色白が似合わない色6選!白い服や黒い服やベージュ似合う?

ファッション

色白の人が似合わない色ってありますよね。

肌が白い人は一見すると色々な色と相性が良い印象ですが、苦手な色もあります。

洋服は自身が似合う色を着ることでよりお洒落になります。

もちろん似合う色や似合わない色は「体格、体型、スタイル、顔立ち」によってことなります。

では、色白が似合わない色について見てみましょう。

広告

色白が似合わない色って何色?

色白が似合わない色って何色なのでしょうか。

下記を参考にしていきましょう。

黄色(イエロー)

白、パステルカラー、淡い色などの色味は避けた方が無難です。

パステルカラーのピンクや黄色はとても可愛らしく見えると思うのですが、色白の人が着てしまうと何故か服だけ浮いた印象になりがちです。

また、黄緑なども淡い色で着てしまうと同様な印象を受けることが多くあります。

顔などの露出している部分から離れたところにワンポイントで上手に組み合わせることが出来れば可能かもしれませんが、とても難しいところです。

青色(ブルー)

肌の色が白い人が似合わないから避けた方が良い洋服の色は、濃い色です。

特に黒・青・赤など主張が強いものは避けた方がいいです。

なぜなら色白の人が着てしまうと、服が主役になってしまうからです。

白色のキャンバスに絵を描いたように、人そのものが背景となってしまい服が目立ちすぎてしまいます。ただしワンポイントとして取り入れるのはありです。

少しだけであれば濃い色のものが目立ってオシャレな感じが際立つからです。

黒色(ブラック)

肌の色が白い人というのは、逆に言うと青白く見えるということです。

そんな人が黒い色や、黒色の服を着ると、黒い色が顔に反射して、青白い顔の色がさらに暗くなり、不健康に見えてしまいます。

肌の色が白くて、髪が長い人は苦手な色を隠すとも言いますが、それは昔の着物を着ている時代のことです。

当時の着物は、やはり女性は赤っぽい色で、現在の黒い着物を着る人はいませんでした。

現代の女性は、黒っぽい服をよく着ますが、肌の色の白い人は気をつけた方が良いでしょう。

からし色(マスタードカラー)

色白のかたは色が白いと同時に血色間が薄い青みを感じさせる色白と逆にピンク味のある血色間のある色白さんがいます。

その二つの色白で互いに若干の「似合う・似合わない」の色が違いますが、どちらの肌の色にも合わせづらい色は「山吹色、マスタードカラー」と言われる渋みのある黄色のカラーです。

これが、とくに合わせるのが難しい色です。

このカラーは健康的な色の方だと馴染みやすいですが色白さんが着るとせっかくの白い肌が黄ばんで見えてしまい肌とミスマッチした印象になってしまいやすいです。

鼠色(グレー)

グレーやベージュなど、薄い色は避けた方がいいです。

色白の人は血色が悪く見えることもあります。

なので、グレーやベージュの服を着てしまうと顔色が悪く、体調がよくなさそうに見えます。

上記の色に限らず、肌の色とあまり差のない色を着ると全体がボケてしまいます。

色白の人は淡い色ではなく、はっきりした色の服を着る方がコントラストがきれいになり色白な肌も映える感じがするのでいいです。

橙色(オレンジカラー)

オレンジや赤などの強い暖色、ビビッドカラー、黒、白などはっきりした色は色白の人の肌には合わないです。

ビビッドな色使いは下地の色がしっかりしていないとぼやけてしまいます。

色白の方は寒色が似合うとも言いますが、パキっとした鮮やかな青とかは逆に血色が悪く見えてしまいます。

白・黒は肌の色が浮いてしまう印象があります。

特に黒は不健康なイメージや病的な印象を与えてしまう可能性もあるので避けるべきでしょう。

広告

肌が白い色白は「白い服」は似合う?

肌が白い色白は「白い服」は似合うのでしょうか。

色々な人に意見を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみましょう。

肌が白い人は白い服は似合わない!

基本的には白い服は似合わないと思います。

肌の色と同化してしまい、あまりいい印象にはならないからです。

肌と服との境目があやふやになると、せっかくしたメイクも、せっかく選んだ服も輝かなくなってしまいます。

ただ季節にもよります。夏などに白いTシャツなどラフな感じで着るのであれば、まだいいと思います。

しかし冬の寒い日に白のダウンなど着てしまうと、どれだけスタイルが良くても膨張して見えがちになってしまい残念な結果になることでしょう。

よって肌が白い人は白い服は避けた方が無難かと思います。

髪色やコーディネート次第で似合います!

肌が白い色白の人は白い服は似合うと思います。

白色の服もそうですし淡い色の服全般が似合うと思います。

肌が白い人は顔や腕だけでもキレイで気品が既にある感じで明るい印象なので、それを邪魔しなくてより活かせるのが白い服だと思います。

そして全体としてのバランスがよくなるため、男性はスマートに女性はかわいくみせることができます。

なるべくなら上下を白い服にするのではなく、どちらかだけを白い服にするとよりオシャレな感じになると思います。

肌が白い人は白い服は似合います!

肌の色が白い人は、白い服がよく似合います。

逆に、肌の色が黒ずんでいる人は、白い服を着ると、自分の肌の色と白い服の色が対比をなして、余計肌が黒ずんで見えてしまいます。

ですから、肌の色と同系色の色を着るというのは、肌の色に馴染んできれいに見えるので、服を選ぶときに、心に留めておいた方が良いでしょう。

肌の色が白い人は、自分の肌の色に近い白い服を着ると、ますます肌が輝いて見えるので、ベストな選択といえます。

肌の白い人も「白い服」を着こなすことは可能!

肌の白い色白さんは白い服でしたら十分着こなすことができると思います。

一見、白と白だとおかしいのでは?といった気もしそうではあります。

ですが、むしろ色白さん特有の透き通るような肌の印象と白色の服が相まって透明感のある儚さだったり、爽やかなスポーティーな健康美など自分のその日のなりたりイメージに合わせて白の中からでも服の形を選ぶことができると思います。

白はどのような肌色にも合わせやすい万能色だと思いとても使いやすいと思います

色白が白い服を着ると全体的にぼやけるので似合わない!

あまり似合わないと思います。

色白の人が白い服を着てしまうと全体的な印象がぼやけてしまい、印象も薄くなると思います。

ただしそれはトップスの場合で、ボトムスに白をもってくるのであれば問題ないと思います。

色白の人が顔の近くに色の薄いアイテムをもってきてしてしまうと、顔色が悪く見えたり体調不良に見えたりすることもあると思うので、もし白い服を着たいのであればトップスではなくボトムスにした方がいいと思います。

色白と白い服は相性悪いから似合わない!

白い肌に真っ白の服は全体的に浮いてしまうと思います。

クリームがかったホワイトやベージュ系といったくすみがある色なら似合うと思います。

でもその場合も髪色が黒ではなく茶系であることが条件になるような気がします。

黒髪に白い肌がそもそも影のある印象を持たれやすいので、髪色は暖色系の茶色、その上でくすみのある白系の服であれば似合うんじゃないかな。

特に顔周りに白を持ってくるのではなく、ボトムスに白を取り入れると顔と離れているので違和感は軽減すると思います。

広告

肌が白い色白は「黒い服」は似合う?

肌が白い色白は「黒い服」は似合うのでしょうか。

意見を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみましょう。

コントラストがハッキリして似合う!

肌が白い人は黒い服はとても似合います。

白と黒という全く違う色でパキッとコントラストが生まれるからです。

色が白い人は、その色白という特徴のみで見た目も中身もふわっと見られがちなことも多いので、黒い服を着ることでスタイルも良く見え、少しかっこいい印象に見せることでバランスも取れます。

顔などの露出する部分の近く、トップスに黒を取り入れて着ることは色が白い色白の方にとってメリットがたくさんあると思います。

色白が黒い服を着るとお互いの主張が強くなり似合わない!

肌が白い色白は黒い服は似合わないと思います。

特にスーツや喪服など見ていて思うのですが、どうも浮いているような、服に着させられているような印象になります。

そのため、肌が白い色白が黒い服を着るのであれば、上下のどちらか一方にすべきです。

そしてその反対は淡い色のものを着るべきです。

肌の色が白いと黒い服は主張が強すぎるため、淡い色の服を入れることで全体のバランスがよくなり、男性はスマートに、女性は美しく見えるようになるためです。

色白の人は黒い服は避けた方が無難です!

肌の色が白い人は、黒い服を着るのは避けた方が良いでしょう。

黒い服を着ると、顔が白く浮き出てしまいます。

もともと白い肌の人の顔は、血管が青い色が透けて見えるので、顔が青白くみられます。

黒い色や黒っぽい色を着ると、黒が顔に反射して、青白く暗い顔色になってしまいます。

不健康に見えるので、印象が悪くなってしまいます。

特に髪が黒くて長い人は、黒い服を着るのはおすすめしません。

黒と白は一見ファッショナブルかもしれませんが、逆に、きつい印象を与えてしまうのです。

パーソナルカラーのブルベの色白であれば黒い服は似合う!

色白さんに多いブルベースと呼ばれる肌色の方でもとくにブルベ冬と呼ばれるかたの白い肌の色が黒い服が似合うと思います。

ブルベ冬のかたははっきりとした色合いが得意とすることが多く綺麗な服装がとても似あかたが多いです。

そういった色白の方が黒い服と赤などのはっきりとした色合いのメイクをされるとびしっとした少し辛口の雰囲気を演出できると思います。

逆にピンク味の強い色白さんは真っ黒よりももう少しグレー味のある黒の方が似合うと思います

コントラストが出来て似合うと思う!

似合うと思います。

色白の人はコントラストをつけた方がいいと思うからです。

色白の人が白とは反対=黒のアイテムを着ることで、どちらの色も映えて綺麗になると思います。

色白の人は、グレーやベージュなど、淡くて中途半端な色よりも黒のようなはっきりとした色を選ぶ方がおしゃれに見えると思います。

全身黒のコーデにすると、より洗練された印象になりかっこよく決まると思います。

可愛く見せたいような時には、黒はあまりよくないかもしれません。

黒い色は主張が強すぎるので似合わない!

絶対に似合わないわけではないですが、そもそも白い肌の方はビビッドな色合いよりもくすみ色だったりパステル系が似合う印象があるので、黒は強すぎると思います。

全身黒にしてしまうと暗い人とか、話しかけにくい人とかマイナスの印象を持たれやすいと思います。

なので、黒を使うなら顔から離れたボトムスに取り入れるようにして、真っ黒ではなくチャコールグレーぐらい薄めた黒にすると良いのではないでしょうか。

やせ型の方が着ると病的な印象、体格の良い方が着ると不潔な印象を持たれやすい色が黒だと思います。

広告

肌が白い色白は「ベージュの服」は似合う?

肌が白い色白は「ベージュの服」は似合うのでしょうか。

洋服が好きな人たちに意見を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみましょう。

ベージュの色の濃さによります!

肌の白い色白の方がベージュを着る際は色濃さによると思います。

肌より少し暗い程度のベージュになると、やはりぼんやりとした印象になってしまうことが多いと思います。

肌が白い色白も多少は肌色なのですから、薄いベージュだと同化する危険性が大いにあり得ます。

一方で茶色よりの濃いベージュの場合は柔らかな雰囲気を残しつつベージュの服を楽しむことができることでしょう。

色の白い色白は肌より2トーン以上濃い目のベージュを選ぶと似合うと思います。

肌が白い人はベージュ色は避けた方が良い!

肌が白い色白はベージュの服は似合わないと思います。

かなり相性が悪いと思います。

他の人と違って、肌が白い人はキレイで気品が既にある感じで明るい印象なのに、そこで肌色であるベージュを持ってくると輪郭がぼやけてしまいます。

特にベージュのワンピースのようにすると、せっかくの色白の肌が台無しになります。

もしベージュの服を取り入れるのであれば、カーディガンのような感じで他の色の服の上にちょっとかけている感じがよいと思います。

シンプルなデザインのベージュであれば似合う!

肌が白い人のベストな色の服は、実はベージュです。

ベージュは肌の色に一番近いからです。

肌に馴染む、いうのは化粧品だけに使う言葉ではなく、服にも使うことができます。

自分の肌の色にしっくり馴染む色、つまり自分の肌の色に近いベージュの服を着ると、自分自身を魅力的に見せることができます。

気をつけるべきことは、服の素材とデザインです。

ベージュでも光沢のある素材、デザインが細かくあるほうが、シンプルな服よりもいいでしょう。

オシャレに着こなせればベージュも似合う!

色白さんとベージュ色の服は可もなく不可もなくといった印象になりやすい気がします。

ベージュだからといって顔の色と合わないとまでは言いません。

でも、かと言って黒やグレーのようにピッタリ馴染むということではないのでオシャレに見せるなら少し技が必要になってくると思います。

しかしベージュが好きな色白さんも多いと思いベージュの服を着るときはそれと一緒に黒などの強い色味のアイテムを取り入れることでベージュによって少しボヤっとした印象をいっきにしめることができると思います。

肌の色と近いベージュは似合わない!

似合わないと思います。

なぜなら色白の人がベージュの服を着ると、顔色が悪く見える可能性があるからです。

トップスをベージュにした場合、どうしても顔周りの印象が薄くなり、覇気がないように見えると思います。

もしベージュのものを着たいのであれば、ボトムスにもってくるのがいいと思います。

その場合、トップスははっきりとした色にするなど、コントラストをつけることを意識すると全体の印象がぼやけずにオシャレに決まると思います。

ニットやワンピースのベージュ色なら色白さんも似合う!

似合うと思います。

肌の色が白い方はくすみ色やパステル系が似合うと思うので、ベージュも似合うと思いました。

色黒の人はかっこいい系、色白の人はかわいい系という感じがあるので、やわらかくてかわいらしい印象のベージュは色白の方が着るべき色だと思います。

特にベージュのニットワンピースやニットセーターなどは色白の方が着ていると「かわいいなぁ」と思ってみてしまいます。

女の子らしさが倍増してデートにも向いているんじゃないかな。

文章のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました