トレンチコートは冬だとおかしい?秋に着る?何度まで?北海道では?

生活の知恵

普段着にも仕事着にも使いやすいトレンチコート。

確かに春や秋の定番アイテムというイメージを持つ人もいます。

しかし、冬に使うのはおかしいのでしょうか?

冬にトレンチコートを着たいけど、「おかしくないか?寒くないか?」悩んでいる女性も多い。

そこで、このページでは冬にトレンチコートを着る場合のオススメコーディネートなどについて紹介しています。

広告

トレンチコートは冬だとおかしい?

カオリさん
カオリさん

トレンチコートはサラっとしている商品も多いので、なるべく厚手のものを選びましょう。

あとは、着こなし方ですよね。

マフラーなどを使って防寒対策すると良いですよ。

あとは、色ですね。

寒色系のトレンチコートを選びましょう。

エリコさん
エリコさん

冬にトレンチコートを着ても全然変じゃないと思います。

わたしも冬場にトレンチコートを着ることありますよ。

トレンチコートを着るならインナーはニットやセーターがオススメです。

首元が見えてしまうと寒そうに見えるので、その点は要注意ですよ。

アヤミさん
アヤミさん

最近では、冬にトレンチコートを着る人多いですよね。

まずは色選びが重要です。

寒色系のトレンチコートを選びましょう。

あとはインナーにニットを着るもしくは、マフラーをすると良いでしょう。

靴はブーツが良いですね。

トレンチコートはサラっとしているので、パンツはデニム(色はインディゴブルー、ブラック)とかが良いかな?

わたしはトレンチコート着るときはデニムと合わせていますね。

トレンチコートは春や秋のイメージがありますが、ライナー付きの製品も多く、冬に着ても全くおかしくありません。

紳士服発祥の地イギリスで愛されるトレンチは、冬もある程度想定して作られており、丈も長く寒さ対策にも使えます。

日差しのある冬の晴れ間に、サッとトレンチコートを着るのも素敵ですよ。

トレンチコートは風を通しにくく、撥水性がある製品も販売されています。

夏以外のシーズンに使いやすいアイテムなので、冬もたくさん着こなしてください。

広告

トレンチコートは秋に着る洋服なの?

トレンチコートは秋に着る洋服でしょうか。

確かにトレンチコートは色味も紅葉シーズンのようで、秋のイメージがありますよね。

しかし、トレンチコートはメンズの場合は仏軍の制服にも使われており、汎用性が広いものなのです。

ミリタリーとしても使える強度の高い素材で、女性でも冬に着こなすことが可能です。

トレンチコートはダウンよりも薄く、扱いやすいのでインナーに厚めのニットも合わせやすくなっています。

キルティングの裏地があるものを選べば冬でも快適です。

機能性の高いトレンチコートを選ぶことで真冬でも着用できます。

広告

トレンチコートを着るのは外の気温が何度まで?

トレンチコートを快適に着るには、外の気温が何度までなら良いでしょうか。

トレンチコートを快適に着こなせる温度は、10~15℃程度とされています。

しかし、真冬でも快適に着こなす方法が2つあります。

ライナーが厚めの生地を選ぶ

トレンチコートの着用時期を伸ばすには、ライナーが厚めの生地を選びましょう。

ちょっとお値段としては高めのトレンチコートには、しっかりとした厚みのあるライナーが付いています。

ライナーは取り外しもできるので、秋には外して着用すればOKです。

インナーにダウンベストを合わせる

薄いトレンチコートでも、インナーにダウンベストを合わせるとかなり快適です。

オフィスカジュアルにも使えるので、この組み合わせは男女問わずに人気。

通勤時にも快適に着こせます。薄手のダウンベストはトレンチコートの下に着ても着膨れしにくいのでシルエットも綺麗なままです。

また、ダウンベストは風を通しにくいのもポイント。

寒い冬の風にも耐えやすくなります。

広告

北海道の冬にトレンチコートだと寒い?

極寒の地、北海道ではさすがに冬にトレンチコートは寒いでしょうか。

北海道は冬の気温が氷点下になることが多く、さすがにトレンチコートはきつく感じるでしょう。

特に北部エリアは氷点下10度を下回る日もザラ。

出来ればダウン素材が理想ですよね。

しかし、ダウンとセットで着用したりインナーを厚めにしたりすることで、冬の始まりには使うことができますよ。

ハットやマフラーで可愛くコーデをして、おしゃれなトレンチコートをぜひ北の大地でも楽しんでください。

広告

スプリングコートを冬に着るのはあり?

トレンチコートの中には、「スプリングコート」として販売されるものもあります。

では、スプリングコートを冬に着るのはアリでしょうか。

結論として「冬には不向き」です。

スプリングコートは初夏近くまで着ることを想定し、春物として販売されています。

そのため、軽くて薄い素材が多くなっています。

また、ピンクやブルーなどの春めいた色も多く、冬らしさは少ないかも。

トレンチの定番であるベージュ系も、薄い素材なら真冬には避けたほうが良いでしょう。

冬に着るトレンチは基本的にAW向けに登場するものを選んでください。

しっかりとギャバン生地も厚めですし、ライナー付きもあります。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました