低身長でおしゃれできない解決策7つ!何着てもダサい原因も

ファッション

低身長だからなのか、どうも上手なおしゃれができなくて悩んでいるという人もいませんか?

オシャレに服を着こなしたいけど、身長が低く、何を着てもダサくなってしまうことに悩んでいる女性も多い。

では、低身長でおしゃれできないで、どんなファッションでも変になってしまうときの解決策を見ていきましょう。

広告

低身長でおしゃれできない解決策7つ!

オシャレしても服に着られている感じがするなんて感じることもあるでしょう。

そんな時にどのように解決したら良いのか方法をご紹介いたします。

ウエストと足首でメリハリを出す

ロング丈のワンピースなどを着たい時、ウエストと足首を意識するだけでとてもおしゃれなアイテムとして使うことができるようになりますよ。

ベルトでウエストをしめて、足首を出すようにして着こなすだけで良いのです。

それだけで、ロングワンピースをすっきり着こなせるようになるので試しみてくださいね。

ロングシャツを上手に利用する

ロングシャツをガウンのように羽織って着るだけでもすごくおしゃれなアイテムになりますよ。羽織るようにして着こなすことで、可愛らしくなります。

低身長の人でも素敵なコーデになるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

ハイウエストにしてきる

スカートでもパンツでも、ウエストの位置を高くして着こなすだけで、すごくおしゃれな感じになりますよ。

足が長く見えるようになるので、低身長を感じさせなくなるコーデになります。

デコルテラインをすっきりさせる

顔や首周りにボリュームがあるとどうしても重たい印象になってしまうのです。

ここの部分をすっきりさせるだけでガラッと印象も変わって良くなりますよ。

Vネックやスクエアネックは程よくデコルテも見せることができるのでおすすめのアイテムです。

自分の体型に合った服装を着る

体のラインに合ったお洋服を着るようにするのも1つの手ですよ。

高望みでぼさっとした感じのものばかりだとどうしてもオシャレに見えないということもあるでしょう。

サイズに合っているものを選んでいるかよく見直してみてくださいね。

「髪の色・メイク・目の色」を変えてみる

お洋服に目がいってしまいますが、それと合わせて髪の色やメイク、目の色にも注意するのがオススメです。

いつもと違った髪型にしてみたり、色を変えてみる、など、ちょっとの工夫でガラッと印象も変わりオシャレに見えるようになりますよ。

いつもワンパターンになっている人は、この部分に注目するだけでも、変えることが可能になりますよ。

全体のバランスを考える

頭の上から足の先まで、全体のバランスが良いかどうかもう一度見直してみてくださいね。

バランスがちゃんとしていれば、とてもオシャレなコーデになっていることでしょう。

小物や、靴までしっかり確認することが大切です。色合いとデザイン、素材なども見直してみると良いでしょう。

広告

何着てもダサい原因は5つ!

どんなお洋服を着てもダサいという時はどのような原因があるのでしょうか?

その原因をいくつかご紹介いたします。

姿勢が悪い

どんな素敵な服を着てもダサく見えてしまう原因の1つとして、姿勢も考えられます。

バッチリ決めているのに、猫背だったりすると印象も悪くなってしまいますよ。

ちゃんとした姿勢になっているかどうか、鏡を見て確かめてみると良いでしょう。

清潔感がない

お洋服は素敵なものを着ているはずだけど、どうもダサく見えてしまうというときは、ちゃんと手入れされていないこともあります。

服がよれていたり、皺になっていたり、くたくたな服だったり。

服がちゃんと手入れされていないと、それだけでもダサく見えてしまうので注意してくださいね。

髪型が整っていない

せっかく素敵な格好をしていても、髪型がその服に合っていないとか、ボサボサという時はどうしてもダサく見えてしまいます。

髪型もしっかりと整えるようにすると良いでしょう。コーデに合わせて髪型を変えるのも1つの手ですよ。

季節感を把握しきれていない

季節に合った服の素材や色を着ているかどうかもう一度チェックしてみると良いでしょう。

秋なのに、夏のような薄いものを着ていたり、冬なのに寒く見えそうな服装になっていたなんてこともあるので、ちゃんとバランスを考えて選ぶようにしてくださいね。

季節感がない服装って意外とダサく見えてしまうので注意しましょう。

色のバランスがアンバランスになっている

色のチョイスが合っておらず、反対色や相性の悪い色の組み合わせしている時もすごくダサく見えてしまいます。

派手な色どおしが喧嘩しているかのようなバランスになっていたりすることも。

自分に合った色を使っているか、色と色が喧嘩していないか、バランス的に合っているかなどしっかりと見直してみてくださいね。

広告

洋服がダサいのと低身長ってそこまで関係あるの?

お洋服がダサい=低身長ってことってあるのでしょうか。

もう少し足が長かったら、あのパンツが似合うのに、とかこれ着たいけどどうしても幼く見えてしまうように感じますよね。

結論から言うと、そんなことはありません。

洋服がダサいのと低身長は全く別物で、身長は関係ないのです。

ダサい格好しかできない時は、ちゃんと意識されていないと言うことなので、常に自分の服装をどのようにするか考えているか、どうかが重要なのです。

低身長の人でもオシャレな人はたくさんいます。

そして普通の身長の人で合っても、洋服をダサくしか着こなせない人もいるのです。

洋服がダサくなるかそうでないかは、その人の意識の問題によってくるでしょう。

広告

低身長でもオシャレに洋服を着こなすコツって何?

低身長の人でもオシャレに洋服を着こなすコツってどこにあるのでしょうか?

ポイントとしては下記になります。

ハイウエストにしてズボンやスカートを履く。

ロングワンピースを着るときはウエストや足首に気をつける。

縦長のラインに気をつける。

視線が上にくるようにする。

柄物は小さめのものを選ぶ。

メリハリが出るように着る。

これらのことに気をつけ流だけでオシャレに洋服を着こなすことができるようになりますよ。

ちょっとの工夫でとても素敵になるのです。

ぜひ、試してみてくださいね。

文章のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました