緑が似合うと言われる人のイメージ9選とパーソナルカラー!

ファッション

緑色が似合う人はどんなイメージなのでしょうか。

事実、周囲から緑が似合うと言われており、「どんなイメージを持たれているのか?」気になっている人も多い。

そこで、ここでは緑色が似合うと周囲に言われる人が持たれているイメージ(印象)や容姿の特徴、緑色を似合うようにする方法について紹介しています。

広告

緑が似合うと言われる人のイメージ9選!

上品な印象の人

緑が似合う人は上品なイメージを持たれている人が多いです。

緑は「調和」や「自然」をあらわす色という認識を持つ人が多い。

そこで、緑が似合う人は上品ないイメージを持たれている傾向にあります。

黒色や茶色が似合う人

黒色や茶色は緑との相性が抜群です。

黒色や茶色が似合う人も緑が似合う傾向にあります。

例えば髪の毛なら「黒髪、茶髪(ブラウン)」が似合う人は緑も似合う印象を与えています。

人によって態度を変えない

緑が似合う人は、人によって態度を変えないイメージがあります。

緑は平和を連想する色なので、人に優劣をつけずに分け隔てなく接する性格に見られます。

その公平さから人に好かれやすいでしょう。

協調性がある

緑が似合う人は、協調性があって円滑な人間関係を築けるイメージがあります。

中立の姿勢があり、物事を客観的に捉えることが得意です。

違う意見や価値観を持った人とも、上手に関われるコミュニケーション能力を持っているため、人脈も広い印象です。

頼れる存在である

緑が似合う人は頼れる存在というイメージがあります。

緑は安心感を与える色のため、気軽に話しかけやすく、悩み相談や頼みごとなどをついつい打ち明けてしまうような、頼れる存在というイメージを持たれます。

その安心感から自然と人が集まりやすいでしょう。

芯がある

緑が似合う人は、芯があるイメージがあります。

周りに流されず、自分の意見を大切にする強さを持っているように見えます。

ただ1人で突っ走るのではなく、周囲の意見も大切にしながら上手に調和させるのが得意な印象です。

個性的である

緑が似合う人は、個性的なイメージがあります。

緑は黄色と青の間、つまり暖色と寒色の中間に当たる色です。

優しさもありクールさもあるような、どっちとも取れる印象から、性格が掴みづらく個性的な人というイメージを持たれます。

しかし緑には安心感もあるため、個性的だからといって決して近寄りがたいわけではなく、むしろ関わりたいと思うような魅力も感じられます。

生命力がある

緑が似合う人には、自然や生命といったイメージを連想します。

グリーンカラーから、過酷な自然を生きる森林を連想するからです。

落ち着いているように見えて心はエネルギッシュで、知らぬ間に周りにもポジティブな影響を与えています。

忍耐力も強く、社会で生き抜く強さを持っている印象です。

また、そのエネルギッシュさから若々しく見られることも多いでしょう。

さわやかである

緑が似合う人には、さわやかなイメージがあります。

緑は、涼しげでさっぱりとした印象がある色なので、似合う人からはさわやかさや清潔感が感じられます。

そのため周囲に好印象を与えやすく、第一印象から好感を得られやすいでしょう。

広告

緑が似合うと言われる人のパーソナルカラーは「ブルベ・イエベ」どっち?

緑が似合うパーソナルカラーはイエベです。

緑には黄みを含んだ色味が多くあり、黄みはイエベの得意な色だからです。

イエベに似合う緑には、ライムグリーン、イエローグリーン、アップルグリーン、カーキグリーン、モスグリーン、オリーブグリーン、ジェイドグリーンなどがあります。

しかし、厳密に言えばブルベにも似合う緑はあります。

青みを含んだ緑も存在するからです。

ブルベの人は、青みを含んだ緑を選ぶと良いでしょう。

ブルベに似合う緑には、ミントグリーン、ブルーグリーン、パイングリーンなどがあります。

また、ブルベの人がイエベに似合う緑が着る場合はイエベメイクを、イエベの人がブルベに似合う緑を着る場合にはブルベメイクをすることで、似合わせることができます。

ブルベの人がイエベメイクをするコツ

・下地は、ピンクのコントロールカラー下地を塗って自然な血色感をプラスします。

・アイメイクやリップで黄みを感じる色(オレンジ、ブラウンなど)をブラスします。

・チークは、青みピンクとオレンジを混ぜて薄くのせます。

イエベの人がブルベメイクをするコツ

・下地は、ブルーやパープルのコントロールカラー下地を使って透明感を出します。

・アイメイクやリップで青みを感じる色(青みピンク、パープルなど)をブラスします。

・チークは、青みピンクとオレンジを混ぜて薄くのせます。

広告

緑が似合う人の特徴って?

肌の特徴

・赤みや黄みが目立たず白い肌である。

・ツヤがある

緑が似合う肌は、緑が綺麗に映える肌です。

赤みや黄みが目立たない肌は白く見えるため、緑とのコントラストが強く感じられて美しく見えます。

顔つきの特徴

・大人っぽい顔つき

・クールな顔つき

・ぱっちりした目

緑が似合う顔立ちは、かっこよさや強さを感じる顔つきです。

目鼻立ちが強調されている大人っぽい顔つきの人や、切れ長の目でクールな人、目がぱっちりとして輝きを感じる人は、緑と相性が良いです。芯があるイメージや生命力があるイメージを引き出すでしょう。

体格の特徴

・肩幅は普通~広め

・骨格ナチュラルまたは骨格ストレート

緑が似合う体格は、ボリュームを感じる体格です。

しっかり骨感を感じたり胸板が厚めだったり、筋肉やハリがあったりなど、ボリュームを感じる要素があることで緑の服を活き活きと着こなすことができます。

髪型の特徴

・ショートヘア

・アップヘア

・ウェーブヘア

緑が似合う髪型は、爽やかさや柔らかさを感じる髪型です。

顔の輪郭が見えやすいショートヘアやアップヘアには爽やかさがあり、緑の印象とマッチします。

緩やかに動きがあるウェーブヘアには柔らかさがあり、緑を優しいイメージへ寄せてくれます。

髪色も同様の理由で、柔らかさがある茶髪~金髪などが似合います。

広告

緑が似合う人は美人しかいない?

緑が似合う人は美人しかいないとは限りません。

もちろん美人には緑が似合う人は多いですが、美人にしか緑が似合わないわけではありません。

緑のイメージにつりあう要素がある人は、美人に限らず緑が似合います。

緑のイメージにつりあう要素には、

色白の肌

かっこよさや強さを感じる顔つき

明るい髪色

ボリュームのある体格

などがあります。

これらの要素をひとつでも持っている人は、美人に限らず緑が似合う可能性があります。

広告

日本人は緑が似合わない人が多い理由は3つ!

日本人には緑と相性が悪い人も多い傾向にあります。

そこには主に3つの理由があります。

黒髪だから

黒髪に緑は似合いづらいです。

重い印象のある黒髪が、緑のさわやかさを打ち消してしまうからです。

実際に黒髪に緑を合わせると、顔周りの重さに対して、緑のさわやかさが不釣り合いに見えてしまうでしょう。

黒髪で緑の服を着る時は、髪を束ねて顔をすっきりと見せるだけでも似合いやすくなります。

また、アクセサリーを付けて顔周りに華やかさを出すことで、黒髪の重さを軽減することもできます。

日本人は黒髪の割合が高く、緑が合わない人が多いと言えるでしょう。

肌に黄みがあるから

肌に黄みがあると緑が似合いづらいです。

白い肌の方が緑は綺麗に映えるからです。

青と黄色の中間色である緑は、近い色の黄色と馴染みは良いですが、緑と黄み肌とのコントラストが弱いためぼんやりと見えてしまいます。

メイクで黄みを抑えて、白い肌に見せることが大切です。

黄色人種とも言われる日本人は、肌に黄みがあるため緑色の服を着たり、髪色にするとダサくなる人も多いでしょう。

顔があっさりしているから

顔があっさりしていると緑が似合いづらいです。

穏やかな印象がある緑は、あっさりした顔に合わせるとメリハリがなく、のっぺりと見えてしまうからです。

顔の彫りが濃く、目鼻立ちが強調されている欧米の人々ほうが、緑の良さを引き立てて着こなすことができます。

顔の彫りが浅く、目や鼻が小ぶりで唇が薄いなど、あっさりした印象の日本人の顔には緑が似合いづらいでしょう。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました