全身黒コーデ似合う人の特徴8つ!おしゃれな着こなし3選!

生活の知恵

ファッションで全身黒コーディネートをしている女性も男性もいますよね。

でも、オシャレに見える人もいます。

事実、全身黒のコーディネートに対して「似合う人、似合わない人」がいる理由を知りたい女性も多い。

では、全身黒コーディネートが似合う人の特徴は何なのか?気もなし方はあるのか?などについて知っていきましょう。

広告

全身黒コーデ似合う人の特徴8つ!

全身黒でコーデしている人っていますよね。

すごくに合っている人も入れば、そうでない時も。

なぜこのような差があるのでしょうか。

全身黒コーデ似合う人の特徴8つあります。

顔立ちがハッキリしている

肌が白い色白な人

パーソナルカラーでブルベ冬な人

ブルーやネイビーなど寒色系が似合う人

色素が薄い人

首が長い人

顔が小さい人

スタイルが良い人

似合っている人は、とてもカッコよく、同じ同性であっても憧れてしまうってことないですか?

黒コーデが似合う人の特徴には次のことが挙げられますよ。

はっきりとした顔立ちであるということです。

黒い服って、はっきりした顔立ちの人にとても似合うのです。

パーソナルカラーでは、冬の人がそれに当たるのです。

黒が似合う人には、髪の毛が黒く、鼻が高くて目がぱっちりしていて、さらにお肌が白く、華やかな感じの人が多いでしょう。

黒に負けないぐらいの容姿を持っているので、全身黒であっても大丈夫なのです。

そしてバランスよくコーディネートをしている人が多いですよ。

広告

本当に全身黒コーデ似合う人は美人って本当?

全身を黒にしたコーデが似合う人って美人な人が多いのでしょうか?

美人の人はもちろんいますが、美人じゃなくたって黒は似合います。

全身黒にしたからといって必ず美人じゃなければならないということはありませんよ。

いかに、黒に負けないように着こなしているかが重要で、自分のパーソナルカラーをしっかり把握した上で着こなしているかたが多いでしょう。

全身黒コーデにした時に、お洋服のことにしか目がいかないではダメです。

目の色、髪の色、メイクのことも全て考慮に入れて考えてくださいね。

全体のバランスが良ければ、全身黒コーデを取り入れてもピッタリときますよ。

メイクや髪型、目の色だけでもガラッと印象は変わります。

いかに黒コーデに負けないようにするかが重要なポイントです。

広告

全身黒女がダサい理由って何?

全身黒を着ていて、かっこいいはずなのに、ダサく見えてしまうという失敗をしてしまうこともあり得るのです。

なぜ、ダサく見えてしまうのでしょうか?

自分の体型、シルエットのことまでしっかり把握していないからということが挙げられます。

同じ黒であっても、自分の体型に合っているものを着こなしているかによっても変わってくるのです。

シルエットにピッタリなものを選んでいればそのような問題もなくなるでしょう。

黒であっても、素材やデザインでもガラッと変わってきます。

自分の体型やパーソナルカラーに合っているものか、自分の顔がちゃんと映えるように着こなしているかも重要ですよ。

ただ単に黒を着ただけでは、黒の魅力を発揮できていないこともあるので気をつけてくださいね。

全体のバランスと自分の魅力を引き出せているかをしっかり見極めましょう。

広告

実は本当に黒が似合う人は少ない?

黒って誰もが簡単に取り入れやすそうな色と思えますよね。

実は、黒が本当に似合う人って4人に1人と言われているのです。

自分のパーソナルカラーをしっかり把握することが大前提で、その色と黒をコーディネートに取り入れることで、誰でも似合う色として活用が可能です。

どの位置に黒を持ってくるか、どの色と組み合わせて着るかも重要ですよ。

自分の魅力をいかに引き出せるかもポイントで、黒が好きだからという理由で何も考えないで着ると失敗することもあるのです。

上手に着こなせないと、顔色を悪くさせて終わりなんてこともあるので気をつけてくださいね。

広告

黒が似合わない人の特徴って?

黒が似合わない人の特徴は次のようなことが言えますよ。

ぜひ参考にしてみましょう。

童顔

黒が似合わない人の多くに、童顔が挙げられます。

実際の年齢よりも若く見えるので、幼く見えがちなのです。

可愛いお洋服や色がとても似合うので、黒を着てしまうとその雰囲気に馴染めなくて黒い服だけが浮いてしまうということがあるのです。

もし黒を着たいときは、フェミニンなデザインのものを選ぶと良いでしょう。

薄顔

薄顔の人が、黒を着ると、黒に負けてしまう可能性が大きいのです。

顔がぼやけてしまったりすることもあるので注意が必要ですよ。

黒をどうしても着たいと思ったら、顔の近くに持ってこないように着るのが良いでしょう。

肌の色に合っていない

黒が似合わない時、自分の肌の色に合っていないということが挙げられます。

パーソナルカラーでご自身の地肌の色タイプをキチンと理解しておくと良いでしょう。

生まれつき持った色は変えることができないので、なるべく自分に合ったものを選ぶことをお勧めします。

でも、黒を着たいときは、自分のパーソナルカラーと組み合わせて着るのが良いでしょう。自分の顔の写りも考えながら選んでみてくださいね。

バランスが悪い

コーディネートのバランスが悪い時も黒がしっくりこないことがありますよ。

全体のバランスを考えた上で黒色を取り入れてみてくださいね。

アクセサリーやメイクなどとのバランスも重要です。

色合わせなども注意してみると良いでしょう。

パーソナルカラーをしっかり意識した上で、おしゃれにコーデにトライしてみてくださいね。

ファッションのテイストに合っていないとき

ファッションのテイストに合っていないという時も、黒が似合わなくなります。

クールなイメージと、ふわふわなPOPなイメージのお洋服を組み合わせていたりとチグハグな組み合わせになっていたなんてことも。

どのようなイメージのファッションにするかをしっかり見極めることも重要ですよ。

小物を取り入れてみたり、ちょっとした差し色として黒を取り入れてみたりするのも良いでしょう。

広告

全身黒コーデをおしゃれに見せる着こなし3選!

全身黒コーデでもおしゃれにみさせる対処法をいくつかご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみましょう。

「手と腕(手首)と首元と足元」を出すようなコーデにする

全身黒コーデにする時に、手、腕(手首)、首元、足元のいずれか3カ所を出した状態の着方をするようにすると良いですよ。

最低でも2カ所必要です。

そうすれば、全身黒コーデであっても重たい印象にならなくて済みますよ。

ワンピース+パンツ+サンダル+カバン全て黒であっても、首元のVネックデコルテ、腕、足元が全て見えているものをチョイスすれば、重たくならなずにクールに決めることができるのです。

アクセントに差し色一色入れる

全身黒で決めた時、小物に違う色を1色入れるだけでもガラッと印象を変えることができおしゃれになりますよ。

一つだけ違う色を入れることで、全体が華やかな印象になることも。

取り入れる色によってより、スタイリッシュな感じに仕上げたり、おしゃれな感じにしたりと色々楽しめますよ。

素材を変えて着こなす

全身黒であっても、それぞれの素材を変えてみるのもお勧めです。

コットン、レザー、ウールなど同じ黒でも素材が変わるだけでガラッと印象も変えられます。また、光沢や質感を変えるだけでも良いですよ。

色々な組み合わせでより、おしゃれを楽しめます。

同じ黒であってもガラッと変わりますよ。

お洋服だけなく、靴、メイク、髪の色、小物、アクセサリーなどにも気を配ってみると良いでしょう。

いろんなパターンを試してみてくださいね。

ぜひ、自分だけのオリジナリティーなものを見つけてみてください。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました