裏起毛は春に暑い?いつまで?パーカーやスウェット何月から?気温も

ファッション

寒い季節に大活躍する裏起毛は春に暑いのでしょうか?

春も夕暮れ~早朝は非常に寒いですからね。

事実、裏起毛の洋服(パーカー、ジャケットなど)を着たいけど、春だと「暑くないか?いつまで着れるのか?」悩んでいる女性も多い。

でも、裏起毛の洋服は月によっては、春でも大活躍することは大いにあります。

では、詳しく見ていきましょう

広告

裏起毛は春に暑い?

裏起毛のアウター(ジャケット、パーカー)は春に着るのは暑いのでしょうか。

時期によっては裏起毛を着ても大丈夫ですが、北海道は5月、東京は4月からは暑いです。沖縄は春に裏起毛は暑いですね。

春は気温の変化があります。

またそれ以外にも天気やその人の体感温度によっても様々なので、基準は個人によって違います。

冬から春へと変わり、フレッシュな季節は気持ちを新しくしてくれます。

そして、春らしく新しいファッションで気分を盛り上げている方も多いのではないでしょうか。

しかし、春の季節は気温が不安定になることが多いので、どんな服を選んでいいのかわかりにくい季節だと思いませんか?

「今日は寒くなりそうだから、厚手のアウターでいこう」と思って着ていったら、日中暑くなって過ごしにくかった、一人だけ厚着をしていることが少し気になっていた・・・

など、判断が難しいですよね。

日中が暑い日もあるので、裏起毛では過ごしにくさを感じる時もあります。

また、天気も関係してくるので、どうしようか迷った時は天気予報を参考にするのもいいですよ。

場所によっては冷房・暖房などもあるので、その人がどこで過ごすかによっても変わってきます。

なので、基準となる気温を知っておき、天気予報などを参考にすると判断しやすいです。

そうすると、裏起毛を着て「やっぱり暑かった・・・」となることも減りそうですし、季節外れで変に思われることもないですね。

広告

裏起毛の洋服を春に着るならいつまで?(何月まで?)

裏起毛の洋服を春に着るならいつまで(何月まで)なのでしょうか。

春に着るなら3月~4月までです。

沖縄はすでに暖かいので、春に裏起毛の出番はなしです。

春(3月~5月)の朝と夜はまだ冷えますよね。裏起毛は、厚みがあって暖かいのが特徴なので、朝・夜に外出される方は裏起毛を着てもOKですよ。

裏起毛の洋服を着られる時期を地域ごとに見てみると、

・北海道は4月まで

・東京は3月まで

・沖縄では、春に裏起毛は暑さを感じます。

最近では、春の最高気温も徐々に上がってきているので、将来的に裏起毛の洋服が着られる期間は短くなるかもしれません。

ですが、家の中でも着られますし、服のカラーを変たりして楽しむこともできるので、そんな心配もないですね。

広告

裏起毛のパーカーは何月から何月まで着られる?

裏起毛のパーカーは何月から何月まで着られるのでしょうか。

早くて11月~4月の間で着られます。

パーカーでも、ジップタイプか、上から着るタイプかによって変わってきます。

ジップタイプは外出先での体温調節ができ、融通がききます。

天気・気温によっても変わってきますが、どんな服にしようか考える時は、天気予報を参考にされる方もいますよね。

その際は、「最高気温15℃程度」を基準に決めるといいですよ。

北海道は、11月~4月くらいまでが最適です。ただし、1月・2月は最高でもマイナスになるので、裏起毛のパーカー+αで着た方がよいですね。

東京は12月~3月くらいまでが最適ですが、最近では3月の最高気温も15℃を超えてきているので、人によっては3月には着られない方もいるでしょう。

沖縄では、最高気温が20℃を超えてきます。なので、最低気温が14~15℃である1月・2月に裏起毛を着る、といえそうです。

(※気温は、国土交通省気象庁より参照しています)

まとめると、裏起毛のパーカーが着られるのは・・・

・北海道は11月~4月

・東京は12月~3月

・沖縄は1月・2月

といった感じになります。

広告

裏起毛のスウェット何月から何月まで着られる?

裏起毛のスウェット何月から何月まで着られるのでしょうか。

結論から言えば、11月~4月の間からです。

地域やどこで着るかでも変わってきます。

スウェットは大きめのサイズを着てもおしゃれですよね。

スウェットは、柔らかく動きやすいのが特徴なので、家の中でも着やすいアイテムです。裏起毛の素材は厚みがあって暖かいので、冬の間も着ることができます。

また、他の人たちの着こなしを見てみると、スウェットの上からさらに着る、ということは少ないので、とても寒い日に1枚だけだとちょっと心配になりそうです。

スウェットもパーカーと同じで、最高15℃程度を基準にして着るとよいでしょう。

裏起毛のパーカー同様、裏起毛のスウェットが着られるのは

・北海道は11月~4月

・東京は12月~3月

・沖縄は1月・2月

といった感じになります。

広告

裏起毛の洋服を着る目安の気温は何度くらい?

裏起毛の洋服を着る目安の気温は何度くらいなのか、悩みますよね。

基本的には最高15℃を目安にするといいですよ。

最高15℃くらいになると、朝晩の冷え込みが気になりますが、日中の最高気温で考えると、裏起毛の洋服を着るのにはちょうど良い気温になります。

15℃は人によって感じ方が違うので、服選びが難しいですが、なにか基準があると判断の際、役に立ちますよね。

天気予報を見る時にポイントとなるのが、「最高気温」です。

裏起毛を着る時にちょうどいい気温は「最高気温15℃程度」になります。

もちろん、人によって感じる温度により差がありますが、目安として覚えておくとよいですね。

広告

春に裏起毛のジャケット(アウター)を着るときのオススメコーデは?

春に裏起毛のジャケット(アウター)を着るときのオススメコーデに悩む人も多い。

基本的には、パーカーやタートルネックと合わせるとシーンごとに着こなせます。

最高15℃といっても、朝のうちや夜から外出される方はさすがに寒いですよね。

今持っているジャケットにプラスすることでコーデを楽しむことができます。

洋服だけでは寒いこともあるので、靴はブーツなどで寒さ対策もすると上下のバランスがとれていいですよ。

また、シーンを考える場合は・・・

・カジュアルにしたい時は、ジャケットの下にパーカーを合わせる

・しっかりした印象にしたい時は、暗い色のタートルネックのニットを合わせる

など、シーンに合わせて着こなすとよいですね。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました