緑が似合う人が美人な理由6つ!美人しか似合わない色5選!

ファッション

緑色が似合う女性と、逆に似合わない女性もいますよね。

緑はキレイな女性しか似合わないイメージを持つ人もいます。

事実、緑が似合う人は美人が多いと言われる理由や特徴、美人しか似合わない色について知りたい女性も多い。

では、緑が似合う人が美人な理由を見ていきましょう。

広告

緑が似合う人が美人な理由7つ!

肌がキレイ

美人は、肌のキメが整っていたり潤いがあったりキレイに見える人が多いです。

肌をキレイに見せるメイクが上手な場合もありますが、スキンケアも怠らず素肌からキレイな人が多いです。

肌がキレイだと服の見栄えが良くなるので、合わせるのが難しい緑も素敵に見せることができます。

髪がキレイ

美人は、髪に痛みが少なく潤いとツヤがあります。

毛先まで丁寧にケアされたキレイな髪には、洗練された印象があるため、緑を上品に着こなすことができます。

顔や体が引き締まっている

美人の顔や体は、程よく筋肉があってたるみがなく、引き締まっています。

食事や運動に気を使っており、体型をキレイに保つ努力をしています。

引き締まっている顔や体で、緑を健康的に着こなすことができます。

所作が上品

美人は、所作が丁寧で美しく、上品に見える人が多いです。

その上品さは、緑の穏やかさを引き立てます。所作が上品な人と緑の組み合わせは、落ち着きがあり大人な印象になるでしょう。

姿勢がいい

美人は、背筋が伸びていて立ち姿勢も座り姿勢も美しい人が多いです。

姿勢がいいと前向きな印象に見えるため、緑を活き活きと着こなすことができます。

センスがいい

美人は、センスがいい人が多いです。

全身のなかで色を入れるところと抜くところなど、バランスの取り方が上手です。

そのため、色合わせが難しい緑も、センス良くファッションに取り入れる‪ことができます。

歯並びがキレイ

美人は、歯並びがキレイな人が多いです。

キレイな歯並びからは、清潔感やさわやかさが感じられます。

緑にもさわやかさがあるため、印象がマッチして似合いやすく感じられるでしょう。

広告

緑が似合う人の特徴って?

若々しさがある

若々しさがある人は、緑が似合います。

緑は、フレッシュな植物を連想する色だからです。

若々しさがある人とは、肌や髪に潤いがある人や、顔や首にシワが少ない人、筋肉があってメリハリのある体をしている人、姿勢がいい人、笑顔が多い人などです。

反対に老けて見える人は、緑のフレッシュさを引き出せずに地味に見えてしまうでしょう。

そのため若々しさがある人のほうが緑をフレッシュに着こなせるでしょう。

存在感がある

存在感がある人は、緑が似合います。

緑は、派手ではないものの、色としての存在感はしっかりあるため、緑を身につける人にも同じく存在感があったほうが、バランスがいいです。

バストにボリュームがある人や、肩幅が狭すぎない人、なで肩ではない人など、体格が華奢に見えない人からは存在感を感じるため、緑が似合います。

クールなファッションを好む

普段からクールなファッションをする人は、緑が似合います。

緑は暖色と寒色の中間なので、温かみのある暖色系ファッションにも、クールな寒色系ファッションにも取り入れることができます。

しかし、どちらかと言うと緑は、寒色系の色を合わせる方がファッションとしてはしっくり無難なコーデにまとまりやすいです。

そのため、クールなファッションを好む人は緑を取り入れやすいでしょう。

広告

緑が似合うと言われる人のイメージとは?

緑が似合うと言われる人のイメージは何なのでしょうか。

緑が似合う人には、「優しいイメージ」になる人と「クールなイメージ」になる人がいます。

緑は、森や草原と言った自然を連想する色であり、小鳥のさえずりが聞こえてくるようなほがらかさもあれば、反対に、厳しい自然界で雨風に耐えながら凛と佇むような強さもあるからです。

緑を着て「優しいイメージ」になる人は、緑のほがらかさを引き出せる人です。

顔つきが優しい人や、明るい髪色の人が当てはまります。

優しくさわやかさなイメージになるので、人当たりがよくて親しみやすさを感じられます。

合わせる色は、白か暖色にするとより優しいイメージにぴったりのコーディネートになります。

緑を着て「クールなイメージ」になる人は、緑の強さを引き出せる人です。

顔つきがクールな人や、体格が良い人が当てはまります。落ち着いていて安心感があり、誠実な人に見られやすいでしょう。

知的に見せたい仕事の場でも緑が活躍します。

合わせる色は、黒か寒色にするとよりクールなイメージにぴったりのコーディネートになります。

広告

緑が似合うと言われる人のパーソナルカラーは何色?

緑が似合うパーソナルカラーはイエベ春・イエベ秋・ブルベ冬です。

緑と聞いて思い浮かぶ色は人それぞれですよね。

ですが、たいていの人は葉っぱのような明るく鮮やかな緑や黄緑・抹茶のような深い緑・原色の緑といった色をイメージしやすいでしょう。

これらの緑は、イエベ春、イエベ秋、ブルベ冬に似合う緑として以下のように分類できます。

イエベ春・・・葉っぱのような明るく鮮やかな緑や黄緑

イエベ秋・・・抹茶のような深い緑

ブルベ冬・・・原色の緑

ブルベ夏は、上記のような緑は似合いづらいです。

似合うとすれば白みと青みのある淡い緑です。もはや緑というより青緑であり、薄くて白みまであるため、一般的な緑のイメージからは離れた色です。

よって、イエベ春・イエベ秋・ブルベ冬は緑が似合いますが、ブルベ夏は緑が似合わないと言えるでしょう。

広告

日本人は緑が似合わない傾向にある?

日本人は緑が似合わない傾向にあるのでしょうか。

結論から言えば、日本人は緑が似合わない傾向にあります。

なぜなら日本人には黒髪の人が多いからです。

黒髪と緑の組み合わせは、かっこよく男性的な印象になるので、女性には似合わないと感じる人が多いでしょう。

明るい髪色が多い欧米の人々は、女性でも緑を可愛らしく着こなすことができます。

黒髪で緑が似合わないと悩んでいる場合には、髪を明るく染めるか、髪を結んで顔周りの重さを軽減することで対処できます。

また、日本人の素朴であっさりとした顔立ちは、緑を地味に見せてしまうことがあります。

なぜなら、落ち着いた色なのに存在感は抜群!という素敵な特徴を持つ緑に対して、日本人の顔立ちはインパクトが弱く、緑の存在感とつりあわないからです。

引き立ててくれるものがないと、緑は地味な印象にもなってしまいます。

顔立ちがはっきりしている欧米の人々は、顔にメリハリの強さがあるため緑の存在感も引き立ちます。

日本人の顔に緑を似合わせるには、メイクで顔の陰影を濃くしたり、各パーツを強調するメイクをすることで対処できます。

日本人は緑が似合わない傾向にありますが、ヘアアレンジやメイクで対処できます。

良く言えば、似合わないものを似合わせるという可能性を秘めています。

日本人だからと諦めずに、工夫して緑のファッションを楽しんでいきましょう。

広告

美人しか似合わない色とは?

美人しか似合わない色は、派手な色・冷たくて薄い色・地味な色です。

「具体的には何色が似合うのか」「なぜ美人にしか似合わないのか」について紹介します。

なお、美人とそうでない人を比較する際、比較対象には童顔や薄顔の人を例に挙げて紹介していきます。

派手な色

ワインレッド

ロイヤルブルー

エメラルドグリーン

美人には派手な色が似合います。

顔の各パーツが大きかったり、鼻が高かったりと顔の印象が強めな美人は、派手な色を身に着けても悪目立ちしないからです。

反対に、童顔や薄顔の人には派手な色は強すぎて顔の印象が負けてしまいます。

冷たくて薄い色

ベビーブルー

ペールグリーン

ミントグリーン

美人には冷たくて薄い色が似合います。

なぜなら、美人の顔立ちはクールで少しきつい印象もありますが、ベビーブルーやミントグリーンなどによって和らぎつつも清らかな印象は活かされ、上品な着こなしになるからです。

反対に、童顔にベビーブルーは淡く優しすぎるため、若さを通り越して子どもじみて見え、薄顔にペールグリーンは薄くあっさりしすぎているため、ぼんやりと見えてしまうでしょう。

地味な色

ブラック

プラム

オリーブグリーン

フォレストグリーン

美人には地味な色が似合います。

美人の顔立ちには彫りの深さによる陰影の濃さがあるため、暗く濃い色も自然に着こなせるからです。地味な色には暗さや濃さがありますが、目や口が大きくて華やかさもしっかりあるため野暮ったく見えません。

反対に、童顔や薄顔の人が地味な色を身に着けると、童顔の可愛らしさや薄顔のすっきりさといったメリットが、地味な色の重さや暗さに引っ張られて活かすことができません。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました