(綿)素材の薄手のものを取り入れましょう。

広告

春に薄手のタートルネックなら問題ない?

春に薄手のタートルネックなら問題ないのでしょうか。

結論から言えば、問題ありません。

気温によりますが、ストールを準備しておくとより安心です。

冷え込む時間帯や天気も関わってくるので、薄手のタートルネックを着るなら、アウターが必要になる日もあります。

もし、「アウターを着るほどではないけど、ちょっと寒さが心配・・・」という時は、インナーを仕込むのもありです。

また、首元が寒いならストールもオススメですよ。

春らしいイエロー、ピンク、花柄を取り入れて、より季節感が出せます。

また、コットン素材であれば柔らかいので、カバンにも入れられます。

羽織ることもできるので、ちょっとした気温の変化にも対応できますよ。

ストールの素材をうまく活用するのもいいですね。

春に薄手のタートルネックを着るのは問題ありません。

ですが、冷え込みや天気にも気を付けて、必要であればアウターやインナーを活用しましょう。

ストールも素材によって使い分けるといいですね。

広告

タートルネックをアウターに活用できる気温は何度くらい?

タートルネックをアウターに活用できる気温は何度くらいなのでしょうか。

素材にもよりますが、一般的にタートルネックだと、最高気温15℃前後の日に活用するといいです。

コットン素材などの薄手のタイプなら、最高15℃より上がる日に着用するといいですよ。

タートルネックは襟が首元まであるのが特徴です。

襟を折り返して着るタイプもあるので、首元が暖かいですよね。

アウターとして活用するなら、そのまま着るか、インナーを仕込むといいでしょう。

タートルネックをアウターとして着る場合は、その日の気温も気になりますよね。

定番のニットも有名ですが、他にもポリエステルやコットン素材などの軽いもの、生地の厚さもいろいろです。

そこで参考にするのは「最高気温15℃」です。

ニットや生地の厚いものは、最高15℃の日に着用し、保温性のあるインナーもセットにするといいです。

そして、ポリエステルやコットンなどの薄手タイプなら、最高15℃より上がる日の着用がオススメです。

タートルネックをアウターとして活用する場合は、「寒くならないかな?」ということが気になるところです。

最高気温15℃を基準に素材を変えていくといいですね。

広告

春にタートルネックを取り入れたオススメコーデは?

タートルネックはシンプルカラーがオススメ。

代わりにパンツやスカートで春らしさを出していきましょう。

また、シンプルなコーデでもしっかりおしゃれですよ。

タートルネックは首元まである襟のゆるさによっても印象が変わります。

しまっていると上品さ・可愛さが出せます。

ゆるっとしたものはカジュアル・ナチュラルが好きな方にはオススメですよ。

春定番カラーの白はもちろん、黒やグレーも活躍してくれます。

シンプルコーデが多く、無地コーデでもしっかりおしゃれです。

白タートルなら、パンツ&パンプスが黒でもOKです。

パンツはダボッとしていると重く見えるので、タイトなものを選びましょう。

タートルネック自体には、春らしいピンク、イエロー、パープルなどを使うことはあまりありません。

その代わり、パンツやスカートに春カラーを持ってくることが多いです。

ボディラインに沿ったタートルネックなら、プリーツスカートとよく合います。

黒をインして着ると、脚長効果も狙えますし、スカートのふんわり感が主役になって可愛いです。

タートルネックと同じカラーのニットアウターと合わせると、より優しげで上品です。

丈が長いタイプなら、ベルトで体のラインにメリハリが出てバランスがいいですよ。

タートルネックは、パンツやスカートでより季節感を出していきます。

全体的にシンプルなコーデが多いで、白・黒・グレーもよく登場します。

シンプルさが好きな方も気軽にコーデを楽しめますよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました