クリスマスに予約しない彼氏どう?心理は?上手い言い方は?倦怠期?

生活の知恵

クリスマスなのに彼氏が何もしないときってありますよね。

彼女としては積極的に彼氏に動いてほしいものです。

もうすぐクリスマスなのに、毎年、彼氏は「お店探し、デートプラン」など人任せで、モヤモヤしている女性も多い。

では、クリスマスに予約しない彼氏どうなのか?

彼氏の心理や対処法(上手な言い方)について紹介しています。

他にも倦怠期の乗り越え方についても解説しています。

広告

クリスマスに予約しない彼氏ってどうなの?

クリスマスに予約しない彼氏ってどうなのか?

彼女としては、モヤモヤしますよね。

結論から言えば、彼氏は気が回らないですね。

ですが世の中そういった男性は多いです。

むしろ予約をきちんとしてくれる男性の方が珍しいですね。

「予約をしない彼氏ってどうなんだろう」と思う前にちょっと一息入れましょう。

クリスマスに予約をする行き先は彼氏の行きたいところですか?

あなたの意見ばかり押しつけていませんか?

あなたがどうしても行きたい場所であるなら、あなたが予約をした方が早いです。

気乗りしない場所に対してはだれでも予約をためらったりするので、もう一度話し合ってみてください。

男性にばかり求めずに一度自分も行動を振り返ることです。

そうすることで行動に思いやりが生まれて長く付き合いやすくなります。

もし彼氏に予約してほしいのであれば、彼氏にストレートに伝えることが一番です。

「あなたの好みの食べ物が知りたいから、あなたの予約したお店に行きたい」

「あなたの予約するお店は絶対に美味しいはずだから楽しみにしている」

などと言ってみましょう。

あとは、役割分担するのもアリですよ。

例えば「ここは私が担当するから、あなたは食事の予約をお願い」など、共同作業にして、彼氏に予約する役割を与えましょう。

広告

クリスマスに予約は「男性・女性」どちらがやるべき?

クリスマスの予約は昭和の頃は男性がするものでしたが、令和の現在は『できる方がする』というのが正しいです。

予約の方法も電話もあればスマートフォンからネット予約だったりいろいろあります。

どちらがやるべきかを考えるよりは、予約の取れる時間に動ける方が動くといった方が良いですね。

男性に予約をどうしてもしてほしい時は、押しつけずにおねだりをします。

「クリスマスには、あなたが予約を入れてくれたところに行きたい」と強調しましょう。

予約の押し付け合いにならないように下手に出ます。

男女平等と言われますが、やはり男性は自分をたててもらうことが好きなので、上手にお願いをしましょう。

広告

クリスマスに予約しない彼氏の心理は?

予約に関して気乗りをしないのでしょう。

彼氏はどんな人ですか?

飛び込みで美味しいお店を見つけるのが好きな人もいれば、もともと予約をして行動する習慣がない人もいます。

クリスマスでもラーメンが食べたい人かもしれません。

ここからはあなたの腕の見せ所です。

クリスマスに行きたいお店がある時は、きちんとリサーチをしてクリスマス当日には予約をしていないと時間を無駄にしてしまうことをさりげなく彼氏に伝え、さりげなく彼氏から予約をしてもらえるよう促しましょう。

あくまでも予約をするのは彼氏です。

あなたが予約して食事に行くことが好きだということがわかれば、そのうちサプライズが来るかもしれません。

広告

クリスマスの予約を彼氏にさせる上手い言い方は?

ストレートに伝えることが一番です。

「クリスマスにはあなたが予約をしてくれたところで食事がしたい」

「あなたが予約するところはいつも美味しいから楽しみにしている」

「あなたの好きな食べモノが知りたいから、あなたの予約するお店が行きたい」

このようにストレートに言うのが一番です。

回りくどい言い方をすると、男性は伝わらないことがほとんどです。

なかなか予約が進まない彼氏に予約をしてもらう時は、忘れなどのトラブルを防止するために目の前でしてもらうと良いです。

広告

彼氏が素っ気ない倦怠期の乗り越え方は?

彼氏が素っ気なくなり、倦怠期を迎えることってありますよね。

そんなときは、下記の対策をしてみよう・

少しだけ会わない時間を作る

こちらからの連絡頻度を減らしてみる

他の男性との関係を少し匂わせてヤキモチを焼かせる

二人の出会いや付き合うきっかけなど、原点回帰できる場面を作る

自分磨きをして彼氏に「唯一無二」の存在であることを認知してもらう

倦怠期はどのカップルでも必ず迎えます。

そんな時は自分の時間を改めて考えることが大切です。

彼氏と一緒にいる時間も大切にしながら自分の時間を充実させていると、いつのまにか彼氏の態度も気にならなくなってきます。

倦怠期とは、お互いが自分を振り返りたくなる時間です。

特に男性は一人でいる時間も必要です。

倦怠期を倦怠期として考えすぎないことが大切です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました