日本人は緑が似合わない理由6つ!緑服似合わない対処法6選

ファッション

日本人には緑色が似合う人もいますが、まったく似合わない人も多いですよね。

そこで、日本人は緑が似合わないと言われる理由や対処法について知りたい女性も多い。

このページでは、日本人は緑が似合わない理由や対処法について紹介しています。

洋服などのコーディネート術についても解説しているので、ぜひ最後まで読んでみましょう。

広告

日本人は緑が似合わない理由6つ!

日本人が緑が似合わない人がいるのはなぜなのでしょうか。

実は6つの理由があります。

ぜひ参考にしてみましょう。

顔が平面的だから

欧米の人々の立体的な顔に比べて、日本人の顔は平面的です。

目のまわりの彫りが浅く、鼻も小さい人が多いです。

立体感が少ない平面的な日本人の顔は、穏やかな雰囲気がある緑を合わせると少し地味に見えてしまうでしょう。

瞳の色がブラック~ブラウンだかから

日本人の瞳がブラックやブラウンのように暗くて濃いことが、緑の服が似合わないと感じる原因の一つです。

これが緑と相性を悪くしています。

瞳の色素が薄かったり緑や青に色づいている欧米の人々は、瞳と同系色である緑の服が似合いやすいです。

黒髪だから

日本人は黒髪の人が多いです。

黒は重い色であり、緑は重くも軽くもありませんがどちらかと言うと落ち着いた色です。

そのため黒髪と緑の服を合わせると、軽い要素がないため重たい印象になります。

黄色人種だから

日本人は黄色人種のため、白人系の人々に比べると肌が黄色いです。

黄色と緑は近い色のため相性がいいという見方もありますが、あくまで人の肌に合わせる服の色として考えたときに、緑には黄色の肌を明るく綺麗に見せる効果がありません。

近い色のため馴染んでしまい、肌も服も映えることなく地味な印象になってしまいます。

小柄だから

日本人は欧米の人々に比べて背が低く、手足も短いです。

緑は落ち着いた印象がありますが、身につける色としてはしっかり主張のある色です。

なので、小柄でインパクトの薄い日本人の身体には緑が浮いて見えてしまうでしょう。

あっさりとした顔つきだから

目の横幅は狭い、鼻は小さめ、唇は薄いなど、日本人はあっさりとした顔つきの人が多いです。

色に爽やかさを感じる緑なのであっさりした顔と馴染みやすいです。

ですが、一方で単調な雰囲気で地味にも見えてしまいます。

広告

緑が似合うと言われるパーソナルカラーは「ブルベ・イエベ」どっち?

緑が似合うパーソナルカラーはイエベです。

原色のような濃い緑が似合うのはブルベ冬ですが、その他でブルベに似合う緑は、しっかり青みを感じる青緑系の色が多いです。

イエベに似合う緑は、緑と聞いて一般的に頭に思い浮かぶような、植物系の緑が多いです。

そのため、原色の緑以外はむしろイエベの方が似合う緑が多いと言えます。

「ブルベだけど植物系の緑が着たい!」という場合には、イエベに似合う緑でも違和感を少なく着られる方法があります。

例えば、ブルベ夏で明るい色がよく似合う人は、同じく明るい色が得意なイエベ春に当てはまる明るい緑を選んだり、ブルベ夏でも明るさよりもくすみの方が得意な人は、イエベ秋に当てはまるくすんだ緑を選んだりすると、ブルベ・イエベの垣根を通り越しても違和感が少なくなります。

反対に、イエベの人が青緑系の緑を着たい場合にも同じ方法で対処できます。

広告

緑が似合う人は美人が多いって本当?

緑が似合う人は美人とは限りません。

緑が似合う人に美人が多いと言われる理由は、美人のはっきりした大人っぽい顔立ちや、色が美しく映える白い肌など、美人は緑が似合う要素を持っている人が多いからです。

しかし、美人かどうかは関係なく、緑が似合う要素を持っている人であれば緑が相性抜群です。

反対に言えば、美人であっても、雰囲気的に緑が似合わない人もいます。

緑が似合う要素には、色白、はっきりした大人っぽい顔立ちの他にも、切れ長のクールな目、スラリと長い手足、髪を明るく染めているなどがあります。

個性的な人や知的さがある人、穏やかな人も雰囲気的に緑が似合います。

このように、緑が似合うのは美人に限らず、緑が似合う要素を持っている人ということになります。

広告

緑服が似合わない対処法6選!

「似合う色味の緑」を選ぶ

・明るい緑~暗い緑

・鮮やかな緑~くすんだ緑

・黄緑~青緑

などさまざまな緑があります。自分のパーソナルカラーに沿って選べば、肌の色に似合わせることができます。

また、かっこよく着たいなら濃い緑、可愛く着たいなら淡い緑を選びましょう。

「似合うサイズ感」の緑服を選ぶ

骨格ごとに似合うサイズ感が違います。似合わない緑も、似合うサイズで合わせて少しでも苦手意識をなくしましょう。

骨格ストレートの場合

大きくも小さくもないジャストサイズの服が似合います。

骨格ウェーブの場合

体のラインが出るコンパクトサイズの服が似合います。

骨格ナチュラルの場合

ダボッと着れるオーバーサイズの服が似合います。

「似合うデザイン」の緑服を選ぶ

幼さのある童顔の人と、大人っぽい顔の人では似合うデザインが違います。

似合わない緑も、似合うデザインを着れば雰囲気的に似合わせることができます。

童顔の人

活字体のロゴデザインの服

ボーダー柄の服

ポケットありの服

大人顔の人

筆記体のロゴデザインの服

ストライプ柄の服

ポケットなしの服

「似合う素材」の緑服を選ぶ

童顔の人

綿、リネン、ウールなどの優しい素材

大人顔

シルク、レーヨン、ベロア、サテンなどの光沢素材

「センター分け前髪」にする

センター分け前髪は、緑の服と相性がいいです。

前髪を分けておでこを出すと、大人っぽい印象になり顔に明るさも出るものです。

なので、清く爽やかに緑の服を着こなすことができます。

「まとめ髪」にする

髪を後ろでまとめてすっきりした印象に見せるだけで、似合わない色も似合いやすくなります。

特に黒髪の人や毛量が多い人など、髪に重さがある人に効果的です。

ボブやショートで結べない長さの場合には、ヘアピンやクリップで顔周りの髪を留めるだけでも効果があります。

広告

緑の服が似合うコーデ術のポイントって?

緑の服が似合うコーデ術のポイントは「ベーシックカラーを合わせる」です。

ベーシックカラーとは、ブラック・ホワイト・ネイビー・グレー・ベージュなど、どんな色とも比較的合わせやすい色です。

緑は、派手な色と合わせようとすると難易度が高くなるので、ベーシックカラーと合わせて、緑が主役のコーデを楽しみましょう。

緑×ブラック

ブラックで引き締まってかっこいいコーデになります。

男性的なかっこよさが出るので、アクセサリーや小物で華やかさをプラスするのがおすすめです。

緑×ホワイト

緑のさわやかさをホワイトが引き出して、軽さのある印象になります。

小物にピンクをプラスすればガーリーな雰囲気も作れます。

緑×ネイビー

近い色の組み合わせなので、まとまりが出て洗練された大人な印象になります。

オフィスコーデにもぴったりです。

暗さを感じる色合わせですが、ベルトと靴はホワイトにするなどの工夫があるとよりおしゃれ感が出ます。

緑×グレー

緑とグレーの組み合わせは、知的に見えるけどお堅くは見えないのでオフィスカジュアルにも活躍します

緑×ベージュ

ベージュが入るだけで親しみやすさや優しさのあるコーデになります。

小物はブラウンにすると、優しい雰囲気を壊さずにコーデを引き締めてくれます。

広告

緑の服が似合うようになるメイク術のポイントって?

思い切って「カラーメイク」をするのが、緑の服をおしゃれに見せるポイントです。

目元・口元のみにカラーメイクを取り入れて、それ以外の部分はナチュラルメイクにしてメリハリをつけましょう。

紫・赤・オレンジを使ったおすすめのカラーメイクを紹介します。

紫のアイシャドウを二重ラインに薄くのせて上品さを出します。

赤いアイラインで引き締めます。

唇にオレンジのリップを自然に馴染ませれば完成です。

3色使っても派手すぎることなく、緑の服に映えるメイクです。

ぜひ挑戦してみてください。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました