服がダサいと言われた気にしない方法7選!対処法や心理も!

ファッション

自分では良いと思って着ていた服なのに、ダサいと言われてしまうとショックを受けることもありますよね。

「私のコーディネートの仕方って間違ってる」なんて考えることも。

オシャレでもない人に「服がダサい」と言われて、美的感覚は人それぞれではないか?と悩んでいる女性も多い。

では、服がダサいと言われた気にしない方法について見ていきましょう。

広告

服がダサいと言われた気にしない方法7選!

なぜ服がダサいのか。

なぜそう言われなくちゃいけないのかよくわからないと言うパターンもありませんか。

ダサいと言われた時に気にしない方法をいくつかご紹介いたします。

美的感覚は人それぞれ

あなたのファッションのコーディネートを「ダサい」と評価する人がいる一方で、オシャレだと感じる人もいます。

美的感覚は人それぞれなのです。

あなたはオシャレだと感じているのであれば、同じような美的感覚の人もいると言うことです。

たった一つの意見を真に受けないようにしましょう。

相手の美的感覚が間違っているケースもありますからね。

自分に自信を持つ

自分のしていることに自信を持つと良いでしょう。

「人がなんといっても、私はこれで良いの。」と言うように自信を持って行動すればダサいと言われてもあまり気にならなくなります。

いちいち言われたことを気にしない

人にダサいと言われても、それがなぜどうしてそう言うのかわからないこともあるでしょう。

言われたことをいちいち気にしていると身が持たなくなるので、気にしないようにすると良いですよ。

自分に特になることだけ聞くのも良いでしょう。

右から左に聞き流す

「あなたの服ダサい、変なファッションね。」って言われたとしても、聞き流すようにすると気にならなくなりますよ。

その時は、悔しい気分にもなるかもしれませんが、右から左に聞き流して自分で受け止めないようにすると良いでしょう。

その話題から離れる

ダサいと言いそうな人が話題に触れて来たら、その話題からさっと離れるようにしましょう。

その話題に捕まってしまうと、いちいち色々言われて嫌な気分も倍増してしまいます。

「そういえばさ~、話変わるんだけど」と言う感じにその話題から離れると良いですよ。

相手にも意思表示として伝わりますしね。

相手に何がダサいのか聞いてみる

相手に何が悪いのか、どのような点を直したほうが良いのかあえて聞いてみるのも良いでしょう。

本当にあなたのことを思っている人なら、こうしたら良いとアドバイスをくれるかもしれません。

「それしか言えないのね」と客観的な立場で見ておく

「どうせ、それしか言えない人で可哀想な人。」と言う感じに思って話を聞くのも良いでしょう。

全てをまに受けなければ、ダサいと言われても気にならなくなりますよ。

広告

服がダサいと言われた時の対処法は?

服がダサいと言われてしまった時の対処法はどのようにしたら良いのでしょうか。

ぜひ参考にしてみましょう。

相手にどこがダサいのか聞いてみる

どの部分がダサいのか詳しく聞いてみると良いでしょう。

納得できる部分があれば、そこを改善していくことでさらに、自分のコーデをよくすることができますよ。

どんなものを参考にすれば良いのか聞いてみる

お洋服をコーディネートするときに、どんな雑誌などを参考にしたら良いのか聞いてみるのも良いでしょう。

色々詳しく教えてもらえたらラッキーですよ。

どこでお洋服を買うと良いのか聞いてみる

ダサいといってきた人に、どこでお洋服を買うと良いのか聞いてみるのも良いでしょう。

お店によってもデザインも雰囲気も変わってくるので、参考になるかもしれません。

自分にはどのような服のタイプが合っているかどうか聞いてみる

自分にどのタイプの服装が合っているのか、相手に質問してみるのも良いでしょう。

仲の良い友達で、自分のことを考えている人なら色々教えてくれますよ。

広告

人の服(ファッション)をダサいとバカにする相手の心理は?

人の服をダサいとバカにする相手の心理ってどんな感じなのでしょうか。

いくつか考えられます。

プライドがすごく高い

自分自身のプライドがすごく高くて、どうしても相手のことを貶してしまうと言う人もいます。

相手のことをダサいとバカにすることで、自分の高さを保とうとしていることも。

ファッションに関して自分が一番と思っている

勝手に、自分は、ファッションセンスに優れていると思い込んでいる人もいます。

そのような人は、どうしても相手のことを色々言いたくなってしまうのですよね。

でも、実際は、大したことないと言うこともありますよ。

自信がない

自分に自信がないので、わざと相手を悪く言うことで自分を高めている人も。

自分より劣っていると言うように認識することで、自信のなさを隠していると言うこともありますよ。

広告

他人の洋服(ファッション)をとやかく言う人との上手な関わり方は?

他人の洋服をとやかく言う人ってたまにいますよね。

そんな人と、どのように接するべきかって悩むこともないですか?

「なんか、話を聞いていると、どうも違うようなそれって偏見じゃない?」って思うこともあるでしょう。

とやかくいってくる人と関わるときは下記がオススメです。

相手のことを批判しない。

相手のことを煽てる。

相手に対して反論しない。

「そうだね。うん。そうね。」と言う感じに相槌を打つだけにする。

このように言うように接すると良いでしょう。

あくまでも相手の話に耳を傾けていると言うようにする必要があります。

それっておかしいよ。そんなこと言わないほうがと思うことが合っても、グッと堪えて批判しないようにしましょう。

相手を褒めてあげると、意外と話が早く終わることもありますよ。

広告

ファッションがダサい人の基準って何?

ファッションがダサい人の基準ってどこにあるのでしょうか。

どんな人でもファッションがダサくなる可能性は大いにあります。

基準は下記が一般的になります。

洋服のサイズが合ってない

色の合わせ方が滅茶苦茶

みんなと同じようなファッションをしている

地味な色ばかりで目立たない

季節感のない柄の洋服

季節感のないコーディネート

トップスやアウターやボトムスで洋服の系統がバラバラ

自分の似合わない色を着ている

コーディネートの基準としては、自分自身のことをよくわかっているかどうかがポイントになりますよ。

自分に合ったカラーをよく知っている人で、どうしたら自分の良さを出すことができるか常に考え行動しているかどうかが大きなポイントになってくるでしょう。

何事においても無頓着な人は、どうしてもダサくなってしまいます。

自分らしさをいかに、出せるかが重要ですよ。

文章のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました