黒髪でピンクの服のコーデ術6選!服が似合わない対処法6つ

ファッション

黒髪にしてからピンク色の服が似合わないなんてことありますよね。

実際に黒髪にしてからピンクの服(トップス、アウター)を着たいと考えており、どんなコーディネートにしたら良いか悩んでいる女子も多い。

では、黒髪でピンク服を着るのはアリなのか?

ここでは、対処法(コーデ術)などについても紹介しています。

広告

黒髪でピンクの服を着るのってアリ?

黒髪でピンクの服を着るのってアリなのでしょうか。

結論から言えば、黒髪でピンクの服を着るのはアリです。

ピンクには薄いピンク~濃いピンク、オレンジ寄りのピンク~ムラサキ寄りのピンク、鮮やかなピンク~くすんだピンクまでたくさんの色味のピンクがあります。

そしてどのピンクを取っても可愛さが共通してあります。

そんなピンクは、黒髪の重さや強さを和らげてコーディネートの華になります。

そのままでは黒髪との雰囲気の違いに違和感が出ることがありますが、黒髪とピンクの服が釣り合うようにコーディネート全体で整えていけば問題ありません。

黒髪でピンクの服を着こなすには、黒髪の強さにピンクの服が浮いてしまわないように、コーディネートを引き締める要素を取り入れることが重要です。

少し工夫を加えて、黒髪でもピンクの服を可愛くおしゃれに着こなしていきましょう。

広告

黒髪でピンクの服のコーデ術6選!

黒髪でピンクの服を着るためには、ピンクが浮かないようにコーデするのが重要です。

暗い色や濃い色が、引き締めるための主な要素になります。

カジュアルコーデときれいめコーデ、甘めコーデと辛めコーデ、温かみコーデとクールなコーデに分けてそれぞれのピンクコーデ術を紹介します。

カジュアルコーデ 「ピンク服×デニムパンツ」

重さや硬さがあるデニム生地は、黒髪の印象とよく合います。

ピンクの甘さをデニムで抑えてカジュアル感を出すことができます。

デニムパンツの形は、ストレートタイプやバルーンタイプにすることでよりカジュアル感を出せます。

定番の青いデニムから薄い青、濃い青、ダメージ加工のデニムなど様々な特徴のデニムがあるので、見せたい雰囲気に合わせてカジュアルコーデを楽しむことができます。

きれいめコーデ 「ピンクシャツ×フレアのズボン×ベルト」

黒髪はきれいめの雰囲気とよく合います。

丈の長いピンクシャツをフレアのズボンと合わせてベストでウエストマークして引き締めればきれいめコーデの完成です。

きれいめコーデ自体に引き締まった印象があるので、濃い色や暗い色よりでコーディネートを引き締めなくても大丈夫ですが、黒髪との雰囲気をより合わせたいときには、フレアズボンかベルトを黒や濃い色にすると良いでしょう。

甘めコーデ 「ピンク服×白ボトムス×濃い色の小物」

ピンク服に白ボトムスは黒髪には甘さが強く浮いてしまいます。

しかし靴やかばんなど小物を濃い色にすることで解決します。

黒髪に釣り合う濃い色が入ることで甘すぎたコーディネートが引き締まり、黒髪にも合う甘めコーデが楽しめます。

辛めコーデ 「濃いピンクアウター×全身黒」

トップスもボトムスも黒で揃えてアウターだけ濃いピンクにします。

濃いピンクが差し入れとなりとてもおしゃれな着こなしになります。

辛めコーデの派手さが黒髪ともよく合います。

温かみコーデ 「ピンク服×茶色ボトムス」

ピンクと茶色は相性が抜群です。

柔らかな印象を与える茶色との組み合わせで温かみのある印象になります。

さらに茶色は濃い色なのでコーディネートが引き締まる効果もあり、黒髪とのバランスが取れます。

クールなコーデ 「青みピンク服×紺ボトムス」

ピンクは可愛い印象が強いのでクールなコーディネートをつくるのは難しいですが、青みが混ざったピンクを使えば可能になります。

青みが混ざったピンクとは、ローズピンクやマゼンタ色などムラサキ寄りのピンクのことです。

青みピンクと紺のボトムスで、可愛さの中にもクールさが感じられるコーディネートをつくることができます。

広告

黒髪でピンクの服が映えるメイク術とは?

黒髪でピンクの服が映えるメイクにするためには、肌を明るく整えることが重要です。

コントロールカラー下地やコンシーラーを使って肌悩みを軽減した後、肌より少し明るいベージュの下地を重ねて塗るとワントーン明るい肌になります。

さらに白やムラサキの下地をつけると透明感が増します。

白やムラサキの下地は、つけすぎると肌の色が白飛びしたり顔色が悪く見えたりしてしまうことがあるので全体には塗らず、頬など透明感を出したい箇所に部分的に少量ずつ塗るのがポイントです。

肌を明るく整えたうえで、薄めのピンクの服にはアイシャドウやチークに淡いピンクや黄色などを使った可愛らしいメイクが似合い、濃いピンクの服には赤やブラウンを使ったかっこいいメイクが似合います。

広告

黒髪にしてから服が似合わないときの対処法6つ!

トップスかボトムスのどちらかを暗い色や濃い色にする

全身淡い色のコーディネートは黒髪には難易度が高いですが、トップスかボトムスのどちらかに暗い色や濃い色を入れるだけで、簡単に黒髪と服を似合わせることができます。

かばんと靴を黒にする

視線の上・中・下に、黒い髪・黒いかばん・黒い靴があることで黒がバランスよく配色され、コーディネート全体が引き締まって見えます。

黒で統一感を出しているので合わせる服は、トップスとボトムスどちらも淡い色にしても問題なく着こなせます。

光沢感のある服を選ぶ

レーヨン生地、サテン生地、ベロア生地、レザー生地などに光沢感があります。

黒髪に光沢感のある服を合わせることで上品なコーディネートが仕上がります。

黒髪が地味に見えず、重たい印象もプラスに働いて貫禄が出ます。服の光沢感に合わせて髪もオイルを馴染ませてツヤを出すのがおすすめです。

黒いベルトでウエストマークする

黒いベルトでウエストマークをすることで、脚長効果と着やせ効果が出てスマートな印象になり、黒髪とも合うコーディネートになります。

アクセサリーをつける

黒髪とゴールドやシルバーのアクセサリーはよく合います。

顔が明るい印象になるので、黒髪で野暮ったさを感じている人に効果的です。

顔が明るい印象になれば、服が合わないと感じることも減ります。

暖色系の服を着る場合はゴールドのアクセサリー、寒色系の服を着る場合はシルバーのアクセサリーにすると、服とのまとまり感も出ます。

髪を結ぶ

黒髪にすると首から上が重たい印象になり、その重さは服が似合わないと感じる原因になります。

髪を結んで顔周りをすっきりさせることで対処することができます。

ポニーテールやローポニーテール、二つ結び、三つ編み、巻き髪を結ぶなど、コーディネートに合わせて結び方を変えることで、かっこよさから可愛さまでいろんな印象に対応することができます。

広告

黒髪ロングが似合う服とは?

黒髪ロングは全体的にかっこいいファッションが似合いますが、ストレートヘアなのかウェーブヘアなのかで印象が変わってきます。

それぞれどんな服が似合うのか髪型ごとに見ていきましょう。

黒髪ロング×ストレートヘアの場合

直線的な要素のあるコーディネートやモダンなファッションが似合います。

白黒のモノトーンコーデ、プリーツ素材の服、脚をスラっと見せるショートパンツなども似合います。

シンプルで洗練された印象のコーディネートに目を奪われます。

黒髪ロング×強いウェーブヘアの場合

かっこよく派手なファッションが似合います。

濃い色や鮮やかな色の服、大きめの柄の服を上品に着こなすことができます。

黒髪ロング×ゆるウェーブヘア

可愛さを感じる服が似合います。

レース、フリル、柔らかい素材、優しい色、小さめの柄を取り入れた、本来黒髪では似合いづらいような優しい印象のファッションも、ゆるウェーブの髪であれば雰囲気的に合わせることができます。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました