緑の服に合うズボンの色5選!春夏秋冬の緑服コーデ術も紹介

ファッション

緑の服に合うズボンの色はどの色なのでしょうか?

緑の服を買ったけど、ズボンは何色でどんなものが良いか?悩んでいる女性も多い。

一般的には「キャメル色、ブラック、ベージュ、ネイビー」などが挙げられますよね。

そこで、ここでは緑の服に合うズボンの色や、ファッションコーディネート方法について紹介しています。

広告

緑の服に合うズボン色5選!

緑と言っても実にさまざまな色合いがあります。

それぞれに合う色を見ていきましょう。

深緑色+「ベージュ、黒、グレー、ネイビー」のズボン

この組み合わせは、上品な印象を与えてくれる組み合わせです。

さらに大人っぽく見えますよ。

落ち着いた雰囲気をさらに引き出してくれる色合いです。

冬や秋のコーディネートとしてオススメです。

黄緑+「ベージュ、ネイビー」のズボン

この組み合わせは、大人っぽくみえる、ナチュラルな雰囲気にもなる組み合わせです。

知的に見せたい時は、ネイビーと組み合わせて、ナチュラルな感じにしたい時はベージュと組み合わせると良いですよ。

春や秋のコーディネートにオススメです。

青緑+「黒、グレー」のズボン

青緑にはダークカラーがぴったりします。

大人の雰囲気を出すことができ、おしゃれにばっちり決めることができますよ。

カラーアイテムが苦手という人でもコーディネートがしやすい色の組み合わせです。

明るい緑+「白、ベージュ」のズボン

この組み合わせは、コーデの中で色がぶつかることなく、すんなり馴染んでおしゃれに見えますよ。

ベージュと組み合わせると、優しい感じの印象にまとまりますよ。

薄い緑+「白、ベージュ、ライトグレー」のズボン

この組み合わせは優しい感じになり、リラックスした印象を与えてくれます。

春や夏のコーディネートとしてオススメです。

広告

緑の服に絶対にNGなズボンの色とは?

緑の服にこれは絶対にNGというズボンの色ってあるのでしょうか。

ぜひ参考にしてみましょう。

緑+黄色

緑と同じ系統の色である黄色を組み合わせるとき、気をつけないとそれぞれの色がぶつかってしまいます。

するとバランスが取れなくなるということがあるので注意しましょう。

緑+緑

同系色で重ねるときも、バランスを注意してくださいね。

色合いや、デザイン、素材なども含めて考えてみると良いでしょう。

気をつけていないと、同じ色通しが喧嘩してしまうということもありますよ。

この色はNGとされていますが、取り入れ方によっては、大丈夫な場合もありますよ。

深緑+赤

この組み合わせは、それぞれの色が主張しすぎて統一感が取れなくなってしまいますよ。

それぞれ主張してしまう色を組み合わせてしまうと、強調しすぎてしまい、どっちつかずになることもあるので注意しましょう。

全体のバランスを考えて決めてみてくださいね。

広告

春夏秋冬で変える緑服に合うレディースコーデ術!

春から冬までの緑服のレディースコーデ術をご紹介いたします。

それぞれの季節ならではの方法もありますよ。

春のグリーンコーデ術

春の季節に、緑のコーデを着て爽やかな感じにすることが可能ですよ。

また、ナチュラルな感じに仕上げることもできるのです。

例として、ボーダーシャツ+黒のジャンバースカート+グリーンのカーディガンという装いも素敵ですよ。

グリーンのカーディガンをゆるっと肩にかける感じに着こなしてみてください。

明るいカラーのグリーンを取り入れることで、大人っぽく見えるようになりますよ。

ストライプ柄のブラウスにベイカーパンツを取り入れるのも良いでしょう。

清潔感のあるグリーンのブラウスなので好印象を与えてくれる働きにもなりますよ。

ベイカーパンツの中に入れて着こなすことで、きちんとした春の装いになります。

靴に白色を持ってくると良いですよ。

夏のグリーンコーデ術

夏の場合は、鮮やかなグリーンを取り入れると良いでしょう。

鮮やかなグリーンは、きれいめなコーデを演出することが可能になりますよ。

例として、ノースリーブのグリーンと紺系のロングスカートがおしゃれな着こなし方になりますよ。

鮮やかなグリーンを着ることで、甘さがある感じに辛さを加えるコーデになります。

ロングスカートは、ギャザーが入ったフレアーな感じが良いでしょう。

白いパンツは夏にぴったりな色ですが、その上にグリーンのニットを着るのも良いでしょう。

グリーンと白のボーダーシャツを腰に巻くとアクセントになってこれもまた素敵です。

秋のグリーンコーデ術

秋のグリーンコーデはこのようになりますよ。

地味すぎず、派手になることなく、おしゃれにコーディネートすることが可能です。

オフィスで綺麗な感じに着こなしたい時は、緑のリップニットに、ダークトーンのタイトスカートの組み合わせが良いですよ。

知的な感じの印象にもなりオススメです。

Vネックのものを取り入れると良いでしょう。

濃いグリーンのカーディガンの中に白のTシャツ、黒のズボンを履くコーデも素敵です。

レオパード柄のシューズを履くとアクセントになります。

ドルマンデザインのニットとブルーのデニムの組み合わせも良いですよ。

その場合は、ライトグリーンの色を選ぶと良いでしょう。

冬のグリーンコーデ術

冬のグリーンコーデ術はどのようにしたら良いのでしょうか。

いろいろな着こなしをすることができるグリーンコーデです。

冬の寒々しい感じに花を添える感じになりますよ。

ブルーニットとグリーンのストレートパンツに黒のショートブーツを組み合わせると、ワンランク大人のコーデができますよ。

パンツにはミントグリーンを入れて、くすみのニットトップスと組み合わせたコーデです。

黒のニットにグリーンパンツのコーデもまた冬のコーデとしておしゃれです。

シックな黒のニットに深めのグリーンのパンツを取り入れます。上のニットがロング丈なので腰回りが隠れる感じで良いですよ。

ヒールの高めな黒のパンプスに、ボストンバックを持つことでクラシカルなムードにすることも。

イエローベージュのパンツにモスグリーンのトップス、アニマル柄のパンプスも素敵な装いになりますよ。ボリューム感たっぷりのワイドな袖タイプのデザインを着ると良いでしょう。

冬は、どうしても暗くなりがちですが、色のアクセントで明るさを取り入れてみてはいかがでしょうか?

沈みがちな気分を上げることができますよ。

広告

全身緑のワントーンコーデってダサい?

全身緑のワントーンコーデってダサいのでしょうか。

結論から言うと、そんなことはありません。

おしゃれな感じに着こなすことができますよ。

例えば、ニットのワンピースで落ち着いたグリーンの色のものを取り入れれば、それだけでもばっちり決まりますよ。

シンプルですがおしゃれなのです。

同じニットのワンピースでも、デザインによってもイメージが変わります。

足元に黒のブーツなどを履くのも素敵です。

鮮やかなグリーンのワンピースもまたおしゃれです。

全身緑のワントーンコーデってなんか着づらいイメージもあるでしょう。

緑だけなんてつまらない、何か変化させたい、ダサくみえるのではと考えるかもしれませんが、そんな心配が全く必要ないのです。

もし、つまらない何か変化させたいと思ったら、アクセサリや小物を使ってアクセントをつけてみましょう。

例えば、白のショルダーバックを持つ、スカーフを取り入れてみることだけでもイメージが変わりますよ。

髪の色や、目の色を変えるだけでも、雰囲気が変わります。

緑と言っても実にさまざまな色合いがあるので、自分のパーソナルカラーと相談しながら選ぶと良いでしょう。

同じ色であっても、デザインや素材によってもまた違った感じのコーデになります。

文章のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました