秋パステルカラー変?何色ならOK?コーデは?春服と秋服の違いは?

生活の知恵

日本には四季があり、季節によってファッションに取り入れる色も変わってきますよね。

秋はもうすぐ冬が到来することもあって、少しずつ街中の洋服が寒色系からモノトーンに変わっていきます。

やはり春服と秋服は少しだけですが、コーディネートに違いが出るものですよね。

では、パステルカラーは秋のコーディネートに取り入れても着ても変じゃないか?色々な人に意見を聞いてみました。

また、秋にパステルカラーを着るなら何色ならOKなのか、についても解説しています。

広告

秋パステルカラー変?

アヤミさん
アヤミさん

ファッションに決まりはないから好きな色を着るのが正解だと思います。

ファッションはあくまでも自己表現ですしね。

例えば、アウターに寒色系とかモノトーンを持ってきて、インナーにパステルカラーを入れるのとかはどうでしょうか?

外にいる時は落ち着いて色で、室内でトレンチコートとかのアウターを脱いだときに、パステルカラーだとお洒落ですよ。

例えば、レストランとかカフェとかに入るなら、インナーにパステルカラーの洋服を持ってきた方が、室内映えするんですよね。

エリコさん
エリコさん

秋だったら別に変じゃないと思いますけどね。

例えば、茶色とピンク色でコーディネートを合わせている人も良く見かけますよ。

「ピンク系、グリーン系、ブルー系」のパステルカラーは秋にもオススメの色ですね。

あとは寒色系とパステルカラーを織り交ぜるのもアリですよ。

ユキノさん
ユキノさん

わたしも秋にパステルカラーの色を取り入れますよ。

主に「ピンク、グリーン、イエロー、ブルー」の系統のパステルカラーですね。

インナーとかスカートにパステルカラーの洋服を取り入れます。

アウターはシックな色(茶色、グレー、ネイビー、黒)とかですね。

参考になれば幸いです。

マユミさん
マユミさん

パステルカラーの色ってお洒落ですよね。

確かに春とか夏のイメージは強いけど、秋にパステルカラーの洋服を取り入れている人は、本当にお洒落だと思います。

私の友達はアウターに寒色系で、インナーにパステルカラーの洋服を取り入れていたりしますよ。

あと、パンツにパステルカラーとかですね。

室外だと落ち着いた服装ですけど、室内に入るとアウターを脱ぐので、パステルカラーの洋服に大変身します。

秋になると、冬が近づき、街中で寒色系の洋服が多くなって、どんなものを着れば良いのか迷ってしまいますよね。

色んな色がある中で、パステルカラーを秋に着るのは変なのでしょうか?

答えはNOです。

まず、ファッションに決まりはありません。

自分が良いと思った服を着れば大丈夫です!

街中や友人と服装が違うからといって、自分が変だと気にする必要もないのです。

周りと違うからこそ個性が輝き、自分らしさを出すことができるのです。

周囲の反応など恐れずに、自分の着たい服を着てオシャレをしましょう!

広告

何色のパステルカラーなら秋に着てもOKなの?

何を着ては良いとはいえ、やっぱり気になるという方もいますよね。

何色のパステルカラーであれば、秋に着ていても浮かないファッションになるのでしょうか。

秋に流行する色は、赤やオレンジ、緑などの明るい色と茶色系の落ち着いた色です。

秋らしいファッションを考えている方は、赤・オレンジ系をメインとしたパステルカラーを取り入れれば大丈夫です!

例えば、パステルカラーのカーディガンなどもオススメです。

アウターとしてもインナーとしても機能しやすいですからね。

例えば、ファミレスやカフェなどで食事をするときに、インナーにパステルカラーを持ってくれば、アウターを脱いだ際に、室内映えするコーディネートになります。

広告

春服と秋服の違いは?

春と秋服の違いは、やはりカラーと生地です。

春と秋は似たような気温ですが、景色が全く違います。

春は、草木の緑が増え、桜も咲いて外全体が明るくなります。

それに伴ってカラーもピンクや水色などの明るい色が多いです。

また、夏に向かってだんだん温かくなっていくので生地も軽やかな服が多くなります。

一方で、秋は木々の葉が落ちるなど外全体が暗くなります。

それに伴い、カラーもビビッと系や茶色など暗めの色になります。

また、冬に向かって寒くなっていくので、薄手のセーターやコートを着るなど温かい格好が増えます。

春と秋は、体温調節が非常に難しく、時期も短いのでファッションも難しくなります。

春と秋の気温は一緒でも、これまで話したようにコーディネートは全く違います。

そのため、春服・秋服をそれぞれ用意するとより幅の広いファッションを楽しむことができますよ!

広告

春服と秋服で分けている人は多い?

これまでお話したように、春服と秋服は違う要素が多いので春服と秋服を分けている人が多いです!

春服と秋服は生地も異なるので、秋に春服を着ると肌寒く感じてしまうこともあります。

しかし、一部で春と秋で兼用できるような服もあります。

例えば、ブラックやホワイトカラーの服は季節を問わずに、いつでも着ることができます。

春服と秋服で分けるのが面倒だと感じてしまう人は、ブラック・ホワイトなどどの季節に着ても大丈夫なカラーで揃えることをオススメします!

また、カーディガンなど途中で脱ぐなど体温調節ができる服も季節にとらわれずに着ることができます。

どんなにオシャレでも、天気や気温に合わせずに着てしまうと体調を壊す原因となります。

特に、会社でクーラーや暖房をつけると、1人1人に合わせて気温を調節することはできません。

自分の体調に合わせて服を着られるようにカーディガンなどのすぐ脱ぎ着が出来る服を持ち歩くことをオススメします!

カーディガンを着ないときは、腰や肩に巻いてファッションを楽しむことができるので非常に便利ですよ!

是非試して見て下さい!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました