ファッションで人の目が怖い対処法6選!好きな服を着る方法

ファッション

色々なファッションコーデをして楽しんでいても、ついつい人の目が気になることってありますよね。

自分の好きなファッションコーデをしたいけど、人の目が怖くてみんなと同じようなコーデになってしまうことに悩んでいる女性も多い。

そこで、ファッションで人の目が怖いときの対処法について見ていきましょう。

広告

ファッションで人の目が怖い対処法6選!

実は、自分が思っているほど人ってあまり気にしていないという場合がほとんどなのです。

人の目が怖い時の対処法としていつくかご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

万人受けのコーディネートにする

良くも悪くも万人受けするコーディネートもあります。

簡単に言えば「個性のない服装」ということになりますね。

良く言えば「万人受け」で悪く言えば「個性がない」という言い方になります。

もし人目が怖いのであれば、街中でよく見かける人の服装をしてみましょう。

「シャツ×カーディガン」や「ジャケット×Tシャツ×スカート」など、良くも悪くも個性がないファッションコーデにしてみましょう。

自信をもつことが大事

人は人、自分は自分と言い聞かせるようにして自分のしていることに自信を持つと良いでしょう。

自信を持ってファッションコーデをすれば、誰が何をいったとしても気になることがなくなりますよ。

人って意外と自分が思っているより気にしていないです。

だから、思いすぎということもあるので自信を持って行動してみてくださいね。

マイナス思考にならないようにする

こう思われたらどうしよう、こう思っているのではと自分で勝手に思い込みすぎないようにすると良いでしょう。

マイナスに考えれば、どんどんマイナスな方向いってしまいます。

せっかく素敵なコーデも台無しになってしまうこともあるので気をつけてくださいね。

雑誌のコーデなどを参考にしてみる

自分のファッションコーデに自信がないときは、雑誌など他の人の意見を取り入れてみるのも良いでしょう。

こんな方法もあった、とかこのようにしてもおかしくないんだと新たな発見も見出すことができて良いですよ。

極論ですが、雑誌と同じようなコーディネートすると良いでしょう。

人と比較しないようにする

人とは違って当たり前なので、あまり人の服装などをみて左右されないようにしましょう。

自分のファッションコーデに自信を持てば、あまり人のことも気にならなくなります。

いろんなコーデがあって良いので、あの人も素敵ね。自分とは違うけど、自分もまた魅力的に仕上げられたな。というように気楽にみてみると良いでしょう。

枠にはめないようにする

この服装は、これしかダメ。このコーデはこれしかないという具合に枠にはめすぎないようにすると良いですよ。

決めすぎてしまうと視野も狭くなってしまい、自分をかえって首絞めてしまうということにもなりかねません。

自由な発想がとても大切です。

あくまでも、資料は参考としてみて、自分なりのオリジナリティーなものを演出できるようにしてみると良いでしょう。

広告

好きな服を着る勇気を持つ方法って?

好きな服を着る勇気を持つ方法ってあるのでしょうか。

「このコーデ、自分では良いけど、人にとってはどうなのだろうか。」とか変とか思われていないかと不安になることもありますよね。

好きな服を着る時って、どうしても勇気が必要だったりすることもありませんか?

特に、自分のキャラクターとは違う時など。

自分に自信を持って、自分の顔のうつりや、自分らしさが出ているかどうかをみることが、勇気を持つことにもつながっていきます。

どんな服装でも、自分がこの服が好きと思えるものに出会えることがとても大切です。

自分が好きなら、相手にもそれが伝わり、結果としてとても素敵なコーディネートになるのです。

自信を持つことが大切です。

自分のことを褒めてあげるぐらいの勢いが必要ですよ。

広告

ファッションは自分が好きな服を着るのが一番?

ファッションは自分が好きな服を着るのが一番なのでしょうか。

どんなファッションでも、自分が好きと思える服を着ることが一番重要です。

なんでこんな服装なの、私、この服嫌いと思っていたら、せっかくの服も悪く見えてしまいます。

自分自身が好きなものは、どんなお洋服でも華やかにみさせることができますよ。

それがTシャツと短パンだけだったとしてもです。

好きだと思える服に出会えることがまず大事です。

どんな服装も楽しんで、着こなせれば、その服の良さをさらに引き出すことができますよ。

広告

人のファッション(洋服)を馬鹿にして笑う人への対処法は?

人のファッションを馬鹿にして笑う人って残念ながらいるのですよね。

それを聞かされる方もすごく不愉快な思いをしなくてはいけないということもありませんか?

でも、馬鹿にしてしまう人って下記のような心理が働いていることもあります。

自分に自信がない

相手に対して嫉妬している

プライドが高い。

相手を馬鹿にすることで自分を高めている。

上記のことが考えられるのです。

意外にも小心者だったりするのです。

もし馬鹿にしている人がそばにいた場合は、次のような対処法を取ると良いですよ。

その話題から離れる。

その人の話を聞き流す。

はっきり、そんなこと言うなんてひどいと指摘する。

そう言う人と付き合わない。

上記のように言うような方法をとることができるでしょう。

なんでも言える相手なら、そんなことを言うなんてひどいと思うとはっきり言うのも良いでしょう。

でも変に刺激したくないと思ったら、その場から離れるのが一番です。

そして、その人と友達を解消しても良いと思うなら、距離を取るのも良いでしょう。

馬鹿にして笑う人と一緒にいてもメリットってほとんどありません。

できるだけその場から離れるのが良いですよ。

広告

みんなと同じ洋服はむしろダサい?

みんなと同じ洋服はやっぱりダサいとみられがちなのでしょうか。

とても素敵なお洋服って意外とダブってしまうと言うこともありますよね。

あえて、同じ洋服に揃えるだけでは、ダサいと言うよりは個性がないとみなされてしまう可能性もあります。

ただ、自分が好きなお洋服がたまたま同じだったと言う場合は、違いますよ。

自分で選んだものがたまたまみんなと同じと言うこともあります。

そんな時は、ダサいと思う必要もありません。

もし誰かにダサいと思われたとしても自分が好きで、自信を持って着ているのであれば、そんなことを気にする必要もありません。

堂々と着こなしてくださいね。

文章のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました