黒髪でベージュの服が似合わないときは対処法6選で解決!

ファッション

髪色を黒髪にしたら、急に持っている洋服が似合わなくなるときってありますよね。

ベージュ色の服が似合わなくなるときもあります。

事実、黒髪にしたけどベージュの服が似合わなくなり、コーディネートに悩む女子も多い。

そんなときはどうしたら良いのでしょうか?

では、黒髪でベージュの服が似合わないときは対処法を見ていきましょう。

広告

黒髪でベージュの服が似合わないときは対処法6選で解決!

黒髪でベージュの服がコーディネートが似合わない場合の対処法はどうしたら良いのか?

下記を参考にしてみましょう

髪を巻く

髪色を黒髪にしたことでベージュが似合わなくなってしまっても、髪型でベージュの雰囲気に似合うようにすることができます。

ふわふわとしたゆるさが印象的な波巻きがおすすめです。

外→内→外と交互に巻く方法で、毛先に動きがついて重い黒髪にも軽さを感じられます。

ベージュの服も可愛く着ることができます。

髪を結ぶ

黒髪の重さを軽減するためには、髪を結んで顔周りをすっきりさせるのも効果的です。

ハーフアップやひとつ結びで大人っぽい印象にしたり、お団子やふたつ結びでカジュアルな印象にしたりできます。

コーディネートに合わせてヘアアレンジを楽しみましょう。

ブラウンのヘア小物を使う

ブラウンの帽子やカチューシャやヘアバンドを使いましょう。

ブラウンは黒にもベージュにも合う色です。ブラウンの小物が入ることで黒髪の雰囲気を和らげてくれるので、黒髪とベージュの服が調和して見えます。

ぜひ試してみましょう。

メイクで柔らかい印象をつくる

柔らかい印象のメイクはベージュの服とよく似合います。

眉毛やまつげをブラウンにすると、優しく柔らかい印象の目元をつくることができます。

アイシャドウ、チーク、リップは、ブラウンやオレンジやコーラルピンクなどがオススメ。

明るい暖色(ウォームカラー)が合います。

小ぶりなイヤリングをつける

小ぶりなイヤリングは、顔に清楚で華やかな印象が出るため、おしとやかな印象もあるベージュの服とぴったりです。

イヤリングが見えるように髪を耳にかけたり、結んだりするとより効果的です。

大ぶりのイヤリングは派手に見えて、ベージュのおしとやかさとつり合いにくくなるので注意しましょう。

黒いベルトをつける

黒髪の強さで薄いベージュがぼんやりと地味に見えてしまう場合には、ウエストの位置に黒いベルトをつけてみましょう。

黒髪との色の統一感が出るだけでなく、くびれ効果も出てメリハリのついたコーディネートになります。

広告

黒髪でベージュの服が似合わない人の特徴って?

髪質が硬い

黒髪で髪質が硬いと、黒の強さが際立って見えるので、ベージュの優しい印象とつり合いません。

ロングヘア

黒髪のロングヘアは重たく見えるので、ベージュの軽やかな印象とつり合いません。

ストレートヘア

黒髪ストレートヘアは直線的要素が強く、ベージュの柔らかな印象とつり合いません。

毛量が多い

黒髪で毛量が多いと、より重たく黒々として見えるのでベージュの薄さや軽やかさとつり合いません。

派手な顔立ち

派手な顔立ちの人は顔に濃さや強さがあるので、インパクトのないベージュが地味に感じてしまいます。

広告

黒髪でベージュが似合わない人のパーソナルカラーは「イエベ・ブルベ」どっち?

黒髪でベージュが似合わない人のパーソナルカラーは「イエベ・ブルベ」どっちなのでしょうか。

結論から言えば、黒髪でベージュが似合わない人のパーソナルカラーはブルベの人が多い傾向にあります。

ブルベの人は、青みのある冷たい色が似合います。

ベージュは、黄みのある温かい色なのでイエベの人に似合います。

また、髪色が光を反射しない黒であることで、髪に最も近い顔は、肌のもともとの色が強調され、肌悩みも強調されるといった影響を受けます。

そこに似合わない色の服を合わせると、肌悩みが目立つうえに顔色まで悪く見えてしまいます。

そのため、黒髪でブルベの人はベージュが似合いません。

もし黒髪でブルベの人がベージュを着る場合には、メイクで肌悩みをしっかりとカバーし、血色をよく見せることが大切です。

もしくはブルベの人にも似合いやすいベージュとして、定番のベージュではなくグレージュやローズベージュやピンクベージュなどを選ぶと良いでしょう。

広告

黒髪でベージュが似合う人の特徴って?

ベージュには柔らかい、優しい、軽やかなどの印象があります。

これらの印象が感じられる要素を持っている人は、黒髪でもベージュが似合いやすいです。

髪質が柔らかい

髪質が柔らかいとふんわりとした雰囲気が出て、黒髪でもベージュの柔らかい雰囲気とつり合います。

ショートヘア

ショートへアであれば、ロングヘアに比べて顔周りが軽やかになるので、黒髪でもベージュの軽やかな雰囲気とつり合いやすいです。

ウェーブヘア

黒髪でもウェーブヘアは曲線的要素が強いので、ベージュの柔らかな印象とつり合います。

毛量が少ない

毛量が少ないと、黒髪の重さが軽減するので、ベージュの薄さや軽やかさとつり合います。

優しい顔立ち

優しい印象のコーディネートをつくりやすいベージュなので、優しい顔立ちと相性が良いです。

広告

黒髪でもベージュが似合うコーデ術って?

黒髪にベージュを似合わせるためには、黒髪の強さにつりあうための色や素材をコーディネートにプラスすることが大切です。

ベージュを着用する位置によってどんなコーデ術があるのかそれぞれ見ていきましょう。

ベージュのトップスを着用する場合

トップスをベージュにすると髪と服の距離が近いので、黒髪との似合わなさを強く感じてしまいます。しかしコーディネートは上半身だけでなく全身でバランスがとれていれば問題ありません。

黒髪×ベージュトップス=この場合はベージュ服が黒髪の強さに負けているので、ボトムスを強い色や濃い色にすることで強さプラスしてみましょう。

黒のボトムスではかっこいい雰囲気、茶色のボトムスでは柔らかく可愛い雰囲気を出すことができます。

ベージュのボトムスを着用する場合

ボトムスをベージュにすると、黒髪との距離が遠いため、黒髪との直接的な似合わなさは感じにくいです。

トップスは似合う色の中でも濃い色にするとコーディネートが引き締まります。

ベージュボトムスを履く際の注意点は、上から、黒髪→濃いトップス→薄いベージュボトムスとなることで上重心に見えてしまうことです。

バランスをよく見せるためには、くつと靴下を黒にして足元の色を引き締めるか、ベージュのズボンの延長でくつと靴下をベージュにして足を長く見せると良いでしょう。

ベージュのアウターを着用する場合

ベージュのアウターは、硬さや厚みのあるしっかりとした生地のものを選ぶと、黒髪のきちんと感に合わせることができます。

中に合わせるトップスは、黒にすれば黒髪と統一してかっこいいコーディネートになり、ブラウンを合わせれば、黒髪とつりあうための引き締まり効果もありつつ、暖色系で可愛らしいコーディネートになります。

ベージュのワンピースを着用する場合

ベージュのワンピースを着る場合は、ベージュが占める面積がとても大きくなるので、黒髪と似合わせるためには全身に濃い締め色を散りばめることがポイントです。

くつ、バッグ、ベルト、帽子などの小物をふんだんに使います。

きれいめのコーディネートにするなら小物は黒で統一し、可愛らしいコーディネートにするなら小物は茶色で統一しましょう。

ベージュの小物を活用する場合

ベージュの小物は黒髪との似合わなさをほとんど感じません。むしろ抜け感が出ておしゃれに感じられます。「ベージュの服は着たくないけどなんとかベージュを取り入れたい」という人は、小物で取り入れましょう。

全身黒のコーデにベージュで統一した小物を身に着ければ、ベージュ小物が主役となりシンプルなのにこなれたコーディネートに仕上がります。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました