春にニット帽は変でダサい?季節感おかしい?暑い?商品?かぶり方も

生活の知恵

ニット帽といえば、冬に被るイメージがありますが、春も被りたいですよね。

事実、春にニット帽を取り入れたいけど「変でダサいくないか?季節感はおかしくないか?いつまで活用できるか?」悩んでいる女性や男性も多い。

では、春にニット帽を被るは季節感が変でダサいのか?詳しく見ていきましょう。

また、春にニット帽をおしゃれに被るコーデについても紹介しています。

広告(スポンサードリンク)

春にニット帽は変でダサい?

ユキノさん
ユキノさん

別にダサくないと思いますよ。

春にニット帽を被っている女性も多いですしね。

最近では、「サマーニット」なんていう夏用にニット帽もあるくらいですからね。

春といっても3月~4月は寒いですからね。

ミライさん
ミライさん

全然ダサくないですよ。

でも、色は気を付けた方が良いでしょうね。

例えば「ネイビー、ブラック」などの重たい色はやめた方が無難でしょうね。

なるべくパステルカラーのニット帽などがオススメです。

マミさん
マミさん

春も3月~4月までは十分に寒いですからね。

全くおかしくないですよ。

5月になって気温が高くなってきたら、サマーニット(夏用ニット帽)など、通気性の良い薄手のニット帽に変えるのもアリですよ。

ニット帽はおしゃれアイテムなので、春にかぶってもダサくないですよ。

ニット帽は、ウール素材の冬場に着用するイメージがありますよね。

カラーも豊富でいつものコーデに取り入れるだけでまた違った雰囲気が出せます。

ニット帽を春に取り入れるとなると、「どの時期にどのくらいの気温でかぶればいいのかな?」、「季節の変わり目でタイミングが難しい・・・」という方もいますよね。

結論をお伝えすると、春にニット帽を取り入れても問題ないです。

素材、デザイン、色選びで春にも楽しめます。その日の気分で、かぶり方や髪型を少し変えて楽しむ方法もありますよ。

また、ニット帽はおしゃれアイテムでもありますが、外出の日に「時間がなくて髪をセットする時間がない!」という方へもオススメです。

被るだけなので、セットできなくても被り方を少し変えて、その日は簡単にカジュアルコーデで行くこともできますよ。

なので、ニット帽は寒い時期だけに被るものではないんです。

今はおしゃれコーデの一つとして活躍するアイテムで、もちろん春に取り入れてもOKですよ。

広告(スポンサードリンク)

春にニット帽を被ったら季節感はおかしい?

春にニット帽を被ったら季節感はおかしいのでしょうか。

素材とデザインに気を付ければ適切な季節感を出せますよ。

その日の気温によって、デザインにもこだわるのも楽しいですね。

また、ウールが苦手な方は肌触りのいいタイプもあるので、肌触りを大事にしている方は、素材選びも重視した方がいいでしょう。

ニット帽はファッションのひとつなので、春に被ってもまったく問題ないです。

サマーニット帽という夏向けのニット帽もあるので、季節に関係なく楽しめるアイテムですね。

アクリル、コットン、リネン素材であればチクチクしづらいですよ。

また、アクリル素材は手に入れやすい値段なので、ニット帽のコーデでいろんなカラーを取り入れたい方にオススメです。

そして、色選びですが、赤・オレンジ・茶色・黄色などの、暖色系以外であればどの色を選んでも大丈夫です。

季節感を出したい方は、パステルカラーもいいですね。

ポンポン付きや、編み込みのデザインは避けましょう。

冬の印象があり、季節感がズレてしまうためです。

春にニット帽を被る場合に、気を付けるポイントは次のようになります。

素材→アクリル、コットン、リネンを選ぶ

色→暖色系以外を選ぶ。季節感を出すならパステルカラーもオススメ

デザイン→ポンポン付き、編み込みのデザインは避ける

ポイントを知っておくと、不安に思うことなくニット帽を取り入れられます。

選べる色も多いので、ニット帽のお買い物や、気分によって変えられるのも楽しいですね。

広告(スポンサードリンク)

春にニット帽を取り入れるならいつまで(何月まで)なら大丈夫?

春にニット帽を取り入れるならいつまで(何月まで)なら大丈夫なのでしょうか。

基本的に素材と地域によりますが、春にニット帽を被るなら3~5月までがいいですね。

気温15℃を目安に素材を変えていきましょう。

最高気温15℃より下がるなら厚手のニット帽が活躍してくれます。

最高15℃~20℃になるなら、ウールは避けて、アクリル、コットン、リネン素材を選ぶといいです。

地域ごとでも違いますが、3~5月までは取り入れられます。

最高15℃を目安に素材を変えていきましょう。

広告(スポンサードリンク)

春にニット帽を被るのは暑い?

春にニット帽を被るのは暑いのでしょうか。

結論から言えば、素材選びに気を付けると大丈夫ですよ。

最近では、季節に関係なくいろんなニット帽をおしゃれとして楽しんでいる人もいますよね。

春だと、アクリル、コットン、リネンなどの素材を選び、ぽんぽん付きや編み込みのデザインは、冬のイメージがあるのでできれば避けましょう。

暖かい日や動いたりする日は、頭が蒸れて暑くなり、脱いだ時にペタッとなる場合もあるので、ニット帽を被る際は、素材選びで対応しましょう。

その日の気温で必要に応じて選べると嬉しいですよね。

ウールやアクリル、コットン、リネンのどちらも準備しておくと、「頭が蒸れて、セットした髪型が大丈夫か気になる・・・」なんてこともなくなりそうです。

広告(スポンサードリンク)

春にニット帽をするならどんな商品がオススメ?

春にニット帽をするならどんな商品がオススメなのでしょうか。

寒い日はウールでもOKです。

暖かい日はアクリル、コットン、リネンがオススメです。

ニット帽は種類がいくつかありますよね。

まず、耳当てのついたタイプは冬場に防寒のために被るものなので、春向けではありません。

編み込みや、ポンポン付きのニット帽は冬のイメージがあるので、避けるとよいですね。

シングルニット帽は、グレーや黒にして、ゆったりサイズ。

深く被るとカジュアルでカッコよさも出せます。

ダブルニット帽は、一番馴染みのあるタイプです。

ニット帽選びが難しい方や、同じものをたくさん被りたいという方は、このタイプを選ぶのがオススメです。

また、白やベージュだと、爽やかさがあり服と合わせやすいので、カラーに迷っている方にもオススメです。

グレーや黒だとシンプルで落ち着いた印象になれます。

ニット帽を春に被るのであれば、暖色系以外であればどの色を選んでも大丈夫ですよ。

より春らしさを出したければ、パステルカラーを取り入れてもおしゃれです。

ニット帽はカラー選びだけでコーデに一躍買ってくれる、便利なアイテムですね。

広告(スポンサードリンク)

春にニット帽をおしゃれに見せるかぶり方は?

春にニット帽をおしゃれに見せるかぶり方のポイントは気温です。

ニット帽の素材は気温によって変えましょう。

暖色系以外を選べば、あとは髪型とかぶり方でおしゃれに見せます。

気温15℃より低ければウール素材、15~20℃はアクリル、コットンリネン素材を選びましょう。

カラーは、春の季節感を出すならパステルカラーもいいですが、シンプルに白・グレー。

黒・ベージュだとシンプルコーデにも合いますし、色選びが簡単です。

赤や茶色、オレンジ、黄色などの暖色系以外であれば、どのカラーを選んでも大丈夫です。

そして、素材や色も大事ですが、髪型でも印象が大きく変わってきますよね。

そこで、髪型別におしゃれなかぶり方をご紹介します。

前髪がある人は、浅めにかぶり、前髪を出して額に丸みを出すのもオススメ。

前髪を少し巻いて、ボリュームを出してもかわいいです。

<ショート・ボブ・ミディアム>

・髪を巻いたりハネさせたりして、顔周りの印象チェンジも楽しめます。

・浅くかぶってもOK

・浅めのニット帽も似合います。

・ボブの前髪が長い人は、前髪を少し出し、片耳だけ見せる

<セミロング・ロング>

・深くかぶってもOK

・お団子ヘアや、サイドの髪をゆるく巻いて少し出す

・ゆったりサイズのニット帽をたるませて被るとバランスがいいです。

・両耳を出すとすっきりと清潔感のある印象

・髪を下す場合は、片耳だけに髪をかける

・髪をおろしてそのままかぶってもカジュアルさが出ます。


春にニット帽を被る時は、素材は気温によって変えるといいですね。

暖色系以外のカラーを選び、髪型でもおしゃれに見せましょう。

ニット帽は、かぶり方だけでも違った印象に見せられるので、自分の髪型に合わせて、何パターンか覚えておくといいですね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました